徴集とは? わかりやすく解説

ちょう‐しゅう〔‐シフ〕【徴集】

読み方:ちょうしゅう

[名](スル)

人を強制的に呼び集めたり金銭物品取り立てたりすること。「全員に—をかける」「貴金属類を—する」

兵役制度で、強制的に現役または補充役編入すること。


徴集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 13:45 UTC 版)

出流山事件」の記事における「徴集」の解説

12月1日遊説のために散っていた会沢らが鍋山戻り付近住民加わって参加者150名ほどになった付近下野国農村部上野国南部では入組支配錯綜しているうえ、畑作地帯であるこから人々がよく流動するため、浪士たちが他所から入り込んで活動する上で好条件であった肥前佐賀藩浪人都賀郡永野村医業開いていた常田与一郎原口文益)や、越後新発田藩浪人安蘇郡石塚村住んだ安達幸太郎両人はいずれも塾を開いており、その尊王攘夷論勤王論に感化され人々多く身を投じた困窮した下層農民をはじめとする参加者増加に伴って軍資金不足し浪士たちは鍋山拠点として軍資金の徴集を始めたが、振るわなかった。栃木宿ではこれより3年前元治元年1864年)、水戸天狗党田中愿蔵焼き討ちを受けて町の大半焼失していたので(愿火事)、付近住民たちはその二の舞恐れていた節があるそのため、浪士らは住民たちにより「出流天狗」と呼ばれていた。 12月5日夜には、粟野村大惣代名主横尾右衛門邸の門前大谷ら7名の挙兵参加者現れ、「御取締渋谷御廻」を名乗って開門させ、金品武器強奪したという記録が残る。なお当時風聞では、追々江戸表から400500名ほど来て加わるなどと囁かれていた。 挙兵参加者のうちで出身地がわかるもの142名で、その内訳は次の通りであった下野 - 77名(間接的参加2名) 上野 - 25武蔵 - 7名(間接的参加1名) 薩摩 - 7名 下総 - 5名 信濃 - 4名 常陸 - 3名 越後 - 3名 肥前 - 2名 その他陸奥上総甲斐駿河美濃伊勢紀伊備前長州から1名ずつ

※この「徴集」の解説は、「出流山事件」の解説の一部です。
「徴集」を含む「出流山事件」の記事については、「出流山事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「徴集」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

徴集

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 00:20 UTC 版)

名詞

ちょうしゅう

  1. 国家公共団体が人や物を強制的に集めること。
  2. 兵役制度で、現役または補充兵として強的に呼び集めること。

発音(?)

ちょ↗-しゅー

動詞

活用

サ行変格活用
徴集-する

「徴集」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

徴集のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



徴集のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの出流山事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの徴集 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS