駿河とは?

するが【駿河】

[一]旧国名の一。東海道に属し、今の静岡県中央部にあたる。駿州(すんしゅう)。

[二]静岡市の区名。同市の南西海岸部占める。登呂(とろ)遺跡東照宮などがある。


するが【駿河】

[一] 東海道一五か国の一つ大化改新のときに成立天武天皇九年(六八〇)伊豆国分離古代から農耕文化開け平安時代には上国となり、伊勢神宮荘園設定された。南北朝時代以降今川氏領国となり、一時武田氏支配された。天正一〇年(一五八二)徳川家康領有明治四年(一八七一)の廃藩置県により静岡県編入駿州

書紀720景行四〇年一〇月(北野南北朝期訓)「是歳(ことし)。日本(やまと)武の尊(みこと)初(はじめ)に駿河(スルカ)に至(いた)り、其(その)処賊(ところのあた)陽(いつは)り従(したか)て之」

[二] 駿河国静岡県東部の旧郡名。中世末、駿東(すんとう)郡の名に改められた。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

[三] 静岡市行政区一つ安倍川下流両岸占め登呂遺跡久能山東照宮などがある。平成七年(二〇〇五)成立


駿河

読み方:スルガsuruga

旧国名の一


駿河

駿河
船名:駿河
全長:83.00m
●幅(型):14.00m
総トン数:約1,533t
航海速力:18.5ノット
●特別室92
一般室:250
最大搭載旅客518名(区域
最大積載車両大型バス14台+乗用車5台または、乗用車58

1.清水港西伊豆土肥港を、65分で結ぶ高速カーフェリー
2.伊豆渋滞回避に便利なルート
3.フェリーからは駿河湾越しには、雄大富士山眺望

船舶特徴
1.船内客室テーブル付き対面シート数多く装備
2.フェリー2階はオーシャンルームと名付けられた、眺め良い別室
3.横揺れ防止装置装備した、快適な乗り心地

駿河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/18 00:58 UTC 版)

駿河(するが)




「駿河」の続きの解説一覧

駿河

出典:『Wiktionary』 (2016/08/02 14:01 UTC 版)

固有名詞

駿 するが

  1. 旧国名東海道位置する。駿河国現在の静岡県中部北東部に相当。
  2. 地名静岡県静岡市駿河区



駿河と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「駿河」の関連用語

1
100% |||||

2
96% |||||

3
90% |||||

4
90% |||||

5
90% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
90% |||||

9
90% |||||

10
90% |||||

駿河のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



駿河のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
駿河湾フェリー駿河湾フェリー
Copyright(c) s-pulse dream ferry All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの駿河 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの駿河 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS