伊豆とは? わかりやすく解説

いず〔いづ〕【伊豆】


伊豆

読み方:イズizu

旧国名の一


伊豆

読み方:イズizu

所在 東京都三宅村


伊豆

読み方:イズizu

所在 兵庫県養父市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒100-1102  東京都三宅島三宅村伊豆
〒667-0104  兵庫県養父市伊豆

伊豆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/18 14:49 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

伊豆(いず)

地名・地理

主な自然災害(20世紀以降)

  • 1923年9月1日 大正関東大震災
  • 1930年2月13日- 伊東群発地震
  • 1930年11月26日 北伊豆地震(三島市で最大震度6,死者272人)
  • 1944年12月7日 昭和東南海地震(静岡県御前崎市で最大震度6)(死者・行方不明者1223人、伊豆から紀伊に津波)
  • 1974年5月9日 伊豆半島沖地震(静岡県南伊豆町で最大震度5、死者30人)
  • 1978年1月14日 伊豆大島近海の地震(伊豆大島と横浜市で最大震度5、死者25人)
  • 1980年6月25日- 伊豆半島東方沖で群発地震(伊豆大島と熱海市で最大震度5)
  • 1989年6月30日- 伊豆半島東方沖で群発地震(熱海市で最大震度4)
  • 1989年7月13日 伊東市【手石海丘】海底火山噴火(伊豆東部火山群)
  • 1998年4月20日 伊豆半島東方沖で群発地震(伊豆大島と熱海市・伊東市で最大震度4)
  • 2009年8月9日 東海道南方沖で地震(最大震度4)
  • 2009年8月11日 駿河湾で地震(静岡県御前崎市・牧之原市・焼津市・伊豆市で最大震度6弱)(東海地震観測情報を発表、最大40cmの津波
  • 2013年台風26号 伊豆大島土砂災害(死者・行方不明 数十名)
  • 2021年7月熱海土砂災害

その他

関連項目



伊豆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 21:32 UTC 版)

過去に存在した北陸地区・甲信越地区・東海地区のダイエーの店舗」の記事における「伊豆」の解説

4253:グルメシティ熱海店×(? - 2014年平成26年2月23日熱海市清水町21-1閉店時の直営店面積約5,492m2。 グルメシティ関東首都圏都市型食品スーパー事業専念するため静岡県から撤退することになり、その一環として2014年平成26年2月23日をもって閉店し同年3月1日開店時の運母体であったヤオハンマックスバリュ東海譲渡された。事業譲渡後に初川挟んで隣接するマックスバリュ熱海店」へ統合して衣料品文具などのテナント入居させる形で増床店舗建物解体して跡地駐車場化することになっている。 4254:グルメシティ伊東店(旧:ヤオハン1966年昭和41年5月1997年平成9年セイフー2006年平成18年グルメシティ - 2013年平成25年10月31日伊東市猪戸1-5-28JR伊東駅近い湯の花通りに面し、ヤオハングリーンライフ伊東店やナガヤ猪戸と共に中心市街地中核となる大型店一つとして営業していたが、店舗老朽化などを理由2013年平成25年10月31日閉店することになった鉄骨4階建て売り場面積約4,535m2の総合スーパーだった。 閉店直後2013年平成25年12月に、開店時の運母体であったヤオハンマックスバリュ東海店舗保有するグルメシティ関東から譲渡を受ける方向基本合意達して店舗再開することが内定した十字屋伊東店(1962年昭和37年11月 - 1996年平成7年7月閉店伊東市猪戸1-26店舗面積約1,293m2。 4255:グルメシティ修善寺店(1970年昭和45年4月21日 - 2014年平成26年2月23日伊豆市柏久保544-1閉店時の直営店面積約2,462m2。 八百半デパート修善寺店として開店八百半デパート修善寺時の直営店面積約2,479m2。 グルメシティ関東首都圏都市型食品スーパー事業専念するため静岡県から撤退することになり、その一環として2014年平成26年2月23日をもって閉店し同年3月1日開店時の運母体であったヤオハンマックスバリュ東海譲渡された。店舗改装され同年3月6日に「マックスバリュ修善寺駅前店」として再オープンした。

※この「伊豆」の解説は、「過去に存在した北陸地区・甲信越地区・東海地区のダイエーの店舗」の解説の一部です。
「伊豆」を含む「過去に存在した北陸地区・甲信越地区・東海地区のダイエーの店舗」の記事については、「過去に存在した北陸地区・甲信越地区・東海地区のダイエーの店舗」の概要を参照ください。


伊豆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 14:58 UTC 版)

微笑 (横光利一)」の記事における「伊豆」の解説

35歳。軍の工場職工栖方部下無口で堅固その人格と腕で、栖方尊敬されている。

※この「伊豆」の解説は、「微笑 (横光利一)」の解説の一部です。
「伊豆」を含む「微笑 (横光利一)」の記事については、「微笑 (横光利一)」の概要を参照ください。


伊豆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 13:42 UTC 版)

プリンスホテル」の記事における「伊豆」の解説

川奈ホテル静岡県伊東市) - 1936年開業大倉喜七郎設立。元ホテルオークラ系。2002年プリンスホテル買収伊豆長岡温泉三養荘(静岡県伊豆の国市) - 旅館1929年開業。旧三菱財閥岩崎久弥の旧別邸新館村野藤吾遺作

※この「伊豆」の解説は、「プリンスホテル」の解説の一部です。
「伊豆」を含む「プリンスホテル」の記事については、「プリンスホテル」の概要を参照ください。


伊豆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 05:57 UTC 版)

首 (横溝正史)」の記事における「伊豆」の解説

達夫の猟仲間村役場書記

※この「伊豆」の解説は、「首 (横溝正史)」の解説の一部です。
「伊豆」を含む「首 (横溝正史)」の記事については、「首 (横溝正史)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「伊豆」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

伊豆

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 12:19 UTC 版)

固有名詞

  (いず)

  1. 静岡県属す半島東京都属す諸島
  2. 伊豆におかれた令制国伊豆国
  3. 静岡県伊豆市

「伊豆」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「伊豆」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

伊豆のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



伊豆のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伊豆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの過去に存在した北陸地区・甲信越地区・東海地区のダイエーの店舗 (改訂履歴)、微笑 (横光利一) (改訂履歴)、プリンスホテル (改訂履歴)、首 (横溝正史) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの伊豆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS