見習いとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 見習 > 見習いの意味・解説 

み‐ならい〔‐ならひ〕【見習い】

読み方:みならい

見習うこと。「家事—」

本務につくために、また、その資格を得るために、業務などを実地見て習うこと。また、その人。「大工の—となる」「—期間」


見習い

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

徒弟

(見習い から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 08:19 UTC 版)

徒弟(とてい、英語: apprentice)、見習い(みならい)とは、商人職人の初期レベル職業教育制度であり、契約により定められた期間中、若い世代を雇用し業務に従事させながら(現任訓練、OJT)、系統的に訓練を行う制度[1]。この訓練システムを徒弟制度(apprenticeship)、訓練を受けている者を弟子(apprentice)と呼ぶ[1]


  1. ^ a b ILO Thesaurus, 国際労働機関, apprenticeship, apprentice, https://www.ilo.org/inform/online-information-resources/terminology/thesaurus/lang--en/ 
  2. ^ 兼岩正夫 『封建制社会 新書西洋史3』 講談社現代新書 1973年 pp.91 - 92
  3. ^ 兼岩正夫 『封建制社会』 p.92
  4. ^ 労働政策研究報告書 No.16 イギリスにおける職業教育訓練と指導者等の資格要件 (Report). 独立行政法人労働政策研究・研修機構. (2004-10-29). http://www.jil.go.jp/institute/reports/2004/016.html. 
  5. ^ Youth Policies in the UK Archived 2008年1月11日, at the Wayback Machine.
  6. ^ Federal Ministry of Economics and Technology (Germany). “BMWi - Ausbildungsberufe”. german language. 2008年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月3日閲覧。
  7. ^ コトバンク・デジタル大辞泉・高弟とは参照


「徒弟」の続きの解説一覧

見習い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 14:40 UTC 版)

落語家」の記事における「見習い」の解説

弟子入り志願した師匠から入門許可を得た落語家の卵。入門したあと、前座名(名前)を師匠からもらい、前座登録をして、前座として楽屋入りするまでは見習いと呼ぶ正規の身分制度にはもともと存在しないが、前座数が多いのでそれまで待機をする。おもに師匠宅で師匠その家族のために家事などの下働き雑用をする。休みはない。昔は師匠宅に住み込みで身の回りの世話をすることも含め修業であったが(いわゆる内弟子)、現在は通い弟子がほとんどであり、内弟子は非常に珍しい。住み込みであれば家賃食費かからないが、自分の自由な時間持てないというデメリットもある。見習いと前座は、落語家社会では一人前みなされない

※この「見習い」の解説は、「落語家」の解説の一部です。
「見習い」を含む「落語家」の記事については、「落語家」の概要を参照ください。


見習い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 22:31 UTC 版)

リニア・鉄道館」の記事における「見習い」の解説

子供プレイする状況想定し難易度低め天候晴れ固定されている。

※この「見習い」の解説は、「リニア・鉄道館」の解説の一部です。
「見習い」を含む「リニア・鉄道館」の記事については、「リニア・鉄道館」の概要を参照ください。


見習い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 09:17 UTC 版)

ドラゴンクロニクル」の記事における「見習い」の解説

見習い級はレベル1 - 5のことを指す。

※この「見習い」の解説は、「ドラゴンクロニクル」の解説の一部です。
「見習い」を含む「ドラゴンクロニクル」の記事については、「ドラゴンクロニクル」の概要を参照ください。


見習い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 05:43 UTC 版)

ウォーリアーズ」の記事における「見習い」の解説

およそ6ヶ月から、経験を積んだ戦士指導してもらう。

※この「見習い」の解説は、「ウォーリアーズ」の解説の一部です。
「見習い」を含む「ウォーリアーズ」の記事については、「ウォーリアーズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「見習い」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

見習い

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 04:32 UTC 版)

和語の漢字表記

習いみならい

  1. みならいを参照

「見習い」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



見習いと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

見習いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



見習いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徒弟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの落語家 (改訂履歴)、リニア・鉄道館 (改訂履歴)、ドラゴンクロニクル (改訂履歴)、ウォーリアーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの見習い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS