英語教育とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 英語教育の意味・解説 

英語教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 08:57 UTC 版)

英語教育(えいごきょういく)は、英語に関する教育活動・内容の総称。


  1. ^ : mimicry-memorization
  2. ^ : substitution
  3. ^ : army specialized training program
  4. ^ : communicative language teaching
  5. ^ : notional-functional syllabus
  6. ^ Nunan, David. 1991. Communicative tasks and the language curriculum. TESOL Quarterly 25(2), 279-295
  7. ^ “Life in Japan: This country wastes a lot of money teaching English” (英語). Mainichi Daily News. (2022年3月14日). https://mainichi.jp/english/articles/20220314/p2a/00m/0op/008000c 2022年6月26日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g h i 小学校英語教育に関する調査研究報告書”. 国立教育政策研究所. 2019年5月4日閲覧。
  9. ^ “Denmark to cut places on English-language university programmes” (英語). (2018年8月23日). https://www.thelocal.dk/20180823/denmark-to-make-cuts-to-english-language-university-programmes/ 2018年8月24日閲覧。 
  10. ^ 清水稔、「外来文化の受容の歴史から見た日本の外国語学習と教育について」『文学部論集』 2010年 第94号 p.1-14, 佛教大学文学部
  11. ^ 日本の外国語学習及び教育の歴史を振り返る――日本の英語学習及び教育目的論再考―― 佐藤義隆 岐阜女子大学紀要第31号(2002.3)
  12. ^ 「ナガジン」発見!長崎の歩き方
  13. ^ 日本における小学校英語教育の変遷(1)-明治時代- 共立女子大学 西村史子
  14. ^ 英語の国際化と日本の英語教育に関する一考察
  15. ^ 小4以下も英語必修、文科省検討 指導法を研究 :日本経済新聞 2012/9/9
  16. ^ 金谷憲『英語教育熱 加熱心理を常識で冷ます』、研究社、2008年
  17. ^ 教育職員免許法施行規則”. e-Gov. 2020年1月26日閲覧。
  18. ^ 文部科学省「中学校・高等学校教員(英語)の免許資格を取得することのできる大学」および私立大学通信教育協会「取得できる教員免許状一覧」
  19. ^ 平成19年度小学校英語活動実施状況調査及び英語教育改善実施状況調査(中学校・高等学校)について
  1. ^ 1959年にチョムスキーがスキナーの「言語行動」の再検討を行ったのが有名である。
  2. ^ 福澤諭吉らが学んだ蘭学塾。
  3. ^ 終戦直後には、「憲政の神様」尾崎行雄も同様に唱えた。


「英語教育」の続きの解説一覧

「英語教育」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

英語教育のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



英語教育のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの英語教育 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS