森有礼とは?

森有礼 もり ありのり

森有礼の肖像 その1
弘化4年7月13日明治22年2月12日 (1847~1889

鹿児島生まれ。外交官、政治家。父は鹿児島藩士。藩校造士館、藩洋学校開成所に学ぶ。慶応元年(1865)藩の留学生として英国留学米国経て明治元年(1868)帰国後、新政府において徴士外国官判事公議所議長心得制度副総裁心得などをつとめる。一時離職郷里に戻るが、再び出仕米国在勤後の6年(1873)明六社設立するなど、欧米思想啓蒙尽力8年(1875)商法講習所設立参画以後駐清公使外務大輔駐英公使参事院議官文部省御用掛等を歴任。第1次伊藤黒田内閣文相となる。憲法発布当日国粋主義者に襲われ翌日死去

キーワード 外交官, 政治家
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 文部大臣演述筆記 / 森有礼述 文部省, 明20.8 <YDM50833>
  2. 文部大臣森子爵之教育意見 / 日下部三之介編 ; 森有礼述 日下部三之介, 明21.3 <YDM50834>
  3. 明治廿年秋森文部大臣第三地方部学事巡視中演説ノ旨趣出版者不明〕, 〔明22〕 <YDM203730>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

森有礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/06 04:23 UTC 版)

森 有礼(もり ありのり、正字体:森有禮、弘化4年7月13日1847年8月23日) - 明治22年(1889年2月12日)は、日本武士薩摩藩士)、外交官政治家通称助五郎金之丞栄典は贈正二位勲一等子爵




  1. ^ 『澤柳柳太郎と帝国教会-成城大学』
  2. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)311頁
  3. ^ 森有礼略年譜鹿児島県立図書館
  4. ^ アーネスト・サトウ 神道論
  5. ^ a b 『朝日新聞の記事にみる恋愛と結婚』朝日新聞社、1997, p37
  6. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、742頁。
  7. ^ 若き薩摩の群像”. 鹿児島県観光連盟. 2014年5月14日閲覧。
  8. ^ 『官報』第678号「賞勲叙任」1885年10月2日。
  9. ^ 『官報』第993号「叙任及辞令」1886年10月20日。
  10. ^ 『官報』第1686号、1889年2月15日、145頁
  11. ^ 『官報』第1156号「叙任及辞令」1887年5月10日。


「森有礼」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「森有礼」の関連用語

森有礼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



森有礼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2018 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの森有礼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS