兒玉秀雄とは?

兒玉秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/22 04:43 UTC 版)

兒玉 秀雄[注 1](児玉秀雄、こだま ひでお、明治9年(1876年7月19日 - 昭和22年(1947年4月7日)は、日本政治家貴族院議員官僚伯爵




注釈

  1. ^ 学術誌、研究書、辞典類における歴史人物としての表記は「児玉秀雄」、『職員録』など存命中の刊行物における表記は正字体に統一の慣例により「兒玉秀雄」、御署名原本における大臣副書の署名は「兒玉秀雄」である。なお父源太郎は大臣副書に「児玉源太郎」と署名していた。

出典

  1. ^ 『官報』第6953号「叙任及辞令」1906年8月31日。
  2. ^ 『官報』第8469号「叙任及辞令」1911年9月12日。
  3. ^ 『官報』第1268号「叙任及辞令」1916年10月21日。
  4. ^ 『官報』第2767号「叙任及辞令」1921年10月21日。
  5. ^ 『官報』第2839号「叙任及辞令」1922年1月21日。
  6. ^ 『官報』第1233号「叙任及辞令」1931年2月10日。
  7. ^ 『官報』第7280号「叙任及辞令」1907年10月3日。
  8. ^ 『官報』第205号・付録「辞令」1913年4月9日。
  9. ^ 『官報』第743号「叙任及辞令」1915年1月26日。
  10. ^ 『官報』第1850号「叙任及辞令」1918年10月2日。
  11. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  12. ^ 『官報』第293号「叙任及辞令」1927年12月19日。
  13. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  14. ^ 『官報』第5398号「宮廷録事」1945年1月16日。
  15. ^ 『官報』第902号「叙任及辞令」1915年8月4日。
  16. ^ 霞会館華族家系大成編輯委員会編『平成新修旧華族家系大成 上巻』吉川弘文館、1996年、P596 - P597。


「兒玉秀雄」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「兒玉秀雄」の関連用語

兒玉秀雄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



兒玉秀雄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの兒玉秀雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS