宗教法人とは? わかりやすく解説

しゅうきょう‐ほうじん〔シユウケウハフジン〕【宗教法人】

読み方:しゅうきょうほうじん

宗教法人法により、法人として認められた宗教団体公益法人一種


宗教法人(しゅうきょうほうじん)


しゅうきょうほうじん 【宗教法人】


宗教法人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/02 19:39 UTC 版)

宗教法人(しゅうきょうほうじん)は、宗教者と信者で構成される、法人格を取得した宗教団体の事である。


注釈

  1. ^ 例えば、法人を解散する場合、法人税法第50条のとおり、信者を含む法人構成員への剰余金配当や残余財産分配は想定されていない。また、規則へ残余財産などを分配する文言を記しても所轄庁で認証されない[要出典]。これは、宗教法人が公益法人という立場であり、さらにはその立場から元手金も将来に関係者へ分配することを目的とした資本金という意味合いにはならず、公益事業へ充てるための寄付金である基本金という主旨になるため。

出典

  1. ^ 「Q&A改正宗教法人法」p.99
  2. ^ 学校法人法附則第6条により、幼稚園に限っては学校法人ではない者であっても設置が可とされている。他の種別の学校を運営する場合は宗教法人が直接の設立者になることはできず、全く別の学校法人によらなければならない(学校法人法第2条1項)。
  3. ^ 文化庁編『宗教年鑑 令和3年版』
  4. ^ a b 「図解宗教法人の法務・会計・税務」p.33
  5. ^ 昭和27年2月5日労働省通達「宗教法人又は宗教団体の事業又は事務所に対する労働基準法の適用について」
  6. ^ 2011年1月30日の朝日新聞朝刊1面
  7. ^ “休眠宗教法人が急増、1万3400件国に報告なし”. 読売新聞. (2009年9月13日). オリジナルの2009年9月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090915192308/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090912-OYT1T01069.htm 2013年11月9日閲覧。 
  8. ^ a b c d 大阪国税 住職4000万円流用を認定…隠し給与調査強化 毎日新聞 2017年1月5日
  9. ^ 例として、自動車税が課されない者の中に宗教法人は列挙されていない(地方税法148条)


「宗教法人」の続きの解説一覧

「宗教法人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



宗教法人と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

宗教法人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宗教法人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
岡山県神社庁岡山県神社庁
since 2022 (C)Okayamaken Jinjacho
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宗教法人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS