ラエリアン・ムーブメントとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ラエリアン・ムーブメントの意味・解説 

ラエリアン・ムーブメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/14 10:42 UTC 版)

ラエリアン・ムーブメント(Raëlian movement)は「ラエル」(Raël)ことフランス人のモータースポーツ系ジャーナリスト、クロード・モーリス・マルセル・ヴォリロン(Claude Maurice Marcel Vorilhon、1946年9月30日 - )が創始した新宗教[1](宗教法人として登記はされていない)。欧米ではラエリズム(Raëlism)と呼ばれる場合もある。本部はスイスジュネーヴにある。公式アナウンスによると、ラエルは1973年12月13日にフランス中部で遭遇した「エロヒム 」と名乗る異星人から人類の起源と未来に関する重要なメッセージを受け取り、そのメッセージを全人類に普及する事、エロヒムを地球に迎える大使館を建設する事を要求された為、この2項目を主要な目的として団体を創立したとされる。






「ラエリアン・ムーブメント」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ラエリアン・ムーブメント」の関連用語

ラエリアン・ムーブメントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ラエリアン・ムーブメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラエリアン・ムーブメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS