本門佛立宗とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > 一派 > 本門佛立宗の意味・解説 

ほんもんぶつりゅうしゅう 【本門仏立宗】

法華宗本門流系の一宗派。門祖日隆幕末本門仏立講ができ一九四七(昭和二二)年現名に。京都市上京区一条通宥清寺本山本門仏立講は長松清風日扇一八一七~九〇)が組織した。

本門佛立宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/01 22:44 UTC 版)

本門佛立宗(ほんもんぶつりゅうしゅう)は、長松清風によって開かれた、日蓮を宗祖と仰ぐ、法華系仏教の一派である。宗派としての独立より日が浅く、新宗教に分類されることもある。






「本門佛立宗」の続きの解説一覧




本門佛立宗と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「本門佛立宗」の関連用語

本門佛立宗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



本門佛立宗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの本門佛立宗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS