神国教とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 神国教の意味・解説 

神国教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/07 02:57 UTC 版)

神国教(しんこくきょう)は、岐阜県中津川市蛭川に本部を置く神道新宗教。旧蛭川村民の8割がこの宗教の信者である。蛭川では徹底的に廃仏毀釈が行われた。それを嘆いた村の指導者たちと長崎県出身の井口丑二(いのくちうしじ)という内務省の役人が1908年(明治41年)に立教した[3]




  1. ^ a b 神国教の情報 国税庁法人番号公表サイト
  2. ^ 神国教(しんこっきょう) 岐阜県中津川市公式ウェブサイト>蛭川総合事務所>04_観光情報
  3. ^ 大橋博明、1979-3-1、「井口丑二と神国教:いわゆる地方改良との関連において」、『中京大学教養論叢』19巻4号、中京大学教養部、ISSN 0286-7982 pp. 553-575


「神国教」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「神国教」の関連用語

1
12% |||||

2
4% |||||

神国教のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



神国教のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神国教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS