辯天宗とは?

辯天宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/05 15:14 UTC 版)

辯天宗(べんてんしゅう)は、大森智辯によって開かれた、日本の仏教の宗派。高野山真言宗の流れを汲み、仏教新宗教に分類される宗教法人である。大阪府茨木市に本部を置く。宗紋(シンボルマーク)は桔梗紋桔梗奈良県五條市の市花(1982年(昭和57年)に公募により制定)でもある。




  1. ^ 『日本ばちかん巡り』(山口文憲著、ちくま文庫、2006年、p295-298)
  2. ^ しかし、2013年福知山花火大会露店爆発事故の影響で2014年2015年は安全面が確保できず花火を中止した。盆踊りなどは通常開催。2016年からは会場近辺に屋台を設置しないという安全面の条件で花火が復活したが、2018年大阪府北部地震により参道の崩落や地盤のズレなどの被害を受けたため中止が決まった。


「辯天宗」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「辯天宗」の関連用語

辯天宗のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



辯天宗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの辯天宗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS