法輪功とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 法輪功の意味・解説 

法輪功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/12 22:18 UTC 版)

法輪功(ほうりんこう、ファールン・ゴン、拼音: Fǎlún Gōng[1])は、吉林省出身の李洪志1990年代初めに伝えだした、古代中国から伝わる気功[2]の1つ[3]。法輪大法(ほうりんたいほう、ファールン・ダーファー)とも呼称される[4]。道徳的な枠組みである真・善・忍の理念を日常生活の指針とし、4つのゆったりとした動作と瞑想から構成される[5]


出典

  1. ^ 議長はジェフェリー・ナイス英語版(イギリスの弁護士)。その他のメンバーは、マーティン・エリオット英語版(外科医) 、アンドリュー・クー (英語: Andrew Khoo、マレーシアの弁護士)、レジーナ・パウローズ (英語: Regina Paulose、米国の弁護士)、シャディ・サドル英語版(イランの弁護士)、ニコラス・ヴェッチ (英語: Nicholas Vetch、事業家)、アーサー・ウェルドロン英語版(歴史学者)[61]
  2. ^ 1999年に江沢民の命で発足された秘密諜報部隊。法輪功への迫害を行う切り札とされた。その後も、台湾やチベットの反中国組織の監視など、次第にその活動域は広がり始めており、北京オリンピックの際の事実隠蔽工作や情報操作なども行ったとされる。
  1. ^ 法輪功の意味 - 中国語辞書”. Weblio日中中日辞典. 2021年1月8日閲覧。
  2. ^ a b 【台湾に生きる】初めて一票を投じた法輪功の男性「自由と民主主義を守る」”. 産経新聞. 産経デジタル (2020年1月16日). 2020年9月15日閲覧。
  3. ^ 叫ぶ臓器 p.139. 文芸社文庫. (2018年10月15日) 
  4. ^ a b 内閣府NPOホームページ
  5. ^ Porter, Noah (2003年). “Falun Gong in the United States: An Ethnographic Study (論文:米国での法輪功:民族誌学的な研究)” (英語). University of South Florida. p. 29. 2006--9-9時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月13日閲覧。 “According to the Falun Gong belief system, there are three virtues that are also principles of the universe: Zhen, Shan, and Ren (真, 善, 忍). Zhen is truthfulness and sincerity. Shan is compassion, benevolence, and kindness. Ren is forbearance, tolerance, and endurance. These three virtues are the only criteria that truly distinguish good people and bad people. Human society has deviated from these moral standards. All matter in the universe contains Zhen- Shan-Ren. All three are equally important.”
  6. ^ Fang, Bay (1999年2月14日). “An Opiate of the Masses?” (英語). US.News & World Report. p. 2. 2020--9-13閲覧。
  7. ^ Faison, Seth. “In Beijing: A Roar of Silent Protesters”. The New York Times. 2020年9月13日閲覧。
  8. ^ Kahn, Joseph (1999年4月27日). “Notoriety Now for Movement's Leader” (英語). The New York Times. 2020年9月13日閲覧。
  9. ^ 上海TV:世界で一億人が法輪大法を学んでいる” (中国語(日本語字幕付き)). Falun Dafa Information Center (1998年). 2020年9月13日閲覧。
  10. ^ Tong, James (2009年). “Revenge of the Forbideen City: The Suppression of the Falungong in China, 1999-2008” (英語). Questia. 2020年9月13日閲覧。
  11. ^ 法輪功に関するトピックス”. 朝日新聞デジタル. 2019年11月26日閲覧。
  12. ^ 『中国の移植犯罪 ー 国家による臓器狩り』第4章 臓器を摘出された人数は(イーサン・ガットマン著)p.95. 自由社. (2013年10月25日) 
  13. ^ a b Introvigne, Massimo (2020年1月18日). “96 Falun Gong Practitioners Persecuted to Death in 2019” (英語). Bitter Winter. 2021年1月8日閲覧。
  14. ^ Elks, Sonia (2019年6月18日). “China is harvesting organs from Falun Gong members, finds expert panel”. Reuters. 2021年1月9日閲覧。
  15. ^ 國家新聞出版總署令(第50號)新聞出版總署廢止第五批規範性文件的決定_2011年第28號國務院公報_中國政府網”. big5.gov.cn. 2020年2月23日閲覧。
  16. ^ 法輪功書籍の出版禁止令が撤廃 温家宝前首相の尽力か” (日本語). 大紀元時報. 2020年2月23日閲覧。
  17. ^ 法輪功書籍の出版禁止令が撤廃 温家宝前首相の尽力か」『Reuters』、2017年7月6日。2020年2月23日閲覧。
  18. ^ 【中国】中国が邪教取締を強化、「未成年勧誘」など厳罰方針”. ロイター (2017年1月29日). 2021年1月8日閲覧。
  19. ^ 中华人民共和国公安部﹙ 通 知 ﹚公通字[200039号 公安部关于认定和取缔邪教组织若干问题的通知]”. 中华人民共和国公安部. 2020年11月25日閲覧。
  20. ^ 中国 14組織が「邪教」指定”. 人民網. 20201125閲覧。
  21. ^ 法輪功は殺生と自殺を禁じている
  22. ^ Faison, Seth (1999年4月27日). “In Beijing: A Roar of Silent Protesters” (英語). The New York Times. https://archive.nytimes.com/www.nytimes.com/library/world/asia/042799china-protest.html 2020年9月12日閲覧. [en:Falun Gong Lay summary] (19:23, 12 September 2020 GMT) 
  23. ^ Ownby, David (2008) (英語). Falun Gong and the Future of China. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-532905-6 (2020-9-12) 
  24. ^ “4 From Chinese Spiritual Group Are Sentenced” (英語). New York Times. AP通信. (1999年11月13日). https://www.nytimes.com/1999/11/13/world/4-from-chinese-spiritual-group-are-sentenced.html 2020年9月12日閲覧. [en:Falun Gong Lay summary] (2020-9-12) 
  25. ^ Tong, James (2009). Revenge of the Forbidden City: The suppression of the Falun Gong in China, 1999-2005. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-537728-6. https://oxford.universitypressscholarship.com/view/10.1093/acprof:oso/9780195377286.001.0001/acprof-9780195377286 
  26. ^ 宗海仁 (2002年(第3版)) (中国語). 朱鎔基 在1999. 香港: 明鏡出版社 
  27. ^ a b Tong, James (2002年9月). “An Organizational Analysis of the Falun Gong: Structure, Communications, Financing”. The China Quarterly 171: 636–60. https://www.cambridge.org/core/journals/china-quarterly/article/an-organizational-analysis-of-the-falun-gong-structure-communications-financing/4216BC53192A35A8369DFEAB3AED53C8. 
  28. ^ Chan, Cheris Shun-ching (2004年9月). “The Falun Gong in China: A Sociological Perspective”. The China Quarterly 179: 665–83. https://omnilogos.com/falun-gong-in-china-sociological-perspective/. 
  29. ^ Lowe, Scott (2003). “Chinese and International Contexts for the Rise of Falun Gong”. Nova Religio 6(2): 263–76. https://online.ucpress.edu/nr/article-abstract/6/2/263/71174/Chinese-and-International-Contexts-for-the-Rise-of?redirectedFrom=fulltext. 
  30. ^ Palmer, David A. (2007). Qigong fever: body, science, and utopia in China. New York: Columbia University Press. ISBN 978-0-231-14066-9. "In 1997, Li Hongzhi claimed to have 100 million followers, including 20 million regular practitioners." 
  31. ^ Faison, Seth (1999年7月30日). “Followers of Chinese Sect Defend Its Spiritual Goals(Archived on 2010 -7-2)”. The New York Times. https://web.archive.org/web/20100702052730/http:/www2.kenyon.edu/Depts/Religion/Fac/Adler/Reln270/FalunGong/16.htm 
  32. ^ Palmer, David A. (2007). Qigong fever: body, science, and utopia in China. New York: Columbia University Press. ISBN 978-0-231-14066-9. "... we may very roughly and tentatively estimate that the total number of practitioners was, at its peak, between 3 and 20 million. ... A mid-range estimate of 10 million would appear, to me, more reasonable." 
  33. ^ 2009 International Religious Freedom Report: China (includes Tibet, Hong Kong, Macau)” (英語). US.Department of State (2009年10月26日). 2020年9月15日閲覧。
  34. ^ Malcolm Moore, "Falun Gong 'growing' in China despite 10-year ban” The Telegraph, 24 April 2009.  Archived 26 May 2018 at the Wayback Machine,"
  35. ^ Porter, Noah (2003年). Falun Gong in the United States: An Ethnographic Study (PDF) (Thesis). University of South Florida. Archived from the original (PDF) on 9 September 2006. p. 117
  36. ^ Lincoln Kaye, "Travelers Tales," Far Eastern Economic Review, 23 July 1992
  37. ^ Ownby, David (2008). Falun Gong and the Future of China. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-532905-6. p. 127
  38. ^ Porter, Noah (2003年). Falun Gong in the United States: An Ethnographic Study (PDF)(Thesis). University of South Florida. Archived from the original (PDF) on 9 September 2006.
  39. ^ Ownby, David (2008年). Falun Gong and the Future of China. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-532905-6.p.126
  40. ^ 法輪功、台湾で年次体験交流会を開催
  41. ^ 中国民衆法廷が有罪判決を出す
  42. ^ 1999年4月25日、中南海でなにがあったのか
  43. ^ 1999年4月25日、中南海でなにがあったのか
  44. ^ 迫害により死亡した法輪功修煉者 明慧ネット
  45. ^ Torture and Death of Falun Gong Continue, Say Submissions to United Nations Friend of Falun Gong U.S.A.(法輪功の友アメリカ)(2010年9月26日時点のアーカイブ
  46. ^ Falun Gong seeks U.S. support in Internet censor fight ロイター
  47. ^ Falun Gong members commemorate 10 years of persecution in China Asianews.It
  48. ^ Torture, though on decline, remains widespread in China, UN expert reports
  49. ^ Empirical Analysis of Internet Filtering in China
  50. ^ Argentine judge asks China arrests over Falun Gong”. ロイター (2009年12月22日). 2011年12月31日閲覧。
  51. ^ Falun Gong accuse Chinese leaders of genocide”. en:Expatica (2004年12月3日). 2011年12月31日閲覧。
  52. ^ Chinese ex-president sought in Spanish probe: lawyer”. en:Expatica (2009年11月20日). 2011年12月31日閲覧。
  53. ^ http://www.david-kilgour.com/2006/Kilgour-Matas-organ-harvesting-rpt-July6-eng.pdf
  54. ^ (図解)世界の死刑被執行者数 - AFP
  55. ^ 国連拷問特別調査官:生体臓器狩り、今も中国で... 大紀元
  56. ^ 国際的な医学倫理組織「臓器強制摘出に反対する医師の会(DAFOH)」がこのほど2016年ノーベル平和賞候補に推薦された。
  57. ^ House Hearing, 112 Congress From the U.S. Government Publishing Office, FALUN GONG IN CHINA: REVIEW AND UPDATE
  58. ^ H.Res.281 - Expressing concern over persistent and credible reports of systematic, state-sanctioned organ harvesting from non-consenting prisoners of conscience, in the People's Republic of China, including from large numbers of Falun Gong practitioners imprisoned for their religious beliefs, and members of other religious and ethnic minority groups. 113th Congress (2013-2014)
  59. ^ S.Res.220 - A resolution expressing solidarity with Falun Gong practitioners who have lost lives, freedoms, and rights for adhering to their beliefs and practices and condemning the practice of non-consenting organ harvesting, and for other purposes. 115th Congress (2017-2018)
  60. ^ European Parliament resolution on organ harvesting in China
  61. ^ China Tribunal”. Who we are. 2021年1月9日閲覧。
  62. ^ Ochab, Ewelina U. (2018年12月8日). “The Independent Tribunal Into Forced Organ Harvesting In China Begins Its Work In London”. Forbes. 2021年1月9日閲覧。
  63. ^ a b Bowcott, Owen (2019年6月17日). “China is harvesting organs from detainees, tribunal concludes”. The Guardian. 2021年1月9日閲覧。
  64. ^ China Tribunal Hearings (April 2019)”. China Tribunal. 2021年1月12日閲覧。
  65. ^ Hearings (December 2018)”. China Tribunal. 2021年1月12日閲覧。
  66. ^ a b Reading Material” (英語). China Tribunal. 2020年4月27日閲覧。
  67. ^ Hurley, Richard (2019年6月18日). “China’s forced organ harvesting constitutes crimes against humanity, informal London tribunal finds”. The BMJ. 2021年1月9日閲覧。
  68. ^ Harry Wu questions Falun Gong's claims about organ transplants”. AsiaNews.it (2006年8月12日). 2012年11月11日閲覧。
  69. ^ 吴弘达质疑法轮功在器官移植上的指控”. AsiaNews.it (2006年8月12日). 2012年11月11日閲覧。
  70. ^ The Slaughter (殺処分)イーサン・ガットマン著 第8章より Prometheus Books 2014
  71. ^ CRS Report for China and Falun Gong May 25, 2006”. US department of justice (2006年4月16日). 2019年6月23日閲覧。
  72. ^ Richard Morais. ““Cracks in the Wall””. Forbes. 02 27, 2006閲覧。
  73. ^ Jamil Anderlini. “Rmb:Falun Gong's new voice “Cracks in the Wall””. Financial Times blog. 07 22, 2011閲覧。
  74. ^ U.S. House Calls for End to Falun Gong Persecution 大紀元英語版
  75. ^ 共同通信 (2020年7月20日). “米国務長官「法輪功弾圧やめよ」 中国政府に要求 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2020年8月2日閲覧。
  76. ^ ポンペオ長官、法輪功弾圧について声明「21年間はあまりにも長く、終わらせねば」” (日本語). 大紀元時報. 2020年8月4日閲覧。
  77. ^ Human Harvest: China’s Illegal Organ Trade (International Syndication)
  78. ^ スタッフ紹介 | 馬三家からの手紙 公式ホームページ” (日本語). 馬三家からの手紙 公式ホームページ. 2020年2月15日閲覧。
  79. ^ 日本放送協会. “馬三家からの手紙|BS世界のドキュメンタリー|NHK BS1” (日本語). BS世界のドキュメンタリー|NHK BS1. 2020年2月15日閲覧。
  80. ^ "Report of the Special Rapporteur on torture and other cruel, inhuman or degrading treatment or punishment, Manfred Nowak" (A/HRC/4/33/Add.1, 国連人権理事会)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「法輪功」の関連用語

法輪功のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



法輪功のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法輪功 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS