未確認飛行物体とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 未確認飛行物体の意味・解説 

みかくにん‐ひこうぶったい〔‐ヒカウブツタイ〕【未確認飛行物体】

読み方:みかくにんひこうぶったい

正体不明飛行物体飛翔体UFOunidentified flying object)。

[補説] 一般に異星人乗る飛行物体の意味使われることが多いが、航空・軍用語として当局把握されていない航空機観測気球他国からのミサイルなど広範にわたる。

「未確認飛行物体」に似た言葉

未確認飛行物体

作者高階航

収載図書いつか北風向かって
出版社民衆
刊行年月1993.12


未確認飛行物体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/26 17:57 UTC 版)

未確認飛行物体(みかくにんひこうぶったい、: Unidentified Flying Object)とは、その名の通り、正体が確認されていない飛行物体のこと[1]。英語の頭文字からUFO(ユーエフオー、ユーフォー)と略称される。


注釈

  1. ^ : ufology

出典

  1. ^ a b デジタル大辞泉
  2. ^ a b 株式会社平凡社百科事典マイペディア”. コトバンク. 2021年9月12日閲覧。
  3. ^ 米情報機関、UFOあらため「UAP」報告書を公開。5つの可能性を挙げる”. Engadget日本版 (2021年6月28日). 2021年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月5日閲覧。
  4. ^ 稲葉義泰 (2021年8月3日). “アメリカUFO報告書 読み込んだら何が見えた? 9ページ約1万5000字の要点を解説!”. 乗りものニュース. 2021年8月5日閲覧。
  5. ^ 米国防総省、UFO調査部署を新設”. BBC (2021年11月25日). 2022年6月29日閲覧。
  6. ^ AARO Home”. www.aaro.mil. 2024年3月26日閲覧。
  7. ^ UAP” (英語). science.nasa.gov. 2024年3月26日閲覧。
  8. ^ 白い球体、「所有者・目的不明」の結論…十字形の部品と2基のプロペラ付く」『読売新聞』、2020年7月3日。2022年6月29日閲覧。
  9. ^ 安倍龍太郎「仙台上空のUFO? 菅長官「必要な警戒監視している」」『朝日新聞』、2020年6月18日。2022年6月29日閲覧。
  10. ^ The 1967 Shag Harbour UFO crash”. 2022年6月29日閲覧。
  11. ^ Former Pentagon official: Real question is, what are we really dealing with? (テレビ番組) (英語). CNN. 29 May 2021. 該当時間: 00:04. 2022年6月29日閲覧
  12. ^ Statement by the Department of Defense on the Release of Historical Navy Videos”. アメリカ国防総省 (2020年4月27日). 2022年6月29日閲覧。
  13. ^ 防衛大臣記者会見 令和2年4月28日(火)10:39〜11:09”. 防衛省 (2020年4月28日). 2022年6月29日閲覧。
  14. ^ 河野防衛相 自衛隊もUFO遭遇時の手順定める考え示す - ウェイバックマシン - NHK
  15. ^ 』、潮書房、2011年12月、[要ページ番号] 
  16. ^ Costa Rica UFO sighting in 2007. Tarbaca UFO case”. ufoac.com. 2022年11月25日閲覧。
  17. ^ In Costa Rica, reports of OVNIs (UFOs) increased during the pandemic” (英語). Q COSTA RICA (2021年1月24日). 2022年11月25日閲覧。
  18. ^ 中国紙「わが軍機が『空飛ぶ円盤』追跡、攻撃寸前に」…1998年」『エキサイトニュース』(サーチナ)、2010年10月25日。2022年6月29日閲覧。
  19. ^ CHINESE FIGHTER JET PURSUES A UFO OVER CHINA” (英語) (2013年3月29日). 2022年6月29日閲覧。
  20. ^ a b c 並木伸一郎『未確認飛行物体UFO大全』学研パブリッシング、2010年2月、[要ページ番号]頁。ISBN 978-4-05-404442-5 
  21. ^ ティモシー・グッド『トップシークレット』森平慶司(訳)、二見書房〈サラ・ブックス〉、1990年5月、[要ページ番号]頁。ISBN 4-576-90055-2 
  22. ^ Kim, You-Min (2020年11月8日). “"Blood on your shoulders." 1976 Blue House UFO Incident” (韓国語). ソウル新聞. https://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20201108500031 2021年7月15日閲覧。 
  23. ^ Figuet, M. (Ed.) (1995). L’affaire de Trans-en-Provence. Dompierre-les-Ormes, SERPAN.
  24. ^ Vallee, Jacques; Aubeck, Chris (2010). Wonders in the sky : unexplained aerial objects from antiquity to modern times and their impact on human culture, history, and beliefs. TarcherPerigee. pp. [要ページ番号]. ISBN 9781585428205 
  25. ^ IXth Century trip in a UFO” (英語) (2012年4月16日). 2022年6月29日閲覧。
  26. ^ Dr. Enrique Botta Incident - Entering a UFO 1950”. Educating Humanity (2012年8月4日). 2022年6月29日閲覧。
  27. ^ And now for something NOT completely different... - ウェイバックマシン(2013年9月8日アーカイブ分)
  28. ^ a b 『トンデモUFO大全』洋泉社
  29. ^ ALIEN CRAFT LANDING WITNESSED BY MANY IN NEW GUINEA” (英語) (2013年4月17日). 2022年6月29日閲覧。
  30. ^ 中村省三(編著)『宇宙人の死体写真集2』グリーンアロー出版社〈グリーンアローブックス〉、1991年8月、[要ページ番号]頁。ISBN 4-7663-3129-X 
  31. ^ ドナルド・シュミット、トマス・キャリー『ロズウェルにUFOが墜落した 臨終の証言者たちが語った最後の真実』並木伸一郎(訳)、学研パブリッシング、2010年10月(原著2007年)、[要ページ番号]頁。ISBN 978-4-05-404235-3 
  32. ^ 横屋正朗『UFOはこうして製造されている!』徳間書店〈TOKUMA BOOKS〉、1994年7月、[要ページ番号]頁。ISBN 4-19-505287-4 
  33. ^ a b c デイヴィッド・M.ジェイコブズ『未知の生命体―UFO誘拐体験者たちの証言』矢追純一、原田勝(訳)、講談社、1994年5月(原著1993年)、[要ページ番号]頁。ISBN 4-06-207059-6 
  34. ^ Puerto Rico: Real UFO / Humanoid Encounters” (英語). Phantoms and Monsters (2013年5月10日). 2022年6月29日閲覧。
  35. ^ a b c d ケネス・リング『オメガ・プロジェクト』片山陽子(訳)、春秋社、1997年9月(原著1992年)、[要ページ番号]頁。ISBN 4-393-36113-X 
  36. ^ The Manhattan Abduction (Linda Cortile Napolitano)”. 2022年6月29日閲覧。
  37. ^ Spence, Yancy. “The Daze After Manhattan Stood Still”. 2022年6月29日閲覧。
  38. ^ レイモンド・E・ファウラー『外宇宙からの帰還』井上篤夫(訳)、集英社、1979年6月、[要ページ番号]頁。全国書誌番号:79024023 
  39. ^ ジム・マース『『深[地球史]宇宙人UFO大事典』柴田譲治(訳)、徳間書店、2002年2月(原著1997年)、[要ページ番号]頁。ISBN 4-19-861482-2 
  40. ^ ジョン・スペンサー (編著)『UFO百科事典』志水一夫(監修)、原書房、1998年8月(原著1997年)、[要ページ番号]頁。ISBN 4-562-03107-7 
  41. ^ 「米国政府は宇宙人存在隠ぺい」 元宇宙飛行士「暴露」騒動拡大”. J-CAST ニュース (2008年7月28日). 2021年12月29日閲覧。
  42. ^ a b 並木伸一郎『完全版・世界のUFO現象FILE』学研パブリッシング、2011年3月、[要ページ番号]頁。ISBN 978-4-05-404916-1 
  43. ^ a b c ティモシー・グッド『トップ・シークレット UFO目撃機密文書!』森平慶司(訳)、二見書房〈サラ・ブックス〉、1990年5月、[要ページ番号]頁。ISBN 4-576-90055-2 
  44. ^ UFOTV Presents UFOs OUT OF THE BLUE (インターネット番組) (英語). 10 November 2011. 2022年6月30日閲覧
  45. ^ スヴェトラーナ・スメタニナ「「ソ連はUFOと交信していた」」『ロシア・ビヨンド (en:Russia Beyond)』、2013年4月12日。2022年6月30日閲覧。
  46. ^ Russian Navy Has Released New Data on UFOs” (英語). THE UFO CHRONICLES (2009年7月29日). 2022年6月30日閲覧。
  47. ^ 横着者 (2013年10月23日). “回収した UFO から光ファイバー技術が生まれたというのは与太話”. 海外の妖しい Blog 記事から. 2022年6月30日閲覧。
  48. ^ 横着者 (2016年10月25日). “John Alexander : Phillip Corso の主張を完全否定 (途中:その3)”. 海外の妖しい Blog 記事から. 2022年6月30日閲覧。
  49. ^ https://www.youtube.com/watch?v=LorFBqM_9KA
  50. ^ 横尾忠則『私と直観と宇宙人』文藝春秋文春文庫〉、1997年9月、[要ページ番号]頁。ISBN 4-16-729704-3 
  51. ^ 木村秋則『すべては宇宙の采配』東邦出版[要文献特定詳細情報]
  52. ^ http://www.youtube.com/watch?v=rR_mg93Tok4
  53. ^ 篠山紀信『百恵』集英社、1980年9月1日、[要ページ番号]頁。全国書誌番号:81015352 
  54. ^ ウンモ星人. (2016-06-23). http://ufojikenbo.blogspot.com/2016/06/ummo.html 2022年6月30日閲覧。 
  55. ^ 神浦元彰 ET,UFOの正体を解明する - ウェイバックマシン(2016年3月8日アーカイブ分)
  56. ^ DoD Announces the Establishment of the Airborne Object Identification and Management Synch” (英語). U.S. Department of Defense. 2021年12月1日閲覧。
  57. ^ パネルディスカッション「UFOはオカルトから安全保障問題へ」, https://www.youtube.com/watch?v=piUCCh8hIKw 
  58. ^ Inside the FBI: UFOs” (英語). Federal Bureau of Investigation. 2021年12月28日閲覧。
  59. ^ (日本語) UFOは宇宙人の乗り物ではない!天才ホーキング博士の答え, https://www.youtube.com/watch?v=CiLPpOjbIZQ 2022年8月7日閲覧。 
  60. ^ ホーキング博士「宇宙人と接触は危険」 米TVで発言」『日本経済新聞』、2010年5月3日。2022年6月19日閲覧。
  61. ^ Alien Abduction, Whitley Strieber…”. Paranormal Journal (2019年4月13日). 2022年6月30日閲覧。
  62. ^ 立花隆『臨死体験(上)』[要文献特定詳細情報]
  63. ^ The McLaughlin Crew Case”. NICAP. 2022年6月30日閲覧。
  64. ^ 香取啓介「米国防総省がUFO調査 予算なくなるも元職員「続行」」『朝日新聞デジタル』、2017年12月17日。2020年7月2日閲覧。
  65. ^ 渡辺丘「米国防総省が「UFO映像」を公開 正体は未確認のまま」『朝日新聞デジタル』、2020年4月28日。2020年7月2日閲覧。
  66. ^ 「UFOの存在、確認していない」 閣議で答弁書を決定」『朝日新聞』朝日新聞社、2007年12月18日。2022年6月30日閲覧。
  67. ^ UFO「確認したことはない」答弁書を閣議決定」『産経ニュース』、2018年2月27日。2022年6月30日閲覧。
  68. ^ 町村官房長官、「UFOの存在信じる」| 世界のこぼれ話」『ロイター』、2007年12月19日。2022年6月30日閲覧。
  69. ^ 亀和田武「テレビ健康診断」、文藝春秋、2007年10月25日。 
  70. ^ 石破防衛相、UFO襲来論議に熱弁」『AFPBB News』フランス通信社、2007年12月20日。2022年6月30日閲覧。
  71. ^ 米海軍機と「UFO」の接近事案、詳細な報告書を入手”. CNN (2020年5月14日). 2022年6月30日閲覧。
  72. ^ UFO対処方針”. 河野太郎公式サイト (2020年9月15日). 2022年6月30日閲覧。
  73. ^ 「UFO」遭遇したらどうする 呼び掛け、領空侵犯は?―自衛隊」『時事通信』、2020年4月30日。オリジナルの2020年4月30日時点におけるアーカイブ。
  74. ^ a b UFO召喚に成功!?あらゆる方法を駆使してUFOを呼んでみた結果”. ガジェット通信 (2016年5月9日). 2017年1月22日閲覧。
  75. ^ 「ベントラ、ベントラ…」アイドルがUFO召喚に成功した!?”. リアルライブ (2012年11月20日). 2017年1月22日閲覧。
  76. ^ 日本中がどうかしていた! スゴすぎる昭和のオカルトブームをふり返る”. ダ・ヴィンチニュース (2015年5月1日). 2017年1月22日閲覧。
  77. ^ サイキック芸人・KICK☆と観客が心をひとつにUFO召喚にチャレンジ!『アポロ18』トークショー付き試写会”. 映画ナビ (2012年4月4日). 2017年1月22日閲覧。



未確認飛行物体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 07:47 UTC 版)

宇宙のステルヴィア」の記事における「未確認飛行物体」の解説

タマムシのような形状色合いをしており、頭部振動させることにより仲間同士通信行っている。

※この「未確認飛行物体」の解説は、「宇宙のステルヴィア」の解説の一部です。
「未確認飛行物体」を含む「宇宙のステルヴィア」の記事については、「宇宙のステルヴィア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「未確認飛行物体」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「未確認飛行物体」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「未確認飛行物体」の関連用語

未確認飛行物体のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



未確認飛行物体のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの未確認飛行物体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの宇宙のステルヴィア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS