三五教とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 三五教の意味・解説 

あなないきょう 【三五教】


三五教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/18 20:54 UTC 版)

三五教(あなないきょう)は、神道系の新宗教文部科学大臣所轄包括宗教法人[2]大本の信者であった中野與之助によって1949年に創始された。その教義から宇宙教とも称される[3]。現在は静岡県掛川市横須賀字万神堂に本部事務所を置く[4]。三五教は自教団について「日本神道を基本とした教派神道の教団」と明示しており[5]、神道の教派ではあるが、戦後立教された新教派[6]である。




  1. ^ 文化庁『宗教年鑑』平成29年版、108頁。
  2. ^ 文化庁『宗教年鑑』平成29年版、62頁および108頁。「文部科学大臣所轄包括宗教法人」とある。
  3. ^ a b c d (新宗教研究会 1999)
  4. ^ 文化庁『宗教年鑑』平成29年版、108頁。
  5. ^ 宗教法人三五教公式サイト
  6. ^ 文化庁『宗教年鑑』平成29年版、62頁および108頁。「神道系新教派系」に分類されている。
  7. ^ a b 1954年4月21日読売新聞朝刊8面 2016年4月10日ヨミダス歴史館にて閲覧
  8. ^ a b c 「にっぽん診断書 第10部」1994年11月23日毎日新聞東京朝刊3面 2016年4月10日毎索にて閲覧
  9. ^ 『読売年鑑』昭和32年版、読売新聞社、p369
  10. ^ 第247回オイスカ四国支部常任幹事会|松野不動産 代表取締役 松野誠寛の日記 2017/1/12
  11. ^ 「宇宙大精神を神というのである」とある。(中野與之助『人類完成の歓び』(1965年)より開祖のことば宗教法人三五教)
  12. ^ 「三」は日月星で天体を表し、「五」は木火土金水で地の活動を表し、あわせて「三五」は天地の教えを表しているという。三五教とは宗教法人三五教
  13. ^ これ以降も日本各地に天文台を建設したが、地元自治体との関係で殆んど撤去されている(月光天文台#注釈)。佐藤愛子の小説『あなない盛衰記』は、現二本松市霞ヶ城跡に存在した奥州天文台を巡る騒動を描く。
  14. ^ 山本一清と三五教沼津香貫山天文台 (PDF) 京都大学学術情報リポジトリ(京都大学)、2016年4月11日閲覧。
  15. ^ 香貫山の天文台は土地賃借などの問題から1973年に撤去され、田方郡函南町に移転している。現在の香貫山には遺構のみ残る。
  16. ^ 三五教の御祭神 三五教とは 宗教法人三五教


「三五教」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三五教」の関連用語

三五教のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三五教のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三五教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS