神慈秀明会とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 神慈秀明会の意味・解説 

神慈秀明会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/11 09:31 UTC 版)

神慈秀明会(しんじしゅうめいかい)は、日本の宗教法人の名称である。




  1. ^ 真光系諸教団を世界救世教の分派とみなした場合は、最大規模の分派は崇教真光になるだろう。ただし、真光系諸教団は岡田茂吉を教祖としておらず、教義は世界救世教の影響を強くうけてはいるものの、独自のオリジナルな教義と公言しており、分派としての関係性は低い。
  2. ^ a b c 新伝道の手引き第一部(ISBN 4-9900003-0-7)の解説書、2ページに、「御教え(岡田茂吉の教義)は、四百字詰原稿用紙換算で約1万7千枚もあります」と記されている。これを単純に文字数にすると、6,800,000文字となる。神慈秀明会の聖教書は、33文字×15行×442ページで、単純に文字数にすると、218,790文字である。これを割合に換算すると、3.2%程度となる。
  3. ^ 護られた街編集委員会 編 『護られた街 実録 カルトは防げる撃退出来る』 ISBN 4-9980905-1-8
  4. ^ 集会所建設反対運動(横浜市青葉区)
  5. ^ 東戸塚・集会所建設反対運動(横浜市戸塚区)
  6. ^ 神慈秀明会の建設反対運動を行っている周南市議会議員長谷川かずみのホームページ[1]
  7. ^ 宣言:神慈秀明会集会所建設に反対します
  8. ^ 死因は諸説ある。過度の歯槽膿漏による膿での窒息死という説もある。
  9. ^ なお、この観音の絵画は、教団では教祖が描いた物と説明しているが、実際には、オリジナルの絵画を第三者が模写した、同教団制作のレプリカであったことが判明している。
  10. ^ 例外的に、本部がある滋賀県の県知事や県会議員などとは交流を持つ傾向がある。滋賀県知事当時の武村正義や、滋賀県議会議員当時の岩永峯一などとの交流は信者に向けても公にされていた
  11. ^ 訴訟を好まない姿勢は、信者に対して、この教団は争いごととは無関係な平和な教団であるという姿勢を保ちたいからだと思われる。近年は、教団の方針による集会所などの建設の促進と、その建設に対する地域住民の反対運動の活発化により、建設遂行のための手段として、小さな訴訟を行うケースも現れてきている。ただしそういった訴訟も、積極的には信者に公にされることはなく、信者に対してこの教団は訴訟事とは無縁であるというように見せる姿勢は崩していない
  12. ^ モハマド君事件
  13. ^ a b c d e ここで言う神とは、主催神の大光明(みろくおおみかみ)であるというよりも、教祖であり神人合一である岡田茂吉(信者は明主様と呼ぶ)のことを指す。
  14. ^ 三省堂提供「大辞林 第二版」[リンク切れ]
  15. ^ 旧体制という用語は神慈秀明会自身による命名とは言えないが、世間の慣例として、新体制の前は旧体制と呼ばれるのが一般的であること、また、本部勉強会などの公式の場でも幾度も使用されており、信者間の会話やネット上の記述でもその時代を旧体制と呼ぶことがすでにある程度定着した用語であるため、 本項でも便宜上使用している。
  16. ^ 神慈秀明会で教えられる離脱の神意の物語では、世界救世教の幹部や、離脱についていかなかった秀明教会の元支部長などが個人名を明らかにして悪役として登場し、それらの人物らの批判も大々的に行われているが、本項目の解説では個人名の記述は省略する。
  17. ^ 当時の文部省文化庁を通さず、京都府知事蜷川虎三が、直接認可している。
  18. ^ 実際には教祖在世時と同様ではなかったことが、 後の研究により明らかにされている
  19. ^ 『飛天』 P.78






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「神慈秀明会」の関連用語

神慈秀明会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



神慈秀明会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神慈秀明会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS