禊とは?

み‐そぎ【×禊】

身に罪や穢(けが)れのある者、また神事従事ようとする者が、川や海のでからだを洗い清めること。

陰暦6月晦日(みそか)、諸社で行う夏越(なごし)の祓(はらえ)の行事。《 夏》


み‐そぎ【禊】

〔名〕 身に罪または穢(けが)れがあるとき、また、重要な神事などの前に川原などで、で身を洗い清め穢れを落とすこと。《季・夏

禊〈光琳画〉の画像

万葉(8C後)四・六二六「君により言(こと)の繁きを古郷明日香の川に潔身(みそぎ)しに行く」

[語誌](1)汚穢罪障厄災などを取り除くために行なう儀礼を「はらえ」というが、「みそぎ」はその中でも特に川や海のにつかって行なうもの。記紀神話の中で、イザナギ亡きイザナミ黄泉の国訪ねたが、汚いものを見てしまい、そこから逃げ帰ったあと、筑紫日向で行なったのが「みそぎ」の最初という。
(2)中古には、年中行事のうち、特に六月晦日行なわれる夏越(なごし)の禊」(夏越の祓え)と強く結びつき和歌にもよく詠まれている。
(3)中世以降真言宗修験道修行的な要素が加わったものが「水垢離(みずごり)」と称されて広まった。


み‐そ・ぐ【禊】

〔自ガ四〕 みそぎをする。斎戒沐浴する。

万葉(8C後)三・四二〇「ひさかたの 天の川原に 出で立ちて 潔身(みそぎ)てましを」


読み方:ミソギ(misogi)

神事などの前にによって身を清浄にすること。


読み方:みそぎ

イザナギが行われた故事由来し、罪や穢れによる身体の不浄取り除くとき、神に近づくふさわし身体になるために、川や海で洗い清めることです。現在では祓と近い意味で用いられ、禊祓 (みそぎはらえ) として一緒にされることもあります

読み方:ミソギ(misogi)

身の汚れ清める宗教上の行事

季節

分類 宗教


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 07:25 UTC 版)

(みそぎ)は、穢れを落とし自らを清らかにすることを目的とした、神道における水浴行為である。不浄を取り除く行為である祓(はらえ)の一種とされる[1]


  1. ^ 「禊」『日本大百科全書(ニッポニカ)』(小学館)
  2. ^ 『神道ガイド』村上書店 1996年1月30日発行222頁中108頁
  3. ^ 宗教年鑑 平成26年度 (文化庁編): 5. 
  4. ^ 神道の本―八百万の神々がつどう秘教的祭祀の世界 (NEW SIGHT MOOK Books Esoterica 2) ムック 1992/3-ISBNコード978-4-05-106024-4.判型210×145 ページ数230ページ108ページ


「禊」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 09:54 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「禊」の関連用語

禊のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



禊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
住吉大社住吉大社
Copyright (C) 2021 sumiyoshitaisha. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの禊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS