始動とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 始動 > 始動の意味・解説 

し‐どう【始動】

読み方:しどう

[名](スル)

動きはじめること。また、動かしはじめること。「新体制が―する」

特に、機械動きはじめること。機械の運転をはじめること。「エンジンが―する」


しどう【始動】

機械などが動き始めること。パチンコにおいてはデジタル回ったり羽根開いたりすること。

類…スタート

〜こう
【始動口】
パチンコにおいて、“ここに玉が入れば(または通過すればデジタル回ったり羽根開いたりするよ”という電気仕掛けスイッチ施されたチャッカーのこと。

始動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 07:52 UTC 版)

水銀灯」の記事における「始動」の解説

始動時は、主電極補助電極間のグロー放電から始まり、主電極間のアーク放電へと移行する。始動直後では水銀蒸気圧低く輝度も低いが、放電より内管の温度上昇するとともに水銀蒸発し輝度上昇する封入水銀完全に蒸発して安定するまで数分要する消灯直後水銀蒸気圧が高いため、発光管が冷えるまでは再点灯できないおおむね10分程度時間を要する

※この「始動」の解説は、「水銀灯」の解説の一部です。
「始動」を含む「水銀灯」の記事については、「水銀灯」の概要を参照ください。


始動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 07:44 UTC 版)

セグウェイ」の記事における「始動」の解説

セグウェイハンドル中央には、液晶画面用いたストップウォッチのような「Infokey)」という装置があり、この装置対角線上4つボタンがある。その左下ボタンを押す電源入りバッテリー容量や亀のマークでの最高速度設定など画面表示されるハンドル垂直に立てると足許にあるLED赤く点灯し地面と平行では無いことを示す。その状態で足を乗せるセグウェイ本体一瞬振動し搭乗不可という注意を出す。 ハンドル操縦可能な位置調整すると、足許LED緑色変化する。 以上で走行が可能となり、搭乗可能となる

※この「始動」の解説は、「セグウェイ」の解説の一部です。
「始動」を含む「セグウェイ」の記事については、「セグウェイ」の概要を参照ください。


始動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 09:20 UTC 版)

Honda IMAシステム」の記事における「始動」の解説

エンジンキーを捻ると、まず12V補機バッテリーからIMAシステムIPU電力供給されIMAバッテリーの力でIMAモーター回しガソリンエンジン始動する一般的なセルモーター使わず始動するため、セルモーター回転する高音大きな振動発生しない

※この「始動」の解説は、「Honda IMAシステム」の解説の一部です。
「始動」を含む「Honda IMAシステム」の記事については、「Honda IMAシステム」の概要を参照ください。


始動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/29 16:27 UTC 版)

クラレンス・スタイン」の記事における「始動」の解説

米国帰国後の1911年からニューヨークで設計活動開始深く保守的なゴシックリバイバル建築家バートラム・グロスウェナー・グッドヒューと、輝かし実績はあるが同様に保守的なパートナーラルフアダムス・クラムとで主宰する事務所「クラム・グッドヒュー・アンド・ファガーソン」に入所グッドヒュー事務所で3つの大規模プロジェクト貢献する。ひとつは1915年カリフォルニア州サンディエゴ企業城下町タイロン行われたパナマ·カリフォルニア博覧会会場計画現在のパルモア公園)で、1915年から1917年にかけてニューメキシコ炭鉱都市であるティロンのためのマスタープランカリフォルニア工科大学パサデナでの個々の建物設計である。 その後第一次世界大戦に、アメリカ陸軍工兵隊中尉として、従軍除隊後、再びニューヨークに戻る。1919年から、当時ニューヨーク州知事アルフレッド・スミス住宅政策ブレーンとなる。また、1919年から1920年まで、ニューヨーク州再開発委員会住宅部会長。ニューヨーク・シティクラブやハドソン・ギルド(ウエストサイド区の隣保事業団)などにも出入りし1923年から1926年まで、ニューヨーク州住宅広域計画委員会委員長を務める1921年ヘンリー・ライト出会い、またアメリカ建築家協会AIA)の住宅地都市計画に関する協議会中心となる

※この「始動」の解説は、「クラレンス・スタイン」の解説の一部です。
「始動」を含む「クラレンス・スタイン」の記事については、「クラレンス・スタイン」の概要を参照ください。


始動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 08:42 UTC 版)

ベタープレイス」の記事における「始動」の解説

この会社は、2007年10月29日シャイ・アガシによりプロジェクト・ベタープレイスProject Better Place)として公に開始された。2009年4月時点で、それはすでに$4億を調達しいくつかの国と州は税制優遇措置提供している2008年1月に、ベタープレイス世界初充電オペレーターERGOモデルイスラエル建設するためのルノー日産との了解覚書MOU)を発表した。その契約のもと、ベタープレイス充電網を建設しルノー日産電動輸送機器EV)を供給する2009年に、ベタープレイス数百充電ステーション配備する予定があり、この会社2011年広範囲配備へと進展するルノー2011年配備に合わせて交換可能電池備えた自動車開発するために3年で$6億を投じたルノーはメガーヌセダンのような現行自動車電動式モデルを、それでありながら同様のガソリンモデルに対して競争力のある価格提供することになっている

※この「始動」の解説は、「ベタープレイス」の解説の一部です。
「始動」を含む「ベタープレイス」の記事については、「ベタープレイス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「始動」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「始動」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



始動と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「始動」の関連用語

始動のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



始動のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの水銀灯 (改訂履歴)、セグウェイ (改訂履歴)、Honda IMAシステム (改訂履歴)、クラレンス・スタイン (改訂履歴)、ベタープレイス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS