ダメとは? わかりやすく解説

だ‐め【駄目】

読み方:だめ

[名・形動5原義

よくない状態にあること。また、用をなさない状態にあること。また、そのさま。「暑さ食べ物が—になる」「重病で、もう—らしい」「—なやつ」

効果がないこと。また、そのさま。むだ。「いくら頼んでも—だ」「—でもともと」

ようとしてできないことまた、そのさま。不可能。「これ以上歩けと言われてもとても—だ」

してはいけないこと。「ここでタバコ吸っては—だ」「黙って入っては—だ」

囲碁で、両者の境にあってどちらの所有にもならない目。

演劇などで、演出演技などの悪い点についての注意注文。「—が出る」


ダメ

地として価値のないところ。


ダメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/03 13:11 UTC 版)

ダメ駄目、だめ)は、囲碁用語のひとつ。

主に以下の二つの意味で用いられる[1]

  1. どちらから着手しても1目にもならない、価値のない着点[1]
  2. 石が取られるまでに必要な手数のこと[1]。「呼吸点」とも言う[2]

また、上記の 1. の意味から転じて、「効果がない」「役立たない」などを意味する日常用語としても使用される[3][4]。囲碁用語としてはもっぱら片仮名(もしくは漢字)で記載されるが、日常用語としては平仮名、片仮名、漢字いずれの表記も見られる。

価値のない場所

どちらのでもない着点で、終局前にここへ打ったとしても、1目の価値をも有していない点。例えば下のような終局図があった場合、aの点が「ダメ」となる。終局の際は、このダメを交互に全て埋める。その後死活の認識に双方の不一致が無ければ整地の作業に移り、勝敗が決定される。

ダメを埋める作業は「ダメ詰め」[5]あるいは「ダメ押し[3][6]と言う。「ダメ押し」は、「念のためにダメを押して勝敗を確認する作業」から転じ、「既に勝負が決まっている時に、さらに勝負を確実にするために念を押すこと」を意味する日常語としても用いられる[3][6]

なお、かつてはダメ詰めは終局後に行われるものであったが、1989年改定後の日本ルールでは、ダメ詰めの完了をもって終局となるようにルールが改定された[7]。ダメ詰めを終える前に「終わりですね」などと口にして双方が終局に合意するのは、「仮終局」として区別される[8][注 1]

この仮終局をめぐって議論となったのが、2002年の棋聖戦七番勝負第5局である。ダメ詰めの最中の着手が有効であるかが問題となり、ビデオ判定の末に仮終局の合意は成立していないことが確認され、対局再開後に柳時熏投了し終局となった[8]。この騒動以降、日本のプロ棋戦では、ダメ詰めに入っても何も言わずに双方が最後までダメを詰め切るようになったという[8]。詳細は柳時熏#2002年棋聖戦第5局を参照。

関連する用語

どちらから打ってもほとんど地が増えないような、価値の低い場所のことは「ダメ場」と呼ばれる[9]。自分がダメ場に打たされるのを避け、相手にダメ場を打たせるように仕向けるのは囲碁の戦術の一つである。

石の呼吸点

ある石に隣接した空点のこと。この点(呼吸点)が全て埋まる、すなわちダメが全て詰まった石は相手に取られる(囲碁のルール参照)。

例えば、下図の左上の黒石は、周囲の4点を白に囲まれると打ち抜かれる。この場合「黒にはダメが4つ空いている」という言い方をする。

右上の黒石は3子が繋がっており、ダメは6つである。

左下の黒石は2子が繋がっているが、周囲に白石が位置しており、ダメは1つしか空いていない。白にaと打たれると左下の黒石は2子とも取られる。このように、ダメが1つしか空いていない石のことを「アタリ」と言う。

ダメがいくつ空いているかは、攻め合いが発生した時などに重要になる。

また、ダメが多く詰まると様々な面で不利益を生じることがあるため、一般になるべく無駄なダメは詰めない方がよいとされる。この不利益を生じる状態は「ダメヅマリ」と呼ばれる。

脚注

注釈

  1. ^ なお、仮終局の合意が成立した場合は、その合意が有効になる[8]。合意が成立した局面を基準として、双方の地を算定する[8]

出典

  1. ^ a b c 囲碁用語 ダメ”. 日本囲碁連盟. 2024年1月27日閲覧。
  2. ^ 囲碁の基本:囲碁の打ち方 石は生きている”. 日本棋院. 2024年1月27日閲覧。
  3. ^ a b c 中島高幸 (2018年1月1日). “【囲碁の言葉たち】「一目置く」「駄目」「八百長」…実は囲碁由来の何げなく使っている言葉 現代の日常でも”. 産経ニュース. 2024年1月27日閲覧。
  4. ^ 小野慎吾 (2021年3月10日). “二十五手「囲碁由来の用語①」”. 新周南新聞社. 2024年1月27日閲覧。
  5. ^ Ⅱ日本囲碁規約(ルール)逐条解説”. 日本棋院. 2024年1月27日閲覧。
  6. ^ a b 結城命夫: “「駄目押し」考”. 早稲田大学知的財産法制研究所. 2024年1月27日閲覧。
  7. ^ Ⅳ 日本囲碁規約改定の概要”. 日本棋院. 2024年1月27日閲覧。
  8. ^ a b c d e 王銘琬『こんなに面白い世界の囲碁ルール』日本棋院、2019年、50-56頁。 
  9. ^ 《囲碁7級》大場とダメ場の違い。”. 沖縄県囲碁連盟 (2016年3月22日). 2024年1月27日閲覧。

ダメ (曖昧さ回避)

(ダメ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/18 13:03 UTC 版)

ダメ駄目



ダメ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 11:45 UTC 版)

名詞

ダメ

  1. 駄目カタカナ表記

「ダメ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ダメ」に関係したコラム

  • FXでダウ理論を用いるには

    ダウ理論(Dow Theory)とは、ダウ・ジョーンズの創設者のチャールズ・ダウ(Charles Henry Dow)が提唱した相場理論のことです。ダウ理論には以下の6つの基本法則があります。ファンダ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ダメ」の関連用語

ダメのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ダメのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
playGO.toplayGO.to
Copyright (C) 2024 playGO.to. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダメ (改訂履歴)、ダメ (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのダメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS