仮面とは? わかりやすく解説

か‐めん【仮面】

読み方:かめん

人間・動物などの顔をかたどって素顔にかぶるもの。マスク

本心素性を隠すもの。「とりすました人の—をはぐ」


仮面

読み方:カメンkamen

芸能用いられ、顔にあててその面相現わすものに扮する

別名 面(めん、おもて)


かめん 【仮面】

人間動物の顔作り、かぶりつけて、種々の宗教儀礼演劇用いる。マスク・面・おもて。東西共に原始時代から見られる当初は祖先崇拝呪術などの祭儀宗教的用具だった。だんだん発達して全面につけるもの(マスク)、顔の上または下につけるもの(マスケット)、着用しないもの(マスコイド)などがあり、動物面・死者面・神祇面・霊鬼面・人面・その他がある。古代ギリシア劇日本の伎楽能楽のような仮面劇宗教劇といってもよい。中国の譜(顔に模様を書く)は仮面から転化したものといい、それが日本の隈取にもなった。

ドビュッシー:仮面(マスク)

英語表記/番号出版情報
ドビュッシー:仮面(マスクMasques作曲年1904年  出版年1904年  初版出版地/出版社Durand 

作品解説

2012年3月 執筆者: 金田 真理子

1904年作曲された<仮面>は、当初、<ベルガマスク組曲>の一曲入れることが考えられていた。ドビュッシー歌曲にしたヴェルレーヌ詩集艶めく宴>のなかの<月の光>の一節に、"masques et bergamasques"とある。
ドビュッシーは<艶めく宴>にも描かれている華やかで滑稽であるが、その裏潜む哀しい運命テーマとしたイタリア喜劇ーコメディアデッラルテーに深い関心抱い ていた。
このイタリア喜劇に仮面は欠かせないドビュッシー学んだピアニストマルグリ ット・ロンは「仮面と題した音楽ピアノのためドラマともいえるでしょう。この作品は、ドビ ュッシー性質そのまま表しているように思えますドビュッシーは、皮肉でもって本心隠 そうとする痛ましい熱意とりつかれているのです。これは、イタリア喜劇ではなく人間存在悲劇的な表現なのです」と語った。仮面の持つ二面性は、曲を通して交互にあらわれ6/83/4リズム中間部との雰囲気コントラスト、また調性長調短調の間を揺れ動くことなどによって表現されている。

2007年8月 執筆者: 和田 真由子

1904年作曲され、《喜びの島とともに1905年初演が行われたが、あまり好評得られなかった。前年作曲された《版画》や、同時期かかれた他の作品と比べて低い評価を受けることがあるしかしながら美しく幻想的な旋律や、独特のリズムによって、"道化"のキャラクター生き生きと描きされているドビュッシー本曲において「人間存在悲劇的な表現」を目指したとされる。「きわめて快活に、そして幻想的に」との指示付記されている。


仮面

作者森鴎外

収載図書山椒大夫 高瀬舟森鴎外全集 5
出版社筑摩書房
刊行年月1995.10
シリーズ名ちくま文庫

収載図書鴎外全集 第4巻 小説 戯曲 4
出版社岩波書店
刊行年月1987.3


仮面

作者デーモン・ナイト

収載図書影が行くホラーSF傑作選
出版社東京創元社
刊行年月2000.8
シリーズ名創元SF文庫


仮面

作者バーナード・ケイプス

収載図書床に舞う渦―バーナード・ケイプス怪奇小説
出版社鳥影社
刊行年月2001.8


仮面

作者白石すみほ

収載図書全作短編小説集 第5巻
出版社のべる出版
刊行年月2005.6


仮面

作者林京子

収載図書長い時間をかけた人間の経験
出版社日本図書センター
刊行年月2005.6
シリーズ名林京子全集


仮面

作者藤田絢子

収載図書恋の泡―Love bubble
出版社日本文学館
刊行年月2005.7
シリーズ名ノベル倶楽部


仮面

作者ヒキタクニオ

収載図書東京ボイス
出版社講談社
刊行年月2006.4


仮面

作者金鶴泳

収載図書土の悲しみ金鶴泳作品集 2
出版社クレイン
刊行年月2006.4


仮面


仮面

作者砂場

収載図書短編世界
出版社創英社
刊行年月2008.6


仮面

作者勝目梓

収載図書夜のラビリンス
出版社光文社
刊行年月1987.9


仮面

作者アントン・チェーホフ

収載図書チェーホフ全集 1 喜び悲しみ
出版社筑摩書房
刊行年月1988.2

収載図書チェーホフ全集 2
出版社筑摩書房
刊行年月1994.3
シリーズ名ちくま文庫


仮面

作者矢田津世子

収載図書矢田津世子全集
出版社小沢書店
刊行年月1989.5

収載図書花蔭
出版社五城目町教育委員会
刊行年月2002.3
シリーズ名矢田津世子作品集


仮面

作者堀田和成

収載図書水霊の旅
出版社法輪出版
刊行年月1991.1

収載図書水霊の旅新装版
出版社法輪出版
刊行年月1992.8


仮面

作者萩原葉子

収載図書舞台
出版社中央公論社
刊行年月1992.11


仮面

作者眉村卓

収載図書日がわり一話
出版社出版芸術社
刊行年月1998.5


仮面

作者岡本綺堂

収載図書半七捕物帳 巻の4 〔詳註愛蔵版
出版社筑摩書房
刊行年月1998.9

収載図書半七捕物帳 4 十五夜御用心11
出版社春陽堂書店
刊行年月2000.2
シリーズ名春陽文庫

収載図書半七捕物帳 4 新装版
出版社光文社
刊行年月2001.12
シリーズ名光文社時代小説文庫


仮面

作者若林

収載図書銀の鈴三木探偵社のこと
出版社東洋出版
刊行年月1999.4


仮面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 03:23 UTC 版)

仮面(かめん)もしくはマスク: mask)とは、人体のうちの一部または全体に被るもの、または覆うものを指す。部まで覆うものを含めることもある。


  1. ^ 阿高黒橋貝塚」も参照。
  2. ^ 青森県八戸市是川石器時代遺跡・縄文時代中期前半(5300-5100年前)の土面が日本最古とされ、それまで国内最古とされていた徳島市矢野遺跡の土面を千年さかのぼる。読売新聞2021年11月13日土曜日付。
  3. ^ Comics in Crisis: So Many Masks”. 2017年5月28日閲覧。
  4. ^ http://www.uiowa.edu/~africart/
  5. ^ http://www.zyama.com/index.htm
  6. ^ 『青淵(せいえん)』 (渋沢栄一記念財団)、2007年12月号 (705号)
  7. ^ 『青淵』(渋沢青淵記念財団)、2005年5月号
  8. ^ http://shima3.fc2web.com/african-masks.htm
  9. ^ 仮面 著者:林勲男 2006年6月15日刊行 サイト:国立民族学博物館


「仮面」の続きの解説一覧

仮面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/14 21:52 UTC 版)

クラシックダンジョン 〜扶翼の魔装陣〜」の記事における「仮面」解説

マノアカズの各所見かけられる謎の仮面。

※この「仮面」の解説は、「クラシックダンジョン 〜扶翼の魔装陣〜」の解説の一部です。
「仮面」を含む「クラシックダンジョン 〜扶翼の魔装陣〜」の記事については、「クラシックダンジョン 〜扶翼の魔装陣〜」の概要を参照ください。


仮面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/07 14:50 UTC 版)

カメントツ」の記事における「仮面」解説

プロフィール写真イベントテレビ出演際は仮面(フルフェイスマスク)を装着し素顔公開しない現在の仮面はモノトーンのものだが、2016年ごろまでは左右銀色中央黄色目の部分黒色の仮面を装着していた。 「カメントツ」と名乗るようになったのは、ネット掲示板2ちゃんねる」にて「廃墟突撃スレッド」を立てた際に手作りマスク装着していたために「仮面で突(凸)撃」と呼ばれたことがきっかけである。「仮面凸」と漢字表であったが、Webメディアオモコロ」で漫画描き始める際、同メディア漫画分野先に活躍していた凸ノ高秀との被り避けカタカナ表記改めた。 『ビートたけしのTVタックル出演時に「なぜ仮面をつけているのか」と聞かれた際には「自身主人公とする漫画描いている以上、これから漫画家キャラ立てていかなくてはいけない」と語った自身のブログでは「単に恥ずかしがり屋だから」と語っている。

※この「仮面」の解説は、「カメントツ」の解説の一部です。
「仮面」を含む「カメントツ」の記事については、「カメントツ」の概要を参照ください。


仮面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 08:41 UTC 版)

キャラ (コミュニケーション)」の記事における「仮面」解説

古代から祭や儀式用いられる仮面は、遊戯的になにかを演じツールという意味ではキャラ類似したものであるといえる。しかし、思想家ロジェ・カイヨワによる遊びの4要素である「競争」「偶然」「模擬」「眩暈」 を軸に比較すると、仮面は「模擬」と「眩暈」を結合するものであるに対しキャラゲームでは「模擬」の要素はあっても「眩暈」の要素無いといえる。すなわち、仮面をつけることは他者演じることによって(眩暈起こすほどの陶酔を伴うような)「自我忘却」の状態を得ることになるが、キャラ他者演じるのではなく自分自身演じるという面があるため、「眩暈」の要素欠けているのである

※この「仮面」の解説は、「キャラ (コミュニケーション)」の解説の一部です。
「仮面」を含む「キャラ (コミュニケーション)」の記事については、「キャラ (コミュニケーション)」の概要を参照ください。


仮面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 15:07 UTC 版)

聖刻1092」の記事における「仮面」解説

狩猟機呪操兵は頭に、従兵機は殆どが胸に装着されている。

※この「仮面」の解説は、「聖刻1092」の解説の一部です。
「仮面」を含む「聖刻1092」の記事については、「聖刻1092」の概要を参照ください。


仮面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/05 15:28 UTC 版)

刻命館」の記事における「仮面」解説

ゲーム序盤手に入れことのできる5つの仮面。それぞれ異なった声を発し侵入者遠ざけたり逆におびき寄せたりすることができる使用際にMP消費する

※この「仮面」の解説は、「刻命館」の解説の一部です。
「仮面」を含む「刻命館」の記事については、「刻命館」の概要を参照ください。


仮面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 23:49 UTC 版)

天空侵犯」の記事における「仮面」解説

目と口だけ開けてあり、口角違いだけで表情を作っている形になっている

※この「仮面」の解説は、「天空侵犯」の解説の一部です。
「仮面」を含む「天空侵犯」の記事については、「天空侵犯」の概要を参照ください。


仮面(アクルカ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 15:43 UTC 版)

うたわれるもの 偽りの仮面」の記事における「仮面(アクルカ)」の解説

特殊な力を持つ仮面で、その力を使うと、超人的な力を操ることができる。だが力を使いすぎると、魂を仮面に食われてしまうという。劇中では4種類確認されており、形状や力の性質それぞれ異なる。前作におけるハクオロの仮面を参考にして作られたことが示唆されているが、ハクオロの仮面と異なり着脱は自由。アニメ版では仮面は4つだけでなく、試作されたと思われるものを含め多数作られていることが描かれている。

※この「仮面(アクルカ)」の解説は、「うたわれるもの 偽りの仮面」の解説の一部です。
「仮面(アクルカ)」を含む「うたわれるもの 偽りの仮面」の記事については、「うたわれるもの 偽りの仮面」の概要を参照ください。


仮面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 15:26 UTC 版)

おじゃる丸の登場人物一覧」の記事における「仮面」解説

コーヒー仮面 声 - 西村知道 初登場回 - 第1シリーズ31話『走れ! マスター』(放送日1998年11月16日マントと仮面を身につけている。仕事ごみ拾いなどをして町を綺麗にすること。 正体は、マイクマイク正体秘密にしているつもりだが、月光町の7割が知っている午後3時コーヒー仮面の出動時間電話ボックス着替えことがある衣装は、子供の頃マイクのもとに満月から降ってきたものである。それはマイクが、満月の夜に月夜ヶ池衣装落としてしまい、満月ロードを進む途中で子鬼トリオぶつかって弾き飛ばされたためで、「コーヒー仮面の衣装誰が作ったのか?」というタイムパラドックス生じることになった二代目コーヒー仮面をアオベエにしようとしたことがある月光町・コーヒー愛する心があり、適役とされたが、子鬼トリオリーダーという仕事あるため辞退される。 日本茶仮面 初登場回 - 第1シリーズ82話『どのお茶いちばん?』(放送日1999年1月28日マントと仮面を身につけてコーヒー仮面に対抗する仮面。仕事ごみ拾いなどをして町を綺麗にすること。 正体は、小林小林正体秘密にしているつもりだが、月光町の7割が知っている紅茶仮面 初登場回 - 第5シリーズ第2話(第362話)『お紅茶仮面』(放送日2002年4月2日マントと仮面を身につけている。仕事花畑をやって町をキレイにすること。 正体は、マリー。なお、初登場時地面開いた危険な穴を埋めるために登場したが、同じく紅茶仮面を名乗るうすいに役割をとられてしまった。 プリン仮面 初登場回 - 第11シリーズ83話(第983話)『プリン仮面 現る』(放送日2008年11月27日正体おじゃる丸おじゃる丸コーヒー仮面・日本茶仮面・紅茶仮面にあこがれて自分なりたい思い作ったプリン仮面になっている時は、「おじゃ」「まろ」「じゃの」などといった言葉使わない決めている。仮面はつけていない。 ほとんど人任せコーヒー仮面・日本茶仮面・紅茶仮面に迷惑をかけている。 おじゃる丸は、たった1日であきてしまった。 あんぱん仮面 初登場回 - 第12シリーズ61話(第1051話)『アンパン仮面あらわる』(放送日2009年11月30日正体川上さん。お腹空いている人がいたらビニール袋入っているあんぱんあげたりしている。きっかけ懸賞あんぱん1年分があたってしまい食べきれないため。 おフロ仮面 初登場回 - 第17シリーズ第25話(第1443話)『おフロ仮面 現る』(放送日2014年5月2日正体カズマなかなか、お風呂入らないおじゃる丸風呂入らせようと奮闘するコーヒー仮面ことマイク相談し、おフロ仮面になったミルク仮面 初登場回 -

※この「仮面」の解説は、「おじゃる丸の登場人物一覧」の解説の一部です。
「仮面」を含む「おじゃる丸の登場人物一覧」の記事については、「おじゃる丸の登場人物一覧」の概要を参照ください。


仮面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 15:49 UTC 版)

獣の奏者」の記事における「仮面」解説

アニメのみ登場真王の命を狙う謎の集団実際にはダミヤが<血と穢れ>に見せかけて操る兵士だった。

※この「仮面」の解説は、「獣の奏者」の解説の一部です。
「仮面」を含む「獣の奏者」の記事については、「獣の奏者」の概要を参照ください。


仮面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 08:42 UTC 版)

ジェイソン・ボーヒーズ」の記事における「仮面」解説

ジェイソン一般的な特徴として、ホッケーマスクを被っているというものがあるが、ジェイソン初登場する第2作では、穴の空いた麻袋被っている。これは幼少期に湖に投げ込まれ溺れさせられ直前被らされた物であり、また自らの奇形の顔にコンプレックスを持っていたジェイソンにとって無くてはならないであった。 ホッケーマスクを被ったのは第3作からであり、被害者一人であるシェリー友人脅か為に被っていた物を奪い取って使用している第6作では、第4作殺人生き延びたトミーが、ジェイソン火葬する際用意した物を奪い第8作では最初の被害者ジェイソンごっこをして遊んでいたのを殺して奪い取り、リメイク版では当初は第2作同様に布袋被っていたが、クリスタルレイク湖畔に住む農夫殺害した際に傍らに落ちていたのを見つけてそのまま被ったもので、いずれも本人が元から持っていたものではない。 常にマスクかぶって顔を隠しているが、第8作では自分からマスク外して素顔をさらし、絡んできたチンピラ達を追い払った経験がある

※この「仮面」の解説は、「ジェイソン・ボーヒーズ」の解説の一部です。
「仮面」を含む「ジェイソン・ボーヒーズ」の記事については、「ジェイソン・ボーヒーズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「仮面」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「仮面」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



仮面のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仮面 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクラシックダンジョン 〜扶翼の魔装陣〜 (改訂履歴)、カメントツ (改訂履歴)、キャラ (コミュニケーション) (改訂履歴)、聖刻1092 (改訂履歴)、刻命館 (改訂履歴)、天空侵犯 (改訂履歴)、うたわれるもの 偽りの仮面 (改訂履歴)、おじゃる丸の登場人物一覧 (改訂履歴)、獣の奏者 (改訂履歴)、ジェイソン・ボーヒーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS