革命とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > 革命 > 革命の意味・解説 

かく‐めい【革命】

読み方:かくめい

《「易経」革卦の「湯武命を革(あらた)め、天に順(したが)いて人に応ず」から》

被支配階級時の支配階級倒して政治権力握り政治・経済・社会体制根本的に変革すること。フランス革命ロシア革命など。

物事急激に発展変革すること。「産業―」「流通―」

「其精神(こころ)の内部(なか)の―が丑には猛烈に起って来て」〈藤村破戒

古代中国で、天命改まり、王朝変わること。

陰陽道(おんようどう)で、辛酉(しんゆう)の年のこと。争乱が多いとされて、改元などが行われた。→三革

[補説] 作品名別項。→革命


かくめい【革命】


革命

読み方:カクメイkakumei

辛酉の年。また易姓革命。


革命

作者倉橋由美子

収載図書倉橋由美子怪奇掌篇
出版社新潮社
刊行年月1988.3
シリーズ名新潮文庫

収載図書大人のための怪奇掌篇
出版社宝島社
刊行年月2006.2

収載図書大人のための怪奇掌篇
出版社宝島社
刊行年月2008.7
シリーズ名宝島社文庫


革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/02 04:54 UTC 版)

革命かくめい: revolution)は、権力体制や組織構造の抜本的な社会変革、あるいは技術革新などが比較的に短期間で行われることである。対義語は守旧反動反革命など。


注釈

  1. ^ 但し、これらの国家の性格についてはマルクス主義内部に異論がある。トロツキズムでは労働者国家と呼び、これを官僚制集産主義や国家資本主義とする説もある。
  2. ^ 今後中国、ベトナム、ラオスが革命で民主化しても、反共産主義革命と呼ぶべきではないだろう。
  3. ^ 産経新聞2000年8月7日東京朝刊「私が選んだ20世紀の十大ニュース」(2)A・ヤコブレフ氏 「二十世紀は意味のない革命の世紀でもあった。社会主義国家ソ連を生んだロシア革命は世界の人々に希望を与えたわけではない。ロシア革命は、ボリシェビキが暴力で権力を奪取するために起こした単なるクーデターで、革命とはいえない。これはファシズムや日本の軍国主義と同様に犯罪である。」「革命の父といわれるレーニンは、犯罪国家を作ったにすぎない。ソ連の誕生はファシズムと同様に独裁体制の台頭の1つに過ぎない。」
  4. ^ イギリス議会とオランダ統領ウィリアム3世による政権奪取(クーデター)という説もある。
  5. ^ 学説によっては七月革命と呼称。
  6. ^ 学説によっては三月革命と呼称。
  7. ^ 学説によっては二月革命と呼称。
  8. ^ 十月革命は、クーデターであったとする説もある。
  9. ^ 指導的思想は、マルクス主義から主体思想(金日成・金正日主義)に取り替えられた。
  10. ^ 毛沢東死後の状況からすると、鄧小平らを「走資派」とした評価自体は正確だった。

出典

  1. ^ "revolution". Oxford English Dictionary (3rd ed.). Oxford University Press. September 2005. (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  2. ^ Richard Pipes, A Concise History of the Russian Revolution
  3. ^ 小林良彰著「明治維新とフランス革命」(三一書房 1988年12月)
  4. ^ Calvin W. Lew “The Meiji Restoration”
  5. ^ 頴原善徳 2012, p. 38-39.
  6. ^ 山下威士 2008, p. 7.
  7. ^ 山下威士 2008, p. 9.
  8. ^ 友田錫著「裏切られたベトナム革命―チュン・ニュー・タンの証言」(中央公論社 1986年11月)
  9. ^ 世界遺産都市で墓を破壊=イスラム過激派-マリ北部(時事通信、2012年7月1日)
  10. ^ 南利明 & 1998年, pp. 97.


「革命」の続きの解説一覧

革命(六月暴動)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 17:43 UTC 版)

レ・ミゼラブル 少女コゼット」の記事における「革命(六月暴動)」の解説

6月5日ラマルク将軍葬儀をきっかけに“革命”が勃発パリ市内にいくつもバリケード作られたABCの友メンバー居酒屋・コラントのあるシャンヴルリー通りにバリケード築き警察と戦う。これにガヴローシュエポニーヌらも加わる。

※この「革命(六月暴動)」の解説は、「レ・ミゼラブル 少女コゼット」の解説の一部です。
「革命(六月暴動)」を含む「レ・ミゼラブル 少女コゼット」の記事については、「レ・ミゼラブル 少女コゼット」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「革命」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

革命

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 23:44 UTC 版)

名詞

かくめい

  1. 被支配階級支配階級から国家権力奪い取り政治経済などの社会構造根本的覆すこと。
  2. 物事急激発展変革すること。
  3. 王朝改まること。
  4. (トランプゲーム) 大富豪/大貧民における基本ルール一つ。同じランクカード4を出すと発生するのが一般的で、2が最も弱く、3が最も強いカードになる。複数回革命が発生すると、その回数だけ最も強いカード弱いカード入れ替わる

発音(?)

か↗くめー

由来

易経『革卦』 『湯武革命、順乎天而應乎人』より

類義語

複合語・派生語

翻訳


「革命」の例文・使い方・用例・文例




革命と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「革命」の関連用語

革命のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



革命のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの革命 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのレ・ミゼラブル 少女コゼット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの革命 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS