金沢とは? わかりやすく解説

かなざわ〔かなざは〕【金沢】


かなざわ〔かなざは〕【金沢】


金沢

作者吉田健一

収載図書金沢・酒宴
出版社講談社
刊行年月1990.11
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書吉田健一集成 7
出版社新潮社
刊行年月1993.9


金沢


金沢


金沢


金沢


金沢

読み方:カネサワ(kanesawa)

所在 千葉県市原市


金沢

読み方:カネザワ(kanezawa)

所在 岩手県上閉伊郡大槌町


金沢

読み方:カネザワ(kanezawa)

所在 秋田県横手市


金沢

読み方:カネザワ(kanezawa)

所在 秋田県仙北郡美郷町


金沢

読み方:カネザワ(kanezawa)

所在 山形県鶴岡市


金沢

読み方:カネザワ(kanezawa)

所在 山形県南陽市


金沢

読み方:カネザワ(kanezawa)

所在 山形県東村山郡中山町


金沢


金沢

読み方:カネザワ(kanezawa)

所在 福島県東白川郡矢祭町


金沢

読み方:カネザワ(kanezawa)

所在 栃木県那須塩原市


金沢

読み方:カネザワ(kanezawa)

所在 埼玉県秩父郡皆野町


金沢

読み方:カネザワ(kanezawa)

所在 静岡県裾野市


金沢


金沢


金沢


金沢


金沢


金沢

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

金沢

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

金沢市

(金沢 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/14 08:58 UTC 版)

金沢市(かなざわし)は、石川県のほぼ中央に位置する。石川県の県庁所在地および人口が最多の市で、中核市保健所政令市中枢中核都市に指定されている。旧石川郡及び河北郡


注釈

  1. ^ 石川県・福井県は雨が多く「弁当忘れても傘忘れるな」という言葉がよく使われる。加藤迪男『お国柄ことばの辞典』(東京堂出版p.99f)では「富山浄瑠璃加賀謡」という言葉を紹介している。
  2. ^ 『金沢市統計書』では明治5年12月末とある。
  3. ^ 金沢市西念:震度5強、金沢市弥生:震度5弱
  4. ^ 泉町・泉新町・有松町・芦中町・地黄煎町・六斗林一丁目・六斗林二丁目・六斗林三丁目・六斗林弓ノ町・桃畠町・三間道・桜木一ノ小路・桜木二ノ小路・桜木三ノ小路・桜木四ノ小路・桜木五ノ小路・桜木六ノ小路・桜木七ノ小路・桜木八ノ小路・桜木九ノ小路・桜木十ノ小路・沼田町・茶畠一ノ小路・茶畠二ノ小路・堀込町・笹下町一ノ小路・笹下町二ノ小路・笹下町三ノ小路・泉寺町・桜畠一番丁・桜畠二番丁・桜畠三番丁・桜畠四番丁・桜畠五番丁・桜畠六番丁・桜畠七番丁・桜畠八番丁・桜畠九番丁・桜畠十番丁・長良町・野田寺町一丁目・野田寺町二丁目・野田寺町三丁目・野田寺町四丁目・野田寺町五丁目・上石伐町・下石伐町・仙人町・蛤坂町・蛤坂新道・野町一丁目・野町二丁目・野町三丁目・野町四丁目・野町五丁目・野町六丁目・石坂角場一番丁・石坂角場二番丁・石坂角場三番丁・石坂角場四番丁・石坂角場五番丁・石坂角場六番丁・石坂角場七番丁・石坂角場八番丁・石坂角場九番丁・石坂角場十番丁・石坂角場十一番丁・石坂角場十二番丁・石坂与力町・上小柳町・下小柳町・南石坂町・石坂川岸町・本馬町・石坂町・助九郎町・北石坂町・北石坂新町・裏五十人町・白菊町・裏千日町・千日町・西側町・五十人町・片町・河原町・大工町竪町上柿木畠下柿木畠・里見町・広坂通・十三間町・十三間町中丁上本多町一番丁・上本多町二番丁・上本多町川御亭・中本多町一番丁・中本多町二番丁・中本多町三番丁・中本多町四番丁・中本多町欠下丁・中本多町短丁・下本多町一番丁・下本多町二番丁・下本多町三番丁・下本多町四番丁・下本多町五番丁・下本多町六番丁池田町一番丁・池田町二番丁・池田町三番丁・池田町四番丁・池田町立丁・水溜町・上川除町・杉浦町・油車・鱗町新竪町一丁目・新竪町二丁目・新竪町三丁目・百姓町・茨木町・上主馬町・中主馬町・下主馬町・主馬町広丁・山田屋小路一番丁・山田屋小路二番丁・川岸町・枝町・中川除町・早道町・藤棚・川上新町一丁目・川上新町二丁目・川上新町三丁目・石浦新町・松本町・角場川岸町・菊川町・梅ヶ枝町・中野町一番丁・中野町二番丁・中野町三番丁・平野町・上野町・小立野新町・松下町・揚地町・一本松・上笠舞町・下笠舞町・上鶴間町・下鶴間町・元鶴間町・上石引町・中石引町・下石引町・与力町一番丁・与力町二番丁・与力町三番丁・与力町四番丁・白山町・山崎町・河内町・二十人町一番丁・二十人町二番丁・二十人町三番丁・二十人町四番丁・新坂町・上欠原町・中欠原町・下欠原町・上鷹匠町・中鷹匠町・下鷹匠町・出羽一番丁・出羽二番丁・出羽三番丁・出羽四番丁・出羽五番丁・上弓ノ町・中弓ノ町・下弓ノ町・三所町・土取場城端町・土取場撞木町・土取場永町・上安藤町・中安藤町・下安藤町・上百々女木町・下百々女木町・大音町・飛梅町・長柄町・新長柄町・手木町・台所町一番丁・台所町二番丁・台所町三番丁・台所町四番丁・台所町五番丁・台所町六番丁・台所町七番丁・上富山町・下富山町・田町新道・三十人町・天神町一丁目・天神町二丁目・天神町三丁目・天神町四丁目・板前町・品川町・田町・火除町・桜町一番丁・桜町二番丁・桜町三番丁・桜町四番丁・桜町五番丁・桜町六番丁・吹屋町・銀杏町・川端町・馬場崎町・九枚町・裏御小人町・材木町一丁目・材木町二丁目・材木町三丁目・材木町四丁目・材木町五丁目・材木町六丁目・材木町七丁目・森町一番丁・森町二番丁・森町三番丁・木曽町・成瀬町・八坂・柿木町・御小人町・十間町・博労町・上近江町・下近江町・上今町・下今町・大手町・殿町・中町・上胡桃町・下胡桃町・梅本町・梅本町東横丁・梅本町西横丁・尾張町・上新町・下新町主計町・児玉小路・味噌蔵町上中丁・味噌蔵町下中丁・味噌蔵町間ノ町・味噌蔵町片原町・味噌蔵町裏丁・橋場町・九人橋下通・又五郎町・玄蕃町一番丁・玄蕃町二番丁・玄蕃町三巡り・備中町・並木町・並木下町・小将町一番丁・小将町二番丁・小将町三番丁・小将町中丁・小尻谷町・尻垂坂通一丁目・尻垂坂通二丁目・尻垂坂通三丁目・賢坂辻通・越中町・横山町一番丁・横山町二番丁・横山町三番丁・浅野川上川除町・上堤町・下堤町・袋町青草町・栄町・松ヶ枝町・石屋小路・南町・上松原町・下松原町・高岡町・高岡町上藪ノ内・高岡町中藪ノ内・高岡町下藪ノ内・長町河岸・石浦町・仙石町・木倉町・大藪小路・長町一番丁・長町二番丁・長町三番丁・長町四番丁・長町五番丁・長町六番丁・長町七番丁・長町八番丁・南長門町・北長門町・上伝馬町・下伝馬町・横伝馬町・裏伝馬町・塩川町・富本町・裏古寺町・犀川下川除町・宝船路町・古寺町・茶木町・古藤内町・西馬場町・西御影町・新川除町・元車町・竹田町・大豆田町・梅鉢清水・高儀町・谷町・大豆田新町・下高儀町・七曲り・福富町・藺田町・蔦町・宗叔町一番丁・宗叔町二番丁・宗叔町三番丁・宗叔町四番丁・宗叔町五番丁・玉川町・穴水町一番丁・穴水町二番丁・穴水町三番丁・穴水町四番丁・穴水町五番丁・長土塀通・長土塀一番丁・長土塀二番丁・長土塀三番丁・長土塀四番丁・長土塀五番丁・長土塀六番丁・三社町・三社弓ノ町・三社五十人町一番丁・三社五十人町二番丁・三社五十人町三番丁・三社川岸・三社垣根町・三社宮ノ前・三社宮ノ後・三社山田町・古道・古道一番丁・古道二番丁・木揚場・三構・勝尾町・元菊町・西町一番丁・西町二番丁・西町三番丁・西町四番丁・西町藪ノ内通・折違町・日吉町・醒ヶ井町・大隅町・深川町・中橋町・長田町・長田弓ノ町一番丁・長田弓ノ町二番丁・長田弓ノ町三番丁・桶町安江町・横安江町・裏安江町一番丁・裏安江町二番丁・母衣町彦三一番丁・彦三二番丁・彦三三番丁・彦三四番丁・彦三五番丁・彦三六番丁・彦三七番丁・彦三八番丁・塩屋町・下塩屋町・五宝町・瓢箪町・岩根町・堀川間ノ町・笠市町・古餌指町・巴町・東堀川町・西堀川町・中堀川町・堀川角場町・淵上町・七ツ屋町・荒町一丁目・荒町二丁目・荒町三丁目・此花町・白銀町・七宝町・新道・弓ノ町・鍛冶町・鍛冶片原町・象眼町・芳斎町・英町・六枚町柳町・島田町・田丸町・玉井町・木ノ新保一番丁・木ノ新保二番丁・木ノ新保三番丁・木ノ新保四番丁・木ノ新保五番丁・木ノ新保六番丁・木ノ新保七番丁・上小川町・下小川町・森下町・大衆免中通・大衆免横町・大衆免竪町・大衆免七曲り・大衆免亀淵町・大衆免片原町・大衆免井波町・上牧町・中牧町・下牧町・平折町・立川町・御仲間町・金屋町・裏金屋町・観音町一丁目・観音町二丁目・観音町三丁目・御歩町一番丁・御歩町二番丁・御歩町三番丁・御歩町四番丁・御歩町五番丁・豊国町・八幡町・木綿町・子来町末広町東御影町常盤町・木町一番丁・木町二番丁・木町三番丁・木町四番丁・卯辰下町・卯辰高町・鶯町・愛宕一番丁・愛宕二番丁・愛宕三番丁・愛宕四番丁・東馬場町・水車町・馬場一番丁・馬場二番丁・馬場三番丁・馬場四番丁・馬場五番丁・馬場六番丁・小橋町・浅野町・下浅野町・浅野新町・上中島町・下中島町・梅沢町・高道町・高道新町・森山町一番丁・森山町二番丁・森山町三番丁・森山町四番丁・森山町五番丁・山ノ上町一丁目・山ノ上町二丁目・山ノ上町三丁目・山ノ上町四丁目・上田町・同心町・談議所町・春日町一丁目・春日町二丁目・春日町三丁目・春日町四丁目・春日町五丁目・上大樋町・下大樋町・山下町
  5. ^ 2014年8月18日に辞職し、出直し市長選で再選。
  6. ^ かつては実店舗である金沢支店を置いていたが、2018年6月29日をもって本店(東京都中央区)内にブランチインブランチとなり、同時にカナザワ支店へ改称された。
  7. ^ 全国では、県内にJRの路線が存在しない那覇市沖縄県)も該当する。
  8. ^ 金沢市、かほく市、白山市(旧松任市、美川町)、野々市市(旧野々市町)、津幡町、内灘町
  9. ^ なお、2019年度(令和元年度)の観光客数は、1,067.6万人。うち兼六園は270.4万人(約25%)。

出典

  1. ^ 2015年 大都市雇用圏統計データ”. 東京大学. 2023年8月22日閲覧。
  2. ^ かなざわ積雪情報
  3. ^ 平年値ダウンロード”. 気象庁. 2023年9月閲覧。
  4. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2023年9月閲覧。
  5. ^ Climate Normals 1961-1990”. アメリカ海洋大気庁. 2016年8月15日閲覧。
  6. ^ 産総研地質調査総合センター
  7. ^ 瀬戸薫「金沢城と前田利家」大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』戎光祥出版、2016年、p. 265。「付記」(2008年に記された原論文には記載されていないので注意)
  8. ^ 『経済で読み解く日本史 室町・戦国時代』株式会社飛鳥新社、2019年6月9日。 
  9. ^ 『越登賀三州志』石川県図書館協会、1933年、79頁。 
  10. ^ 『城端町の歴史と文化』城端町史編集委員会。 
  11. ^ 『加賀藩史話』能登印刷株式会社出版部、1988年1月1日。 
  12. ^ 『百万石の光と影』地方・小出版流通センター、1988年5月1日。 
  13. ^ 明治前期における旧加賀藩主前田家の資産と投資決定過程 -藩政から華族家政へ- 松村敏
  14. ^ 瀬戸薫「金沢城と前田利家」(初出:『加能史料研究』第20号(2008年)/所収:大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』戎光祥出版、2016年。ISBN 978-4-86403-207-0
  15. ^ 大西泰正「織豊期前田氏権力の形成と展開」(所収:大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』戎光祥出版、2016年、pp. 14-16。ISBN 978-4-86403-207-0
  16. ^ 『加賀藩の宗教政策と芦隙寺・ 岩隙寺』米原寛。 
  17. ^ 『加賀藩・富山藩の社会経済史研究』文献出版、1982年。 
  18. ^ 『新井白石全集』(第6巻) p. 673
  19. ^ a b c 土屋敦夫「金沢の人口変遷―その1 藩政期人戸数と人口―」『金沢工業大学研究紀要A』11号、1979年、pp. 125–155。
  20. ^ a b 土屋敦夫「金沢の人口変遷―その2 藩政期武士戸数と人口―」『金沢工業大学研究紀要A』14号、1980年、pp. 145–177。
  21. ^ 土屋敦夫「金沢の人口変遷―その3 戸籍による人口戸籍統計 (明治5年〜大正8年)―」『金沢工業大学研究紀要A』18号、1982年、pp. 99–148
  22. ^ 金沢市史編さん委員会『金沢市史 資料編6 近世四 町政と城下』金沢市、2000年。
  23. ^ 金沢十九枚御絵図及び関係資料 78点”. 石川県 (2021年1月29日). 2021年5月2日閲覧。
  24. ^ 土屋喬雄, 『封建社会崩壊過程の研究』, 弘文堂, 1927.
  25. ^ a b 斎藤誠治「江戸時代の都市人口」『地域開発』9月号、1984年、pp. 48–63
  26. ^ 『『季刊社会学』2輯』東京社会科学研究所、1931年、108-109頁。 
  27. ^ 日外アソシエーツ編集部 編『日本災害史事典 1868-2009』日外アソシエーツ、2010年9月27日、28頁。ISBN 9784816922749 
  28. ^ 金沢の歴史(通史)|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月20日閲覧。
  29. ^ 金沢市勢要覧|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 『金沢市勢要覧2023』. 金沢市. p. 6. 2023年10月20日閲覧。
  30. ^ 金沢美術工芸大学. “沿革”. 金沢美術工芸大学. 2023年10月20日閲覧。
  31. ^ 第2回大会の概要 - 国民体育大会 - JSPO”. 日本スポーツ協会. 2023年10月20日閲覧。
  32. ^ 原武史『昭和天皇御召列車全記録』新潮社、2016年9月30日、98頁。ISBN 978-4-10-320523-4 
  33. ^ a b c 沿革|病院概要|当院の紹介|石川県立中央病院”. 石川県立中央病院. 2023年10月21日閲覧。
  34. ^ 沿革(金沢大学の伝統)”. 金沢大学. 2023年10月20日閲覧。
  35. ^ a b c d e f g h i j k 沿革 - 金沢市図書館”. 金沢市図書館. 2023年10月20日閲覧。
  36. ^ 金沢百万石まつりとは”. 金沢百万石まつり実行委員会. 2023年10月20日閲覧。
  37. ^ a b c d e f g h i j k l 金沢市の都市宣言|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月20日閲覧。
  38. ^ 「金沢歌劇座あり方検討懇話会 取りまとめ」”. 金沢市. p. 2. 2023年10月20日閲覧。
  39. ^ 気象庁|過去の気象データ検索”. 気象庁. 2023年10月20日閲覧。
  40. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ昭和38年~昭和39年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  41. ^ 『金沢市中央卸売市場 再整備基本構想【概要版】』”. 金沢市. p. 2. 2023年10月20日閲覧。
  42. ^ 【よみがえる鉄路の記憶 西脇恵さん撮影】 役目を終えた車両 解体:北陸中日新聞Web”. 中日新聞Web (2020年10月19日). 2023年10月20日閲覧。
  43. ^ 『平成27年度 環境局清掃事業概要(26年度実績)』”. 金沢市市政情報デジタルライブラリー. p. 39. 2023年10月20日閲覧。
  44. ^ a b 石川県. “県政の主なあゆみ昭和44年~昭和45年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  45. ^ 金沢市の「市の木」、「市の花」は何ですか|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月20日閲覧。
  46. ^ 金沢港”. 国土交通省北陸地方整備局. 2023年10月20日閲覧。
  47. ^ 石川県. “奥卯辰山健民公園(金沢市)”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  48. ^ 北陸道初の開通から40周年!~石川県内のSA・PAでプレゼントをゲットしよう!~ | 2014年2月以前のニュースリリース | プレスルーム | 企業情報 | 高速道路・高速情報はNEXCO 中日本”. NEXCO中日本. 2023年10月21日閲覧。
  49. ^ 加賀本多家の歴史・名品 加賀本多博物館”. 加賀本多博物館. 2023年10月21日閲覧。
  50. ^ a b 石川県. “県政の主なあゆみ昭和48年~昭和49年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  51. ^ 「武蔵ヶ辻第二、武蔵ヶ辻第四」”. 公益社団法人 全国市街地再開発協会. 2023年10月20日閲覧。
  52. ^ a b 『保健衛生関係年表』”. 金沢市 健康政策課. 2023年10月20日閲覧。
  53. ^ 【まちネタ】内部も重厚な金融機関の趣が感じられる「尾張町町民文化館」”. いいじ金沢. 2023年10月21日閲覧。
  54. ^ a b 石川県. “県政の主なあゆみ昭和52年~昭和53年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  55. ^ 施設概要”. 石川県観光物産館. 2023年10月21日閲覧。
  56. ^ 石川県立武道館 - 施設案内”. 石川県立武道館. 2023年10月21日閲覧。
  57. ^ 市民憲章|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月20日閲覧。
  58. ^ 全国高等学校総合文化祭開催実績及び予定 | 文化庁”. 文化庁. 2023年10月21日閲覧。
  59. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ昭和54年~昭和55年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  60. ^ ホール | 施設概要”. www.bunka-h.gr.jp. 2023年10月20日閲覧。
  61. ^ 第1章第3節1 テレトピア計画の推進とモデル都市の指定 : 昭和60年版 通信白書”. 総務省. 2023年10月20日閲覧。
  62. ^ 兼六園の歴史|兼六園”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  63. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ 昭和60年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  64. ^ 昭和60年度全国高等学校総合体育大会日程と競技会場および観覧客数”. 公益財団法人 全国高等学校体育連盟. 2023年10月21日閲覧。
  65. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ 昭和60年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  66. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ昭和61年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  67. ^ 博物館の紹介|石川県立歴史博物館”. i. 石川県立歴史博物館. 2023年10月21日閲覧。
  68. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ昭和61年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  69. ^ 『金沢市企業局経営戦略2022』”. 金沢市. p. 60. 2023年10月20日閲覧。
  70. ^ 加賀染振興協会 | 加賀友禅 KAGAYUZEN」”. 協同組合 加賀染振興協会. 2023年10月21日閲覧。
  71. ^ オーケストラ・アンサンブル金沢 | オーケストラ・アンサンブル金沢”. オーケストラアンサンブル金沢. 2023年10月21日閲覧。
  72. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ昭和63年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  73. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ平成元年 後期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  74. ^ 工房概要”. 金沢卯辰山工芸工房. 2023年10月20日閲覧。
  75. ^ ちょっと昔の金沢 | 金沢のくらし | 金沢くらしの博物館”. 金沢くらしの博物館. 2023年10月20日閲覧。
  76. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ平成2年 前期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  77. ^ 一般社団法人日本野球機構、一般財団法人全日本野球協会. “野球伝来150年特設サイト”. 野球伝来150年特設サイト. 2023年10月20日閲覧。
  78. ^ 金沢駅西広場”. 金沢市市政情報デジタルライブラリー. p. 2. 2023年10月20日閲覧。
  79. ^ 第46回大会の概要 - 国民体育大会 - JSPO”. 公益財団法人 日本スポーツ協会. 2023年10月20日閲覧。
  80. ^ 北陸新幹線のあゆみ【北陸新幹線建設促進同盟会】”. 北陸新幹線建設促進同盟会. 2023年10月20日閲覧。
  81. ^ 国民文化祭 過去の開催状況”. 文化庁. 2023年10月20日閲覧。
  82. ^ 金沢ふるさと偉人館について | 金沢ふるさと偉人館”. 金沢ふるさと偉人館. 2023年10月20日閲覧。
  83. ^ a b 『金沢市文化芸術アクションプラン』”. 金沢市. p. 9. 2023年10月20日閲覧。
  84. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ平成7年 前期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  85. ^ 中核市の情報 | 中核市市長会”. 中核市市長会. 2023年10月20日閲覧。
  86. ^ 金沢子育てお役立ちウェブ のびのびビ~ノ”. 金沢市こども未来局. 2023年10月20日閲覧。
  87. ^ 旧町名復活の推進について”. 金沢市. 2023年10月20日閲覧。
  88. ^ 泉鏡花記念館 | 全国文学館協議会”. 全国文学館協議会. 2023年10月20日閲覧。
  89. ^ 持続可能な金沢ふらっとバスの運行に関する検討会|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月20日閲覧。
  90. ^ 館の概要 | 金沢湯涌夢二館”. 金沢湯涌夢二館. 2023年10月20日閲覧。
  91. ^ ABOUT-プレーゴについて|プレーゴ【PREGO】|金沢市片町のショッピングモール”. 株式会社金沢商業活性化センター(TMO). 2023年10月20日閲覧。
  92. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ平成13年 後期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  93. ^ 全国都市緑化フェアの開催一覧”. 公益財団法人都市緑化機構 (2015年4月15日). 2023年10月20日閲覧。
  94. ^ 石川県立音楽堂 : 全国劇場・音楽堂等総合情報サイト | 公益社団法人全国公立文化施設協会”. 公益社団法人全国公立文化施設協会. 2023年10月21日閲覧。
  95. ^ 博覧会資料COLLECTION 加賀百万石博”. 株式会社乃村工藝社 / NOMURA Co.,Ltd.. 2023年10月22日閲覧。
  96. ^ 前田土佐守家資料館”. 株式会社トータルメディア開発研究所. 2023年10月20日閲覧。
  97. ^ 第17回海の祭典開催!”. 国土交通省. 2023年10月21日閲覧。
  98. ^ 館の概要 | 室生犀星記念館”. 室生犀星記念館. 2023年10月20日閲覧。
  99. ^ 新石川県庁舎 業務開始”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  100. ^ 『平成27年度 環境局清掃事業概要 (26年度実績)』”. 金沢市市政情報デジタルライブラリー. p. 42. 2023年10月20日閲覧。
  101. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ平成15年 前期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  102. ^ 教育プラザの概要|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月20日閲覧。
  103. ^ 施設沿革 | 施設概要”. 金沢湯涌創作の森. 2023年10月20日閲覧。
  104. ^ 卯辰山公園健康交流センター千寿閣の施設概要”. 金沢市. 2023年10月20日閲覧。
  105. ^ ジョブカフェ石川とは”. ジョブカフェ石川. 2023年10月21日閲覧。
  106. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ平成16年 後期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  107. ^ 金沢21世紀美術館”. 金沢21世紀美術館. 2023年10月20日閲覧。
  108. ^ 10年で変わった金沢 金沢駅”. 金沢日和. 2023年10月20日閲覧。
  109. ^ ”自然主義文学”の大家 徳田秋聲 | 徳田秋聲記念館”. 徳田秋聲記念館. 2023年10月20日閲覧。
  110. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ平成17年 後期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  111. ^ 金沢文芸館って | 当館の概要 | 金沢文芸館”. 金沢文芸館. 2023年10月20日閲覧。
  112. ^ 『兼六園周辺文化の森地域計画』”. 文化庁. pp. 38-39. 2023年10月20日閲覧。
  113. ^ ご当地ナンバーの導入状況と車両数”. 国土交通省. pp. 1-2. 2023年10月20日閲覧。
  114. ^ いしかわ総合スポーツセンター │ NEWS&TOPICS”. 石川県スポーツ協会グループ. 2023年10月21日閲覧。
  115. ^ 石川四高記念文化交流館”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  116. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ平成20年 前期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  117. ^ 歴史まちづくり:歴史的風致維持向上計画認定状況について - 国土交通省”. 国土交通省. 2023年10月20日閲覧。
  118. ^ ユネスコ創造都市申請から認定まで|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月20日閲覧。
  119. ^ 『広報いしかわ』No.1595”. 石川県 (2010年3月31日). 2023年10月21日閲覧。
  120. ^ a b 石川県. “県政の主なあゆみ平成22年 前期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  121. ^ 当館の概要 | 金沢市立安江金箔工芸館”. 金沢市立安江金箔工芸館. 2023年10月20日閲覧。
  122. ^ 過去の展覧会 | 活動内容 | 鈴木大拙館”. 鈴木大拙館. 2023年10月20日閲覧。
  123. ^ 『平成27年度 環境局清掃事業概要 (26年度実績)”. 金沢市市政情報デジタルライブラリー. p. 43. 2023年10月20日閲覧。
  124. ^ 北陸新幹線 金沢・敦賀間の着工認可 決定 敦賀市-Tsuruga City-”. 敦賀市. 2023年10月21日閲覧。
  125. ^ 平成24年度全国高等学校総合体育大会 競技日程・競技会場一覧表”. 公益財団法人 全国高等学校体育連盟. 2023年10月21日閲覧。
  126. ^ 金沢学生のまち市民交流館 学生の家 | 住まいのほそ道”. ほそ川建設株式会社|金沢に生きる家|石川県の新築・注文住宅・自由設計住宅 / 石川県の和風住宅・和モダン建築. 2023年10月20日閲覧。
  127. ^ 金沢駅西広場”. 金沢市市政情報デジタルライブラリー. p. 13. 2023年10月20日閲覧。
  128. ^ NHK. “北陸新幹線が開業 東京-金沢間1時間20分短縮|ニュース|NHKアーカイブス”. 北陸新幹線が開業 東京-金沢間1時間20分短縮|ニュース|NHKアーカイブス. 2023年10月20日閲覧。
  129. ^ 金沢市中心部に「金澤町家情報館」 江戸時代末期の町家を改修、情報発信拠点に”. 金沢経済新聞. 2023年10月20日閲覧。
  130. ^ 金沢プール”. 金沢プール. 2023年10月20日閲覧。
  131. ^ 鶴の丸休憩館|金沢城公園”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  132. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ平成29年 前期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  133. ^ 俵芸術交流スタジオが開館 金沢、里山の活性化に期待」『北國新聞社』(47NEWS)、2018年5月21日。2023年10月20日閲覧。
  134. ^ 《石川》谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館について | Webマガジン■AH!■”. 日本建築学会 北陸支部. 2023年10月20日閲覧。
  135. ^ 座席指定せず 業務効率化 金沢市役所 第二本庁舎の供用開始:北陸中日新聞Web”. 中日新聞Web (2020年5月8日). 2023年10月20日閲覧。
  136. ^ 金沢港クルーズターミナル開館、賑わいの創出拠点としても活用へ”. 金沢経済新聞. 2023年10月20日閲覧。
  137. ^ 石川県. “令和2年6月19日 金沢中央観光案内所オープン”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  138. ^ 伝統工法で再現 鼠多門 あす公開開始:北陸中日新聞Web”. 中日新聞Web (2020年7月17日). 2023年10月21日閲覧。
  139. ^ 国立工芸館 開館日決定のお知らせ”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES (2020年8月4日). 2023年10月21日閲覧。
  140. ^ 旧小学校利用し、価値創造拠点 金沢未来のまち創造館 :朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2021年8月8日). 2023年10月20日閲覧。
  141. ^ 新・石川県立図書館 開館:北陸中日新聞Web”. 中日新聞Web (2022年7月17日). 2023年10月20日閲覧。
  142. ^ 金沢で38・5度、史上最高 120年ぶり記録|社会|石川のニュース|北國新聞”. 北國新聞 (2022年9月6日). 2023年10月26日閲覧。
  143. ^ G7富山・金沢教育大臣会合 G7 Education Ministers’ Meeting in Toyama and Kanazawa:文部科学省”. 文部科学省ホームページ. 2023年10月21日閲覧。
  144. ^ 真新しく開放的な敷地内で学生の表情も笑顔に 金沢美大新キャンパスで授業スタート | TBS NEWS DIG (1ページ)”. TBS NEWS DIG (2023年10月2日). 2023年10月21日閲覧。
  145. ^ いしかわ百万石文化祭2023”. いしかわ百万石文化祭2023 実行委員会事務局. 2023年10月20日閲覧。
  146. ^ 石川県能登地方でM7.6の地震 最大震度7”. ウェザーニュース (2024年1月2日). 2024年1月2日閲覧。
  147. ^ 【能登半島地震】県都も被害 金沢駅封鎖、金沢城石垣破損|社会|石川のニュース|北國新聞”. 北國新聞 (2024年1月1日). 2024年1月2日閲覧。
  148. ^ 震度5強観測の石川・金沢市 金沢城の石垣の一部が崩れる | TBS NEWS DIG (1ページ)”. TBS NEWS DIG (2024年1月1日). 2024年1月2日閲覧。
  149. ^ 金沢駅、天井から漏水=避難者「帰れるか不安」―能登半島地震”. 時事通信ニュース (2024年1月1日). 2024年1月2日閲覧。
  150. ^ 復興へキックオフ サポーター、能登応援の横断幕 金沢新スタジアム初戦”. 北國新聞 (2024年2月19日). 2024年3月17日閲覧。
  151. ^ 北陸新幹線の金沢・敦賀間が開業 各地は観光客でにぎわう”. NHK (2024年3月16日). 2024年3月17日閲覧。
  152. ^ a b 金沢市長、村山氏圧勝 小間井氏に3万1467票差 投票率55.95% 前回を大幅に上回る 〈金沢市長選〉|社会|石川のニュース|北國新聞”. 北國新聞 (2022年3月14日). 2022年3月14日閲覧。
  153. ^ 石川県史料 第5巻 83頁
  154. ^ a b c d e f 石川県史 第四編 168-169頁
  155. ^ 2014年8月19日から10月6日までは丸口邦雄副市長が職務代理に就任した。金沢市告示第256号金沢市選挙管理委員会告示第119号
  156. ^ 2022年2月16日から相川一郎副市長が職務代理に就任した。
  157. ^ 議長・副議長|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月22日閲覧。
  158. ^ 議員名簿(五十音順・タ行)|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月22日閲覧。
  159. ^ 議員名簿(五十音順・ナ行)|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月22日閲覧。
  160. ^ a b 選挙の種類|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月22日閲覧。
  161. ^ 議員名簿(会派等別)|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月22日閲覧。
  162. ^ 議員名簿(委員会別)|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月22日閲覧。
  163. ^ 石川県. “選挙区別名簿”. 石川県. 2023年10月22日閲覧。
  164. ^ 目黒区と友好都市協定を締結”. 金沢市ホームページ. 金沢市. 2017年11月3日閲覧。
  165. ^ 金沢市と友好交流都市協定に向けての覚書を締結しました”. 目黒区公式ホームページ. 目黒区. 2017年11月3日閲覧。
  166. ^ さよなら平和町図書館 72年の歴史に幕 「30年以上、何冊も借りました」”. 北國新聞. 2022年4月2日閲覧。
  167. ^ 石川県埋蔵文化財センターの紹介と利用案内. 石川県埋蔵文化財センター
  168. ^ 金沢市埋蔵文化財収蔵庫. 金沢市
  169. ^ a b ロム・インターナショナル(編) 2005, pp. 156–157.
  170. ^ 令和4年度(2022年度)金沢市統計書”. 金沢市都市政策局調査統計室. p. 246 (2023年3月). 2013年7月25日閲覧。
  171. ^ 『日本の町』丸谷才一、山崎正和、文藝春秋、1987、p12
  172. ^ 金沢21世紀美術館、5周年で記念式典-累計入館者数は700万人超に - 金沢経済新聞
  173. ^ 日本に関するフランス語の観光ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」2009掲載内容(中部地域抜粋)”. 愛知県. 2009年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月15日閲覧。
  174. ^ 映画「リトル・マエストラ」公式サイト”. 2013年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月15日閲覧。
  175. ^ 『金沢ロケ「ワクワクする」 映画「いのちの停車場」 吉永さん、撮影に意欲』(2020年9月12日付け北國新聞朝刊30面)2020年9月12日閲覧
  176. ^ 医師役「演じ切りたい」 吉永小百合、撮影現場会見(2020年09月11日、東京新聞)2020年9月12日閲覧
  177. ^ 『日本音声製作者名鑑2004』 Vol.1、小学館、2004年、112頁。ISBN 978-4-09-526301-4 



金澤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/10 03:31 UTC 版)

月刊 金澤(げっかん かなざわ)は、金沢倶楽部が発行していた月刊誌である。北陸地方石川県富山県福井県)で発売されていた。毎月20日発売で、定価は648円(消費税別)。


  1. ^ a b c TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) (株)金沢倶楽部”. 東京商工リサーチ (2020年4月21日). 2020年4月21日閲覧。
  2. ^ a b c “月刊誌「金澤」の出版社が自己破産へ 新型コロナ影響”. 日本経済新聞. (2020年4月21日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58317170R20C20A4LB0000/ 2020年4月21日閲覧。 
  3. ^ a b c Fujisan.co.jp 金澤


「金澤」の続きの解説一覧

金沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/16 01:46 UTC 版)

花びらめくり」の記事における「金沢」の解説

多丸の上司。

※この「金沢」の解説は、「花びらめくり」の解説の一部です。
「金沢」を含む「花びらめくり」の記事については、「花びらめくり」の概要を参照ください。


金沢(かなざわ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 09:34 UTC 版)

女子高生 (漫画)」の記事における「金沢(かなざわ)」の解説

音楽教師桃組担任通称ラブリー金沢」。

※この「金沢(かなざわ)」の解説は、「女子高生 (漫画)」の解説の一部です。
「金沢(かなざわ)」を含む「女子高生 (漫画)」の記事については、「女子高生 (漫画)」の概要を参照ください。


金沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 03:22 UTC 版)

哲也-雀聖と呼ばれた男」の記事における「金沢」の解説

ヤミテンの鎌田(かまた) 金沢で北陸最強謳われている玄人小夜子恋人として、哲也前に姿を現す獅子鼻持ちかけられた話から小夜子文鳥操れるのを知り真面目な貧乏学生装い接近、彼女を騙して壁役に仕立て上げた正体は「口八丁鎌田」と呼ばれているチンピラであり、夜はクラブ女達豪遊し代金は「その内払う」と言いながらツケ重ねてきた。 ヤミテンで敵に現物切らせ小夜子文鳥きっちゃんの足に付いた鏡を壁役に使い、それを見た小夜子自身背後から知らせることにより相手の手牌を知るという戦法を得意とする哲也からも「積み込みはおろか、ギってもいない」と見られており、カベ以外はヒラで打つ珍しい玄人1人。その雀力から雀荘麻雀 国士」のマスターに「鎌田と打つと二度と牌を握れなくなる」といわれており、獅子鼻連れてきた玄人たちは軒並み敗れていった。獅子鼻によれば、「半年前までは食うのを忘れるほどの麻雀好きであり、食うのに困るほど弱かった」という。 一度哲也負かしたが、再戦時には哲也に壁役のからくり見破られたうえに、危険牌が通ったことによる安堵感突かれ再度現物切って満貫直撃食らい敗北現物のあがり牌を見逃して他者から上がればフリテンだが、一巡すれば解消される)。口八丁チンピラ本性露にした上、獅子鼻謀りクラブ女達から代金請求されかねてより他の賭け麻雀作った借金始めとする方々から依頼された「借金取りの男」に痛めつけられる形で報復受けたが、それでも小夜子には見捨てられず、二人連れ立って金沢から姿を消した小夜子(さよこ) 哲也小学校時代幼馴染み哲也が金沢へ旅打ちした際に再会するその際哲也本に文を書き込んでいた癖から、「てっちゃんなら小説家になれるよ。私が保証する」と励まし言葉をかけた。「純喫茶 七塚」で働いている。両親戦災他界しており、疎開先の家も倒産して夜逃げし、(鎌田以前に)好きになった男が大学受験失敗した際に自棄になって雀荘入り悪徳玄人敗北し借金つくった末にダンプ飛び込み自殺遂げたという凄惨な過去を持つ。 鎌田恋人として姿を現した際には、文鳥きっちゃん操り鎌田の「裏の壁役」として手助けをしていた。幼い頃から自身視力優れていることを利用しきっちゃんの足につけた鏡から鎌田対面相手の手牌を盗み見鎌田背中待ち牌伝えトリッキーな技をこなしていた。 哲也に技を見破られ鎌田負けると、獅子鼻策謀により鎌田正体知って絶望。しかし、心底鎌田惚れており、鎌田説得され最終的に彼に付いて行く道を選んだきっちゃん 小夜子幼い頃から飼っている文鳥。足に鏡をつけさせられ鎌田イカサマトリック利用される哲也サマ見破った際に牌を投げつけられ鏡は粉砕されてしまう。 獅子鼻ししばな) 金沢の玄人鎌田北陸最強玄人になるきっかけ作った張本人。名前の通り獅子鼻特徴哲也鎌田紹介し共闘しようと持ちかける哲也鎌田敗北した後、金沢を去ろうとする哲也説得して引き止める鎌田とは金儲けの話を持ち掛けた利害一致の関係であった。実は小夜子横恋慕しており、「哲也鎌田倒せば自分ものになる」と踏んでいたが、小夜子自身鎌田ついていく道を選んで行ってしまい、自身野望叶うことはなかった。 神保葬式麻雀参加

※この「金沢」の解説は、「哲也-雀聖と呼ばれた男」の解説の一部です。
「金沢」を含む「哲也-雀聖と呼ばれた男」の記事については、「哲也-雀聖と呼ばれた男」の概要を参照ください。


金沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/15 02:35 UTC 版)

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭」の記事における「金沢」の解説

主催等 主催ラ・フォル・ジュルネ金沢音楽祭実行委員会石川県 企画制作:CREA/KAJIMOTO、ケィ・シィ・エス、オーケストラ・アンサンブル金沢 日程テーマ 2008年5月3日 - 5日金沢駅及び周辺エリア4月29日から)「ベートーヴェン仲間たち2009年5月2日 - 4日福井石川富山北陸3県エリア4月28日から)「モーツァルト仲間たち2010年5月3日 - 5日福井石川富山北陸3県エリア4月29日から)「ショパン、ジェネラシオン1810」 2011年5月2日 - 4日福井石川富山北陸3県エリア4月28日から)「ウィーンシューベルト2012年5月3日 - 5日福井石川富山北陸3県エリア4月28日から)「サクル・リュス」ロシア祭典 2013年5月2日 - 4日パリ至福の時2014年5月3日 - 5日「ウィーン・プラハ・ブダペスト - 三都物語 - 」 2015年5月3日 - 5日「パシオン・バロック - バッハ・ヘンデル・ヴィヴァルディ -」 2016年5月3日 - 5月5日ナチュール - 自然と音楽 -」 会場 石川県立音楽堂 金沢駅周辺 金沢市アートホールポルテ金沢内) 北國新聞赤羽ホール 富山県高岡文化ホール富山県高岡市2009年からハーモニーホールふくい福井県福井市2009年からラフォルジュルネ金沢は、実行委員会側とKAJIMOTO側との運営方針相違生じたため2016年の「ナチュール - 自然と音楽 -」を最後に終了となった2017年からは、形式変えた新たな音楽祭風と緑の楽都音楽祭」が開催されている。

※この「金沢」の解説は、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭」の解説の一部です。
「金沢」を含む「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭」の記事については、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭」の概要を参照ください。


金沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 02:02 UTC 版)

陽だまりの彼女」の記事における「金沢」の解説

あだ名金ちゃん真緒友達編集者

※この「金沢」の解説は、「陽だまりの彼女」の解説の一部です。
「金沢」を含む「陽だまりの彼女」の記事については、「陽だまりの彼女」の概要を参照ください。


金沢(かなざわ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/01 16:53 UTC 版)

炎の転校生」の記事における「金沢(かなざわ)」の解説

週番。自らを「神の週番」と称するほど週番としての責任感にあふれ、遅刻者校門前で食い止めるためなら地雷敷設暴力による制裁いとわない遅刻常習犯高村ゆかり天敵だったが、後に転校してきた滝沢昇さらなる屈辱的敗北喫し以来滝沢ライバル視する。実際に滝沢よりも強いのだが対決した時には常に実力出し切れず、滝沢屁理屈やりこめられている。

※この「金沢(かなざわ)」の解説は、「炎の転校生」の解説の一部です。
「金沢(かなざわ)」を含む「炎の転校生」の記事については、「炎の転校生」の概要を参照ください。


金沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 10:33 UTC 版)

おくのほそ道」の記事における「金沢」の解説

7月15日陽暦では8月29日)から24日 加賀国金沢(石川県金沢市城下名士達が幾度も句会設ける。蕉門早世を知る。江戸発って以来、ほぼ四ヶ月曾良体調勝れず急遽立花北枝が供となる。 「塚も動け泣聲(わがなくこえ)は 秋の風」 「秋すゝし 手毎(てごと)にむけや 瓜天(うりなすび)」 当地を後にしつつ途中の吟 「あかあかと 日は難面(つれなく)も 秋の風

※この「金沢」の解説は、「おくのほそ道」の解説の一部です。
「金沢」を含む「おくのほそ道」の記事については、「おくのほそ道」の概要を参照ください。


金澤(かなざわ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 03:18 UTC 版)

灼熱カバディ」の記事における「金澤(かなざわ)」の解説

2年生背番号は7。ヘアバンドをしている。ラグビー経験者

※この「金澤(かなざわ)」の解説は、「灼熱カバディ」の解説の一部です。
「金澤(かなざわ)」を含む「灼熱カバディ」の記事については、「灼熱カバディ」の概要を参照ください。


金澤(かなざわ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 22:48 UTC 版)

今日から俺は!!」の記事における「金澤(かなざわ)」の解説

北川が金で雇った空手家脇役ながら「本物空手を使う」「高崎まともに勝てたことが無い」と評されており、それなりに強い。蹴り技伊藤追い詰める気合倒された。

※この「金澤(かなざわ)」の解説は、「今日から俺は!!」の解説の一部です。
「金澤(かなざわ)」を含む「今日から俺は!!」の記事については、「今日から俺は!!」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「金沢」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

金沢

出典:『Wiktionary』 (2018/02/18 13:23 UTC 版)

固有名詞

かなざわ

  1. 石川県県庁所在地である金沢市中核市
  2. 神奈川県横浜市18区一つである金沢区
  3. 青森県青森市にある地名
  4. 徳島県徳島市にある地名

人名

  1. 日本人一つ

関連語


「金沢」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「金沢」の関連用語


2
98% |||||

3
90% |||||

4
金沢区 デジタル大辞泉
90% |||||

5
金沢市 デジタル大辞泉
90% |||||


7
70% |||||

8
70% |||||

9
70% |||||

10
70% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



金沢のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの金沢市 (改訂履歴)、金澤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの花びらめくり (改訂履歴)、女子高生 (漫画) (改訂履歴)、哲也-雀聖と呼ばれた男 (改訂履歴)、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭 (改訂履歴)、陽だまりの彼女 (改訂履歴)、炎の転校生 (改訂履歴)、おくのほそ道 (改訂履歴)、灼熱カバディ (改訂履歴)、今日から俺は!! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの金沢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS