津市とは? わかりやすく解説

つ‐し【津市】

読み方:つし

⇒津


津市

読み方:ツシ(tsushi)

所在 三重県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

津市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/13 19:13 UTC 版)

津市(つし)は、三重県県庁所在地であり中勢地域に位置する都市。




注釈

  1. ^ 名称は戻されなかったため、県名と県庁所在地名が一致しなくなった。
  2. ^ 香良洲町を除く。

出典

  1. ^ 都市雇用圏-Urban Employment Area-”. www.csis.u-tokyo.ac.jp. 2020年2月13日閲覧。
  2. ^ 国勢調査 平成27年国勢調査 大都市圏・都市圏 | ファイル | 統計データを探す” (日本語). 政府統計の総合窓口. 2020年2月13日閲覧。
  3. ^ 西村 2018, p. 175.
  4. ^ 西村 2018, pp. 175–176.
  5. ^ a b 西村 2018, p. 177.
  6. ^ a b 西村 2018, pp. 177–178.
  7. ^ 西村 2018, pp. 179–180.
  8. ^ 西村 2018, p. 180.
  9. ^ 西村 2018, pp. 178–179.
  10. ^ 西村 2018, p. 179.
  11. ^ 平年値ダウンロード”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  12. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  13. ^ 岩波書店広辞苑(第六版)』より
  14. ^ 「似た公共施設 重い負担 合併10年 統廃合の議論停滞」朝日新聞2015年4月23日付朝刊、名古屋本社版34ページ
  15. ^ 朝日新聞』、津市ホームページ。
  16. ^ 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第2巻、歴代知事編纂会、1984年。『朝日新聞』。
  17. ^ 市議会のしくみ”. 2018年11月28日閲覧。
  18. ^ 議員紹介”. 2018年11月28日閲覧。
  19. ^ まだ現役「津消式」”. 産経新聞 (2014年10月10日). 2014年10月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年5月14日閲覧。
  20. ^ https://mieinternationalschool.com/
  21. ^ 津八幡宮三重県津市 八百万の神、2021年1月16日閲覧
  22. ^ 辰水神社 三重県津市 八百万の神、2021年1月16日閲覧
  23. ^ 野邊野神社, [1], [2], [3]
  24. ^ 医薬品インタビューフォーム 日本標準商品分類番号876134 (PDF)明治製菓
  25. ^ a b 『るるぶ伊勢志摩 '07』2006年。95ページ)
  26. ^ 京都新聞 (2015年4月14日). “河角龍典氏死去 立命館大文学部教授”. 47NEWS. 2017年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月2日閲覧。
  27. ^ 渡辺佳彦 (2014年11月17日). “眼相がいい 岩出玲亜が10代日本最高記録”. ニッカンスポーツ. 2014年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月19日閲覧。



津市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 04:41 UTC 版)

観音寺」の記事における「津市」の解説

観音寺(津観音)三重県津市大門にある真言宗醍醐派寺院観音寺 (津市西古河町) - 三重県津市西古河町にある真言宗御室派寺院

※この「津市」の解説は、「観音寺」の解説の一部です。
「津市」を含む「観音寺」の記事については、「観音寺」の概要を参照ください。


津市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 07:18 UTC 版)

餃子」の記事における「津市」の解説

三重県津市では、津ぎょうざ呼ばれる大きな揚げ餃子提供されている。その定義は、直径15cmの大きな皮で餡を包み油で揚げた揚げ餃子とされている起源学校給食であり、1985年頃に考案され現在も提供されている2008年には「津ぎょうざご当地グルメプロジェクト」が発足し飲食店イベント販売されるようになった2010年には「津ぎょうざ協会」が設立され、津市の名物料理一つとなっている。なお、一般揚げ餃子一人前複数個構成されているが、津ぎょうざ大きいため、一人前一個販売されることがほとんどである。

※この「津市」の解説は、「餃子」の解説の一部です。
「津市」を含む「餃子」の記事については、「餃子」の概要を参照ください。


津市

ウィキペディア小見出し辞書の「津市」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

津市

出典:『Wiktionary』 (2019/07/09 09:05 UTC 版)

固有名詞

(つし)


「津市」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「津市」の関連用語

1
100% |||||


3
100% |||||


5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

津市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



津市のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの津市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの観音寺 (改訂履歴)、餃子 (改訂履歴)、三重県の神社一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの津市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS