揚げとは?

あげ【揚げ】

油で揚げること。また、揚げたもの。他の語と複合して用いられる。「さつま揚げ」「精進揚げ」「揚げ玉

油揚げ」の略。

客が芸妓娼妓一昼夜通して買うこと。

「—の日は半時も側に置かねば損のやうに」〈浄・生玉心中


あげ【上・揚】

〔名〕 (動詞「あげる(上)」の連用形名詞化。他の語の上下について造語要素としても用いられる)

① ものをあげること。⇔下げ

*竹取(9C末‐10C初)「よき程なる人になりぬれば、髪あげなどさうして」

② 「あげた(上田)」の略。

万葉(8C後)一二二九九九を多み上(あげ)に種蒔き稗(ひえ)を多みえらえし業そわがひとり寝る」

手紙などに書く上げ所のこと。

名語記(1275)六「消息申状どの位所に某があけとは上とかけり」

能楽邦楽などで声を高くあげてうたうこと。また、高い声でうたう旋律部分

金島書(1436)「(上歌う)『落花浄く降り郭公初め鳴き〈略〉』」

(5) こたつのやぐら。

俳諧両吟一日千句(1679)第三塞ぎぬる火燵のあけも夕詠〈西鶴二つ三つ子やもえ出る〈友〉」

(6) (揚) 遊客芸者遊女を買うこと。また、特に一昼夜通して買うこと。約束日柄

浄瑠璃心中刃は氷の朔日(1709)中「小かんがあげの侍も、一僕つれて、なんとおさが遅かったか、小かんは来てかと腰かくる」

(7) 駕籠(かご)の一種。窓がなくて垂れ下げておくような下級のもの。また、その駕籠に乗った代金

洒落本・角雞卵(1784か)暁鐘実情「かごやにいたり『〈略〉あげを二てう出してくんな』」

(8) 衣服の裄(ゆき)や丈(たけ)の長いときに肩や腰などを縫い上げてひだをつけ体に合わせること。また、そのひだ。

雑俳柳多留拾遺(1801)巻二「竹の子のやうだとあげをおろして居」

(9)あげしお上潮)」の略。

歌舞伎鏡山錦栬加賀騒動)(1879)四幕「もうかれこれ上汐(アゲ)へ廻りますから

(10) (揚) 揚げ油揚げること。また、揚げたもの。特に油揚げのこと。〔本朝食鑑(1697)〕

(11)あげうた上歌)②」の略。

車屋謡曲相生(1430頃)「上 所高砂の、所は高砂の尾上の松も年ふりて」

(12)あげせん上銭)」の略。

(13) 相場が高くなること。

(14) 魚群の通る上方の空を海鳥群れとなって飛ぶことをいう漁師のことば。


揚げ物

(揚げ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 10:21 UTC 版)

揚げ物(あげもの)あるいは揚げ料理(あげりょうり)とは、高温の多量のの中で食材加熱調理した料理、またその調理技法をいう。




「揚げ物」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「揚げ」の関連用語

揚げのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



揚げのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの揚げ物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS