エビフライとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 食べ物 > 料理 > 日本の魚介料理 > エビフライの意味・解説 

エビフライ


えび‐フライ【海老フライ】

読み方:えびふらい

からをむいたエビ小麦粉とき卵パン粉をつけて、油で揚げた料理


エビフライ

作者辺見庸

収載図書ゆで卵
出版社角川書店
刊行年月1995.12

収載図書ゆで卵
出版社角川書店
刊行年月1998.10
シリーズ名角川文庫

収載図書銀糸の記憶辺見庸掌編小説集 白版
出版社角川書店
刊行年月2004.9


エビフライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 18:06 UTC 版)

エビフライ(海老フライ)は、海老を多量の食用油揚げ日本発祥料理である。日本で開発されたフライ料理の一つであり、代表的な洋食料理である。


  1. ^ 中央区観光協会 はじめて物語マップ
  2. ^ 日本の西洋料理の歴史 西洋食文化の隆盛
  3. ^ 一度は食べたい!創業100年以上の老舗飲食店 「●『煉瓦亭』(東京都・銀座) 1895年(明治28年)創業の洋食レストランで、エビフライなど、煉瓦亭発祥」
  4. ^ 食の研究所-食の源流探訪 「てんぷら×魚フライ」で誕生したエビフライ
  5. ^ 民友社編、『家庭叢書第八巻 簡易料理』p90、1895年、東京・民友社
  6. ^ 村井弦斎、『食道楽続編 夏の巻』p236、1913年、報知社
  7. ^ 東海名物辞典「え」 東海テレビ放送 スタイルプラス 2012年6月24日放送から。2016年3月4日時点のアーカイブ。
  8. ^ 石毛直道、「ハオチー!鉄の胃袋中国漫遊 済南II」『太陽』、1983年9月号、pp120-128、平凡社。


「エビフライ」の続きの解説一覧

エビフライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 05:48 UTC 版)

こぎみゅん」の記事における「エビフライ」の解説

エビフライのコギムニスト。周りからは「エビちゃん」と呼ばれている。 みんなのペットで、いつもこぎみゅん傍にいる他のキャラクター違い、喋ることはなく「ebi」という鳴き声のみである。 こぎみゅん小さい頃迷子になりお家帰れなくなった時に助けてくれた。

※この「エビフライ」の解説は、「こぎみゅん」の解説の一部です。
「エビフライ」を含む「こぎみゅん」の記事については、「こぎみゅん」の概要を参照ください。


エビフライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 02:26 UTC 版)

新次元ゲイム ネプテューヌVII」の記事における「エビフライ」の解説

とあるヒヨコの名前。零次元モンスター住人の中でもよく登場する語尾に「です」をつける変則的な丁寧口調特徴的

※この「エビフライ」の解説は、「新次元ゲイム ネプテューヌVII」の解説の一部です。
「エビフライ」を含む「新次元ゲイム ネプテューヌVII」の記事については、「新次元ゲイム ネプテューヌVII」の概要を参照ください。


エビフライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 02:38 UTC 版)

ゴールデンカムイ」の記事における「エビフライ」の解説

エッグソースを絡めて食べフライ料理元が花沢勇作替え玉として出席した帝国ホテルでの見合いの席で食した

※この「エビフライ」の解説は、「ゴールデンカムイ」の解説の一部です。
「エビフライ」を含む「ゴールデンカムイ」の記事については、「ゴールデンカムイ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「エビフライ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エビフライのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エビフライのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエビフライ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのこぎみゅん (改訂履歴)、新次元ゲイム ネプテューヌVII (改訂履歴)、ゴールデンカムイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS