焼売とは? わかりやすく解説

シューマイ【焼売】

読み方:しゅーまい

《(中国語)》中国料理の点心の一。豚のひき肉、ネギ・ニンニクなどのみじん切りを、小麦粉作った皮に包んで蒸したもの。

焼売の画像

焼売

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/05 21:33 UTC 版)

焼売(しゅうまい、広東語: シウマイ)は、豚の挽肉小麦粉の皮で包み蒸し調理した中華料理点心と日本では認識されているが、後述のように豚肉以外の肉を使うこともあり(肉類を使わないものもある)、皮も小麦粉以外のこともあれば、皮を用いない焼売もあって、明確な定義は存在していない[1]


  1. ^ シュウマイ潤 (2018年5月16日). “シュウマイ潤の焼売探訪。「焼売」の“プロレス”的魅力を体感できる『野田焼売店』の魅力とは?”. 食楽web. 2022年6月30日閲覧。
  2. ^ a b c 瑞真 (2017年6月13日). “绝处逢生时的意外发明—烧卖” (中国語). 大紀元時報. 2022年7月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 西坡 (2020年4月25日). “烧卖” (中国語). 新民晩報英語版. 2022年7月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e 国立民族学博物館 (2015年10月14日). “嗜好に応じ進化する庶民の食 (PDF)”. 京都新聞. 2022年6月29日閲覧。
  5. ^ a b 「焼売はごちそうだ!」『ELLE gourmet』No.25 【日文版】、ハースト婦人画報社、2021年、 115頁。
  6. ^ 変わりおでん”. アサヒビール. 2022年7月1日閲覧。
  7. ^ 「ファミリーマート 人気のおでんBEST5」『第三文明』2018年11月号、第三文明社、2018年。
  8. ^ “元祖”は崎陽軒ではなかった!? 焼売の奥深き世界”. AERA dot. (2015年4月1日). 2022年6月29日閲覧。
  9. ^ a b c d 魚柄仁之助 『国民食の履歴書 カレー、マヨネーズ、ソース、餃子、肉じゃが』青弓社、2020年、130-132頁。ISBN 978-4787220875 
  10. ^ a b シュウマイからグリーンピースが消えたのはなぜ?”. エキサイトニュース (2017年5月29日). 2018年8月19日閲覧。
  11. ^ 冷凍シュウマイから消えつつあるグリーンピース「タモリ倶楽部」で話題に”. livedoor ニュース (2018年7月28日). 2018年8月19日閲覧。
  12. ^ タモリ倶楽部「シュウマイのグリーンピース」が話題”. ナリナリドットコム (2018年7月28日). 2018年8月31日閲覧。
  13. ^ 家計調査(二人以上の世帯) 品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市(※)ランキング(平成27年(2015年)~29年(2017年)平均)”. 総務省統計局. 2018年8月30日閲覧。
  14. ^ 佐賀県のいかしゅうまい”. 旅ぐるたび. 2018年8月19日閲覧。
  15. ^ a b ブーム到来? 常識外れの「ご当地焼売」に注目せよ!!”. AERA dot.. 朝日新聞社 (2015年5月26日). 2018年8月30日閲覧。
  16. ^ 県南編(1)シューマイ 肉なしでモチッ”. YOMIURI ONLINE. 読売新聞社 (2014年2月3日). 2018年8月30日閲覧。
  17. ^ 鹿沼 シューマイのまちへ 崎陽軒の初代社長、市出身 商議所中心に3者連携”. 下野新聞 (2020年10月15日). 2021年1月1日閲覧。
  18. ^ 認知ゼロなのに?シューマイまちおこしのワケ”. 日テレNEWS24. 日本テレビ放送網 (2020年10月23日). 2021年1月1日閲覧。
  19. ^ 鹿沼 シューマイの街に”. 読売新聞 (2020年12月6日). 2021年1月1日閲覧。


「焼売」の続きの解説一覧

「焼売」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「焼売」の関連用語

焼売のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



焼売のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの焼売 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの焼売 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS