つみれとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > つみれの意味・解説 

つみれ【摘入/×入】

《「つみいれ」の音変化魚のすり身に卵・片栗粉などのつなぎと調味料を入れてまぜ、少しずつちぎって熱湯でゆでたもの。

摘入/抓入の画像

つみれ【摘入・抓入】

〔名〕 (「つみいれ(摘入)」の変化したもの魚肉のすりみに卵や小麦粉などをつなぎとして入れ、少しずつつみとって汁に入れて煮たもの。また、つみいれはんぺんをさしていう。

抱擁1973)〈瀬戸内晴美〉四「このつみれうまそうだ」


つみれ

魚種イワシ サンマ アジ
特徴すり身摘み取りながら、湯に入れて、ゆでるので「つみ入れ」とも呼ばれる。火の通りよくするために団子状にしたすり身を指でくぼませたゆでかまぼこ濃厚のうまみがあり、なべ物やおでんの煮込み料理向きみそ汁などわん種にも使われる。
つみれ


つみれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 13:45 UTC 版)

つみれつみいれ(摘み入れ、抓み入れ)とは、魚肉や畜肉等で作った種を用いた団子状の食品おでん鍋料理の具や、つみれなどによく用いられる。




「つみれ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「つみれ」の関連用語

つみれのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



つみれのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全国かまぼこ連合会全国かまぼこ連合会
Copyright(C) 2022 全国かまぼこ連合会. All Rights Reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのつみれ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS