パイとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 料理 > 料理 > パイの意味・解説 

パイ【Π/π/pi】

〈Π・π〉ギリシャ文字の第16字。ヒー

〈π〉円周率を表す記号

Π数列の第1項から第n項までの積を表す記号総乗記号

〈π〉π中間子記号


パイ【pie】


ぱい

投げ捨てる意の幼児語。ぽい。


はい【敗】

【一】[名]戦い試合負けること。

「—を転じて功と為すべし」〈中村訳・西国立志編

【二】接尾助数詞試合勝負事などで、負け回数数えるのに用いる。上に来る語によって「ぱい」ともなる。「三勝二敗」⇔勝。


パイ【牌】

《(中国語)》マージャン用の駒。竹で裏打ちした象牙骨材などの表面に、文字図柄が彫ってある。字牌(ツーパイ)、数牌(シューパイ)27種類136個で一組


φ(ふぁい)

【別称】パイ
直径を表す記号。たとえばφ35mmフロントフォークといったら直径35mmフォークのこと。JIS規格では「マル」と発音するが、バイク業界では「ファイ」または「パイ」と呼ぶこと多い。
関連用語】キャブレター フロントフォーク

パ イ

小麦粉油脂が主原料膨張剤使用しない事が特徴である。ドウ薄く延ばし、サイコロ状に切ったバタ-を振りかけ幾重にも層にしてベ-キングする。

パイ

名前 PiePyePai

パイ

読み方:ぱい

  1. 密偵者のことをいふ。スパイ略語である。
  2. 〔隠〕密偵者の事。スパイ略語
  3. 密偵者。「スパイ」の略。
  4. 〔犯〕密偵者のこと、英語のスパイSpy)の略語

分類 犯罪者

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

パイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/09 17:49 UTC 版)

パイ: pie: die Pastete, der Blätterteig: tarte, tourte)は、小麦粉バターなどから作った生地(パイ生地)に、甘く煮た果実類やナッツ類、類その他を包み込むなどして、オーブンで焼き上げた料理あるいは菓子。バターの代わりにショートニングラードを用いることもあり、砂糖を入れる場合もある。


  1. ^ お菓子の由来物語 P.49
  2. ^ a b パイの歴史物語
  3. ^ 1957 broadcast
  4. ^ 「ピッツァ」「ピザ・パイ」 小麦粉のおはなし 財団法人製粉振興会





パイと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パイ」の関連用語

パイのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2021 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
イシハライシハラ
Copyright (C) 2021 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS