オーブンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > オーブン > オーブンの意味・解説 

オーブン【oven】

読み方:おーぶん

天火(てんぴ)のこと。


オーブン

加熱調理機器のこと。オーブンは熱源別に、「ガス方式」、「電気方式」、「電子方式」、「ガス電子併用方式」がある。「ガス方式」は、熱が均一に行きわたる自然対流式オーブン」と「熱風循環式高速オーブン」が主流。「電気方式」には、電子レンジまたはトースター組み合わせた熱風循環オーブン」や、スチーム発生することができる「スチームオーブン」などがある。組み込み方式は、ワークトップ天板下にガスレンジとして組み込むビルトインタイプ」と、トールキャビネット組み込む「ウォールオーブンタイプ」がある。

オーブン

オーブン


オーブン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/19 09:14 UTC 版)

オーブン: oven, 英語発音: [ʌvən] アヴン)は、熱した空気または壁面などから発する赤外線によって食品を加熱し、焼いて、または乾燥を行う閉じた空間の調理器具である。日本語では天火(てんぴ)と称する。オーブンの最も一般的な用途は調理陶芸であるが、調理用の大きなものや陶芸用を「」、(金属の)加熱や工業分野で使われるオーブンは「」や「工業用オーブン」という。近年は、世界中の数多くの家庭で調理および食品の加熱にオーブンが使われている。


  1. ^ History of THE INDUS CIVILIZATION
  2. ^ Dales, George (1974), “Excavations at Balakot, Pakistan, 1973”, Journal of Field Archaeology 1 (1-2): 3–22 [10], doi:10.2307/529703 


「オーブン」の続きの解説一覧

オーブン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 01:57 UTC 版)

ユルミとシメル」の記事における「オーブン」の解説

スナオ愛用していたオーブンレンジ故障していたところをユルミ修理改造し思考回路取り付けられる暴走その後シメル手を加えて自立歩行型ロボットとして生まれ変わる

※この「オーブン」の解説は、「ユルミとシメル」の解説の一部です。
「オーブン」を含む「ユルミとシメル」の記事については、「ユルミとシメル」の概要を参照ください。


オーブン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 20:01 UTC 版)

ガス機器」の記事における「オーブン」の解説

原理家庭用のものと全く同じであるが、容量大きくして大量調理が可能となっている。加熱調理のほかにも、冷めた食品再加熱用いられることもある。 スチームコンベクションレンジ 上記の他に過熱水蒸気庫内用いることで、煮る・蒸す・焼く・炊く茹でる等の調理行えるものをこう呼ぶ。1台複数調理器の役割果たせるため便利ではあるが、通常のオーブンと比べてかなり高価なものとなる

※この「オーブン」の解説は、「ガス機器」の解説の一部です。
「オーブン」を含む「ガス機器」の記事については、「ガス機器」の概要を参照ください。


オーブン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 08:49 UTC 版)

安息日モード」の記事における「オーブン」の解説

ハラーハーでは、安息日生の食材調理することを許されていないが、既に調理済の料理食べるまで保温しておくことは認められる古くから、火のついたコンロBlechen:Blech)と呼ばれる金属の板で覆いその上に料理乗せておくか、予熱したオーブンの庫内置いておくことで保温するといった方法が取られていた。現代では、保温のためにオーブンが使用されるが、庫内料理回収するためにドア開けた際に安息日に係る法律違反がないかを確認しなければならない例えば、ドア開けた際に発熱体への通電が切れるように設定されている場合は、この機能停止しない限り安息日使用することはできないユダヤ教の祝祭日のうち、Yom Tov では、食品調理可能だが、火をつけることは禁止されているため、これらをカバーするためには、72時間もの間、発熱継続するオーブンが必要となる。 また、ユダヤ教要件に準拠するためには、標準設定されている6時間から12時間での安全停止機能無効にし、ライトディスプレイ消灯し、さらに、ドアの開閉時にライト点灯する機能無効にする必要がある。ただし、安息日モード搭載謳った家電機器であったとしても、ライト自動点灯無効にならない製品など存在している。

※この「オーブン」の解説は、「安息日モード」の解説の一部です。
「オーブン」を含む「安息日モード」の記事については、「安息日モード」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「オーブン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

オーブン

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 00:21 UTC 版)

語源

英語 oven

名詞

オーブン

  1. した空気により食品加熱する器具天火

発音(?)

お↘ーぶん

翻訳


「オーブン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



オーブンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オーブン」の関連用語

オーブンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オーブンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ナスラックナスラック
COPYRIGHT © 2022 NASLUCK ALL RIGHTS RESERVED.
薪おじさん薪おじさん
Copyright(C)2022 maki-ojisan.com All Rights Reserved.
イシハライシハラ
Copyright (C) 2022 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオーブン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのユルミとシメル (改訂履歴)、ガス機器 (改訂履歴)、安息日モード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのオーブン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS