ナワトル語とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ナワトル語の意味・解説 

ナワトル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/18 00:41 UTC 版)

ナワトル語(ナワトルご、nāhuatl [ˈnaːwatɬ] ( 音声ファイル))は、ユト・アステカ語族ナワ語群に属する言語で、2015年現在、メキシコなどで推定170万人の話者を要する。2003年に施行された「先住諸民族の言語権に関する基本法」(Ley General de Derechos Lingüís­ticos de los Pueblos Indígenas) によって、スペイン語や他67の先住民語と同等に、名目上はメキシコの公用語とみなされている。


注釈

  1. ^ 音声記号 /t͡s t͡ʃ t͡ɬ ʃ j/ をそれぞれ ¢ č λ š y のように書いている文献が多い。これは国際音声記号ではなくアメリカの音声記号である。
  2. ^ Launey では声門破裂音をhでなくアクセント記号で表記する。たとえば「風」を意味するehecatlはèecatl、「彼らはねむる」を意味するcochihはcochîと綴られる。
  3. ^ 音節末の/kʷ/のつづりは歴史的に一定せず、ucのほかにcu, cuh, uhcなどと書かれることがあった。たとえば tēuctli /teːkʷ.t͡ɬi/「主」は tecuhtli のようにつづられる[7]
  4. ^ Andrews (2003) では「習慣的現在」(customary-present)、Launey (2011) では「ni形」(-ni Form)と呼ぶ

出典

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Aztec”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/azte1234 
  2. ^ México. Lenguas indígenas nacionales en riesgo de desparación, INALI, (2012), p. 23, ISBN 9786077538578, https://site.inali.gob.mx/pdf/libro_lenguas_indigenas_nacionales_en_riesgo_de_desaparicion.pdf 
  3. ^ Catalogo de las Lenguas Indígenas Nacionales: Variantes Lingüísticas de México con sus autodenominaciones y referencias geoestadísticas, INALI, (2008), p. 63, http://www.inali.gob.mx/pdf/CLIN_completo.pdf 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 小池佑二「ナワトル語」『言語学大辞典』2、三省堂、1989年、1479-1485頁。ISBN 4385152160
  5. ^ Launey (2011) p.3, 6
  6. ^ Launey (2011) p.4
  7. ^ Andrews (2003) p.656
  8. ^ Launey (2011) p.7
  9. ^ Launey (2011) p.7
  10. ^ Launey (2011) p.8
  11. ^ Launey (2011) p.5
  12. ^ Launey (2011) p.13
  13. ^ Launey (2011) p.8
  14. ^ Launey (2011) pp.13-14
  15. ^ Launey (2011) p.19
  16. ^ Launey (2011) p.6
  17. ^ Launey (2011) p.12
  18. ^ Launey (2011) p.13
  19. ^ Launey (2011) pp.43-44
  20. ^ Launey (2011) pp.13-15
  21. ^ Launey (2011) p.26
  22. ^ Launey (2011) pp.28-29
  23. ^ Launey (2011) pp.54-57
  24. ^ Launey (2011) pp.87-94
  25. ^ Launey (2011) p.21
  26. ^ Launey (2011) pp.15-16
  27. ^ Launey (2011) pp.87-88
  28. ^ Launey (2011) p.11
  29. ^ Launey (2011) pp.232-235
  30. ^ Launey (2011) p.20
  31. ^ Launey (2011) pp.87-89
  32. ^ Launey (2011) pp.91-93
  33. ^ Launey (2011) p.18
  34. ^ Andrews (2003) pp.5-6,45
  35. ^ Launey (2011) p.109
  36. ^ Launey (2011) p.134
  37. ^ Launey (2011) p.318
  38. ^ Launey (2011) p.330
  39. ^ Launey (2011) pp.38-39
  40. ^ Launey (2011) pp.116-124
  41. ^ Launey (2011) pp.244-245
  42. ^ Launey (2011) p.59
  43. ^ Andrews (2003) p.644
  44. ^ Launey (2011) pp.256-258
  45. ^ Andrews (2003) p.645
  46. ^ Launey (2011) pp.141-146,189-199,202-210
  47. ^ Launey (2011) pp.69-84,222-230
  48. ^ Launey (2011) pp.159-164
  49. ^ Launey (2011) pp.106-108
  50. ^ Launey (2011) pp.213-220
  51. ^ Launey (2011) p.168
  52. ^ Lawney (2011) pp.15, 29-32
  53. ^ a b ソフィー・D・コウマイケル・D・コウ『チョコレートの歴史』樋口幸子訳、河出書房新社、1999年、162-166頁。ISBN 4309223451


「ナワトル語」の続きの解説一覧

ナワトル語

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 22:06 UTC 版)

名詞

ナワトル (-ご)

  1. アステカ人周辺インディオが使っていたユト・アステカ語族属す言語で、メキシコの「国語」のひとつとみなされている。言語コードISO 639-2/RA) A3:nah

訳語




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ナワトル語」の関連用語

ナワトル語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ナワトル語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナワトル語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのナワトル語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS