Naとは?

エヌ‐エー【NA】


エヌ‐エー【NA】


エヌ‐エー【N/A/n/a】

not applicapable》適用なし。該当なし質問対す回答がないことや、仕様書などで該当データがないこと。

not available》利用不可

《no account金融で、取引なし。


NA

英語 normally-aspiratednaturally-aspirated

一般にエンジンは、シリンダー内をピストンが下がっていく負圧によって、混合気吸い込む。これをノーマル・アスピレーテッド(自然吸気)といい、頭文字をとってNAエンジンと呼ぶ。これに対し、強制的空気送り込む方式過給機付きエンジンと呼ぶ。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ナトリウム

分子式Na
その他の名称:Sodium、Na
体系名:ナトリウム塩、ナトリウム


ナトリウムイオン(+)

分子式Na
その他の名称:ナトリウムイオン(+)、Sodium ion(+)


ナトリウムカチオン

分子式Na
その他の名称:Sodiumcation
体系名:ナトリウムカチオン


物質
ナトリウム
英語名
Sodium
元素記号
Na
原子番号
11
分子量
22.989768
発見
1807年
原子半径(Å)
1.86
融点(℃)
97.81
沸点(℃)
881
密度(g/cm3
0.97
比熱(cal/g ℃)
0.295
イオン化エネルギー(eV)
5.139
電子親和力(eV)
0.546

食塩構成する元素。その意味では最も古くから知られていた元素であるといえるが、ナトリウム元素単体発見されたのは1807年のことである。

ナトリウム(Na)

ナトリウムは生物にとって必須金属で、生物細胞外液浸透圧一定に保つなどの働きをしています。地殻中には約2.4%、海水には約11g/リットル存在しています。用途としては、金属ナトリウム原子炉冷却材ナトリウムランプ光電管合金などに、ナトリウム塩融雪剤ガラス工業調理などに使われています。水道水基準では、「200mg/リットル以下」と定められています。

ナトリウム

読み方なとりうむ
【英】:Na

人体に必要なミネラル一種で、浸透圧の調整などの働きをする。主に食塩の形で摂取される。

 人体に必要なミネラル一種で、主に食塩塩化ナトリウム)の形で摂取されています。
 成人体内には、ほとんどが細胞の外の体液細胞外液)に含まれています。細胞外液浸透圧調節し、細胞外液量を保つなどの役割をしています。
 通常、健康な人では欠乏することはありません。摂りすぎるとむくみや口の渇きのほか、高血圧胃がん食道がんリスク高めることが報告されています。本来必要な1日摂取量は2、3g程度ですが、塩味好み習慣的なもので、個人差大きく、つい摂りすぎてしまいがちです。カリウム多く含む野菜果物一緒に摂ることで、ナトリウムの排泄促進することができます。「日本人の食事摂取基準2005年版)」では、摂取量の減少目指すものと位置づけられており、目標量(食塩として)は成人男性1日当たり10g未満成人女性では8g未満設定されています。


Na

名前 ナ; ナー

.na

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/14 07:57 UTC 版)

.na国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、ナミビアに割り当てられている。ナミビア国内からと国外からのが分離されている。登録では、Web/GUIインターフェースとEPPをサポートしている。






「.na」の続きの解説一覧

Na.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/05 20:38 UTC 版)

Na.(エヌエー)は、日本ミュージシャン音楽プロデューサー。その他、MCパーソナリティなど。大阪市出身。AB型




「Na.」の続きの解説一覧

NA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/24 03:57 UTC 版)

NA, na, Na




「NA」の続きの解説一覧

ニコチン酸

(Na から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 00:15 UTC 版)

ニコチン酸(ニコチンさん、: nicotinic acidNa)とは、ピリジンカルボン酸英語版の3つの構造異性体の中の1つである。ニコチン酸とニコチン酸アミドを総称してナイアシンと呼ばれる。ナイアシンは、ビタミンB群の中のビタミンB3に当たる。


注釈

  1. ^ ペラグラ因子やビタミンとしての生体物質に付けられた名称がナイアシン(niacin)である。

出典

  1. ^ a b 八杉龍一ら(編)、「ニコチン酸」、『岩波生物学辞典』、第4版 CD-ROM版、岩波書店、1998年。
  2. ^ 谷村 顕雄 『食品添加物の実際知識(第4版)』 p.126、p.127 東洋経済新報社 1992年4月16日発行 ISBN 4-492-08349-9
  3. ^ 谷村 顕雄 『食品添加物の実際知識(第4版)』 p.127 東洋経済新報社 1992年4月16日発行 ISBN 4-492-08349-9
  4. ^ 長倉三郎ら(編)、「ニコチン酸」、『岩波理化学辞典』、第5版 CD-ROM版、岩波書店、1998年。


「ニコチン酸」の続きの解説一覧

アンペア

(Na から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 02:24 UTC 版)

アンペア: ampere [ˈæmpɛər]、記号 : A)は、電流(量の記号、直流I[1][2] , 交流i )の単位であり[3][4]国際単位系(SI)の7つの基本単位の一つである。




注釈

  1. ^ 第三条 前条第一項第一号に掲げる物象の状態の量のうち別表第一の上欄に掲げるものの計量単位は、同表の下欄に掲げるとおりとし、その定義は、国際度量衡総会の決議その他の計量単位に関する国際的な決定及び慣行に従い、政令で定める[8]

出典

  1. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) p. 15。
  2. ^ “2. SI base units”, SI brochure (8th ed.), BIPM, http://www.bipm.org/en/si/si_brochure/chapter2/2-1/ 2011年11月19日閲覧。 
  3. ^ a b “2.1. Unit of electric current (ampere)”, SI brochure (8th ed.), BIPM, http://www.bipm.org/en/si/si_brochure/chapter2/2-1/ampere.html 2011年11月19日閲覧。 
  4. ^ Base unit definitions: Ampere. Physics.nist.gov. Retrieved on 2010-09-28.
  5. ^ a b c 共立化学大辞典第 26 版 (1981)
  6. ^ SI supports only the use of symbols and deprecates the use of abbreviations for units.Bureau International des Poids et Mesures (PDF)”. p. 130 (2006年). 2011年11月21日閲覧。
  7. ^ A concise summary of the International System of Units, SI Table 1 The seven base units of the SI、第2ページ
  8. ^ 計量法(平成四年法律第五十一号) 第3条: 国際単位系に係る計量単位”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2014年6月13日). 2019年12月25日閲覧。 “2016年4月1日施行(平成二十六年法律第六十九号)改正)”
  9. ^ 計量単位令(平成四年十一月十八日政令第三百五十七号)
  10. ^ Serway, Raymond A; Jewett, JW (2006). Serway's principles of physics: a calculus based text (Fourth ed.). Belmont, CA: Thompson Brooks/Cole. p. 746. ISBN 0-53449143-X. https://books.google.com/books?id=1DZz341Pp50C&pg=RA1-PA746&dq=wire+%22magnetic+force%22&lr=&as_brr=0&sig=4vMV_CH6Nm8ZkgjtDJFlupekYoA#PRA1-PA746,M1 
  11. ^ Beyond the Kilogram: Redefining the International System of Units, USA: アメリカ国立標準技術研究所, (2006), オリジナルの21 March 2008時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20080321221139/http://www.nist.gov/public_affairs/newsfromnist_beyond_the_kilogram.htm 2008年3月閲覧。 .
  12. ^ Monk, Paul MS (2004), Physical Chemistry: Understanding our Chemical World, John Wiley & Sons, ISBN 0-471-49180-2, https://books.google.com/books?vid=ISBN0471491802&id=LupAi35QjhoC&pg=PA16&lpg=PA16&ots=IMiGyIL-67&dq=ampere+definition+si&sig=9Y0k0wgvymmLNYFMcXodwJZwvAM .
  13. ^ a b 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) p. 24。
  14. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) p. 20。
  15. ^ Kowalski, L, A short history of the SI units in electricity, Montclair, http://alpha.montclair.edu/~kowalskiL/SI/SI_PAGE.HTML .
  16. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) pp. 23–24。
  17. ^ History of the ampere, Sizes, http://www.sizes.com/units/ampHist.htm 
  18. ^ a b “Appendix 2: Practical realization of unit definitions: Electrical quantities”, SI brochure, BIPM, http://www.bipm.org/en/publications/mises-en-pratique/electrical-units.html 2016年5月9日閲覧。 .
  19. ^ CJK Compatibility” (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  20. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). 2016年2月21日閲覧。


「アンペア」の続きの解説一覧

n/a

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/20 01:56 UTC 版)

n/aN/Aは、該当なし (not applicable)、あるいは利用できない (not available) を意味する英語の略語で、主になどにおいて使用される。




「n/a」の続きの解説一覧



Naと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Na」の関連用語

Naのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Naのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ISO用語辞典ISO用語辞典
2021 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2021 京浜河川事務所 All rights reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2021 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.na (改訂履歴)、Na. (改訂履歴)、NA (改訂履歴)、ニコチン酸 (改訂履歴)、アンペア (改訂履歴)、n/a (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS