.gdとは?

ガドリニウム

別名:Gd
英語:gadolinium

1880年発見された。原子番号64希土類レアアース元素生体の内部検査の手法であるMRI核磁気共鳴画像法)の造影剤や、原子力施設における炉心制御など、さまざまな用途に用いられている。

ギャップダウン

英語:gap down、GD

株式相場などにおいて、当日始値前日終値よりも安い状態。

ギャップダウンは、当日寄り付き前の板において、売り注文買い注文を上回っている時に発生する。

ギャップダウンは、前日引け後に個別悪材料が出たり、海外株式市場下降したり、対円為替レート大きく変動したりした時に発生することが多い。例えば、企業業績下方修正ニューヨーク株式市場下降などが挙げられる。また、輸出関連株は、ドル円円高方向大きく変動すればギャップダウンすることが多い。

ちなみに、ギャップダウンに対して当日始値前日終値よりも高い状態をギャップアップという。

ジー‐ディー【GD】


ソマン

分子式C7H16FO2P
その他の名称:ソマン、Soman、Methylphosphonofluoridic acid 1,2,2-trimethylpropyl、Methylfluoridophosphonic acid 1,2,2-trimethylpropyl ester、Methylfluorophosphinic acid 1,2,2-trimethylpropyl esterMethyl(fluoro)phosphinic acid 1,2,2-trimethylpropyl ester、Methylfluorophosphinic acid (1,2,2-trimethylpropyl) ester、GD、Methyl(fluoro)phosphinic acid (1,2,2-trimethylpropyl) ester、Methylphosphonofluoridic acid O-(1,2,2-trimethylpropyl) estero-1,2,2-トリメチルプロピル=メチルホスホノフルオリダート
体系名:メチルフルオリドホスホン酸1,2,2-トリメチルプロピル、メチルフルオロホスフィン酸1,2,2-トリメチルプロピル、メチル(フルオロ)ホスフィン酸1,2,2-トリメチルプロピル、メチルフルオロホスフィン酸(1,2,2-トリメチルプロピル)、メチル(フルオロ)ホスフィン酸(1,2,2-トリメチルプロピル)、メチルホスホノフルオリド酸O-(1,2,2-トリメチルプロピル)


ガドリニウムイオン(2+)

分子式Gd
その他の名称:ガドリニウムイオン(2+)


ガドリニウム

分子式Gd
その他の名称:Gadolinium、Gd
体系名:ガドリニウム


ガドリニウムイオン(4+)

分子式Gd
その他の名称:ガドリニウムイオン(4+)


ガドリニウムイオン(3+)

分子式Gd
その他の名称:ガドリニウムイオン(3+)


物質
ガドリニウム
英語名
Gadolinium
元素記号
Gd
原子番号
64
分子量
157.25
発見
1880年
原子半径(Å)
1.78
融点(℃)
1312
沸点(℃)
3000
比熱(cal/g ℃)
0.071
イオン化エネルギー(eV)
6.14


.gd

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/27 04:25 UTC 版)

.gd国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、グレナダに割り当てられている。






「.gd」の続きの解説一覧

GD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/19 04:34 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

GD

GD

Gd

gd





.gdと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.gd」の関連用語

.gdのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.gdのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.gd (改訂履歴)、GD (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS