.mlとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 記号 > 記号 > .mlの意味・解説 

エム‐エル【ML】

読み方:えむえる

mailing list》⇒メーリングリスト


メーリングリスト

【英】:Mailing List/ML

電子メールシステムを利用した特定多数者間のコミュニケーション手段。ある特定の宛先メールを送ると、メーリングリストの登録者全員に同じメール送信される仕組み
電子メール通常送信者と受信者が一対一もしくはごく限られた少人数だが、メーリングリストを利用することで特定多数者の間でコミュニケーションを図ることができる。メーリングリストにメール送信することを「投稿する」、投稿されメールを「記事」と呼ぶこともある。
オープンソースソフトウェアは、メーリングリストをコミュニケーション基盤としていることが多い。これは、オープンソースプロジェクトにはさまざまな国の人が参加するので、時差の関係もあり、リアルタイム情報交換をすることが難しいことが一因となっている。また、添付ファイルなどの付加情報まで含めて履歴として残ることも利点となっている。
関連見出し
カーネルメーリングリスト
IRC

メーリングリスト

別名:ML
【英】mailing list

メーリングリストとは、登録されているメンバー全員電子メールやり取り共有できるシステムのことである。

メーリングリストでは、1つの代表となる電子メールアドレスに、各メンバー電子メールアドレス登録されており、この代表となるアドレス電子メール送信すると、登録メンバ全員にその電子メール配信されるようになっている

メーリングリストの主な用途としては、特定の団体サークルメンバー間で情報交換するタイプのものや、広く参加者募集され特定のテーマ興味を持つ人が、関連する情報交換し合うタイプのものなどがある。

メーリングリストを無料開設できるサービス提供されている。主なサービスとしては、Yahoo!グループfreemlなどを挙げることができる。


参照リンク
Yahoo!グループ - 無料でメーリングリストを作成 - (Yahoo! Japan
みんなのひろば|みんなのHappyコミュニティ! freeml [フリー・エムエル] - (freeml
電子メールのほかの用語一覧
メールの種類:  空メール  キャラクタメール  グレーメール  メーリングリスト  メルマガ  メールマガジン  メール爆弾

.ml

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/19 08:28 UTC 版)

.ml国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、マリに割り当てられている。


  1. ^ 無料、有料ドメイン”. Freenom. 2024年1月14日閲覧。
  2. ^ Free Domain .TK”. Get Free Domain Name. 2024年1月14日閲覧。
  3. ^ Sued by Meta, Freenom Halts Domain Registrations”. Krebs on Security (2023年3月7日). 2024年1月14日閲覧。
  4. ^ NIC ML”. Agence des Technologies de l’Information et de la Communication. 2024年1月19日閲覧。


「.ml」の続きの解説一覧

ML

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/13 18:33 UTC 版)

ML, mL, ml




「ML」の続きの解説一覧

@ML

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 08:44 UTC 版)

擬古猫」の記事における「@ML」の解説

当時ひろゆきがしば主催の@ML「xxxxxxxworld」に聞きにきている。擬古猫ログより。当然、擬古猫拝見してるのがわかる。 しば「@ML」跡地[リンク切れ] しば、はてなダイアリー @ML「xxxxxxxworld・関連投稿抜粋」(編集擬古猫)[リンク切れ]

※この「@ML」の解説は、「擬古猫」の解説の一部です。
「@ML」を含む「擬古猫」の記事については、「擬古猫」の概要を参照ください。


ML

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 02:56 UTC 版)

糖衣構文」の記事における「ML」の解説

ここでは、ML系の言語のDerived Formsについて説明する。 t_1 ; t_2 は、手続き型言語においても見受けられるように、いわゆる命令文の列であるが、型付きラムダ計算において、 (λx:Unit : t_2) t_1 と表すことができる。(ここで、Unitユニット型 である。)

※この「ML」の解説は、「糖衣構文」の解説の一部です。
「ML」を含む「糖衣構文」の記事については、「糖衣構文」の概要を参照ください。


ML

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 18:08 UTC 版)

列挙型」の記事における「ML」の解説

MLの血統 (例えば、SMLOCamlHaskell) である関数型プログラミング言語ではnullary constructorしかない代数データ型列挙型実装するために使うことができる。例えば(SMLシグニチャの文法): datatype cardsuit = Clubs | Diamonds | Hearts | Spadestype card = { suit: cardsuit; value: int }val hand : card listval trump : cardsuit もし、実際にそのような表現実装に必要とされるならば、これらの言語では、小さな整数表現は完全にプログラマから隠蔽される一方でHaskellは型が派生でき、型とIntとのマッピングを得る実装ができるEnum型クラスを持つ。

※この「ML」の解説は、「列挙型」の解説の一部です。
「ML」を含む「列挙型」の記事については、「列挙型」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.ml」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ML」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.mlと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.ml」の関連用語

.mlのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.mlのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2024
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリメーリングリストの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ml (改訂履歴)、ML (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの擬古猫 (改訂履歴)、糖衣構文 (改訂履歴)、列挙型 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS