電子メールアドレスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > アドレス > 電子メールアドレスの意味・解説 

でんしメール‐アドレス【電子メールアドレス】

読み方:でんしめーるあどれす

electronic mail address》⇒メールアドレス


電子メールアドレス

読み方でんしメールアドレス
別名:eメールアドレスe-mailアドレスメールアドレスメルアドメアド
【英】e-mail address, mail address

電子メールアドレスとは、インターネット上で交換される電子メールにおいて利用されている、送信元や送付先などを表す文字列のことである。RFC 2822で定義されている。

電子メールアドレスは、アットマーク(@)を挟んで左側にドメイン上のユニークなユーザーを表す「ローカルパート」を、右側にメールサーバーを表す「ドメインパート」を記述する形式がとられている例示すれば、「localpart@some.domain.jp」のような形式である。ローカルパートの文字列は、ほとんどの場合既得の文字列と重複していない限り自由に設定できる。なお、ドメインデフォルトメールサーバーは、通常DNSサーバーMXレコードによって指定される

電子メールは、メールサーバーからメールサーバーへと転送繰り返されることによって配送されるメールサーバーは、メール受け取ると、電子メールアドレスのドメイン部を見て、自サーバー宛のメールであるかどうかを判別する。もし自サーバーであれば、自サーバーのどのユーザーであるか調べる。

電子メールアドレスは、単に送信先電子メール宛先を示す他にも送信元、カーボンコピーCC)、ブラインドカーボンコピーBCC)、返信先(Reply-to)、などを示すためにも用いられるまた、インターネット上会員制サービスにおいてはユーザー一意識別できるID情報として、電子メールの登録を求め場合少なくない。これは本来の用途からは逸れるが、登録完了必要な手続き案内や登録完了連絡などを当の電子メールアドレスに宛てて送ればよいというメリットもある。

電子メールアドレスで使える文字種は制限がある。ローカルパートには英数字および一部記号使用可能である。英字大文字と小文字区別されるドット( . )は、文字列中間で、連続しない形でのみ使用可能である。アットマーク(@)の直前ドット打つことできない

インターネットサービスプロバイダISP)やその他のサービスを通じて電子メールアドレスを取得する場合には、RFC規定による使用可能な文字制限の上に、さらに使用可能な文字限定が行われている場合もある。また、携帯電話における電子メールサービス中には、必ずしもRFC 2822の規定準拠してはいない部分がある。

電子メールのほかの用語一覧
メールの構造:  サブジェクト  シグネチャ  添付ファイル  電子メールアドレス
メールの種類:  オプトインメール  HTMLメール  ビデオチャットメール

メールアドレス

(電子メールアドレス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 03:11 UTC 版)

メールアドレス英語: Electronic mail address)、Eメールアドレス(イーメールアドレス、英語: email address, e-mail address)とは、電子メールにおける送信先や発信元を表す。略称としてアドレスメルアドメアドなどがある。


  1. ^ Klensin, J., ed. (Oct 2008), Simple Mail Transfer Protocol, RFC 5321 
  2. ^ Resnick, P., ed. (Oct 2008), Internet Message Format, RFC 5322 
  3. ^ RFC 5322 & 5321に沿ったメールアドレス(local-part)のテストデータを考えてみた https://qiita.com/yoshitake_1201/items/40268332cd23f67c504c
  4. ^ RFC 5321の2.4節“General Syntax Principles and Transaction Model”と4.1.2節“Command Argument Syntax”によれば、Quoted-stringを必要とするメールボックス、大文字小文字を区別するローカル部をもつメールボックスを定義することは、相互運用性を妨げるため、避けるべきであると定義されている。
  5. ^ RFC 5321 4.1.2節“Command Argument Syntax”によれば、quoted-string形式が要求されるローカル部をもつメールボックスを定義することは、相互運用性を妨げるため、避けるべきである。
  6. ^ 但し、rfc976 https://tools.ietf.org/html/rfc976 UUCP Mail Interchange Format Standard では、( ! でホスト名をつないでメールアドレスを表現する) bang path がある。bang path の例としては hosta!hostb!user などがある。
  7. ^ RFC 5322 Internet Message Format,IETF, 2008 https://www.rfc-editor.org/rfc/rfc5322.txt
  8. ^ a b RFC 5321 4.5.3.1節“Size limits and minimums”
  9. ^ RFC 5321 3.6節“Relaying and Mail Routing”
  10. ^ RFC 5321は実在のIPアドレスで例示しているが、ここでは例示用のIPアドレスを使った。
  11. ^ smtp_quote_rfc821_envelope”パラメータを“no”に設定する(Postfix設定パラメータ” (日本語). Postfixのぺーじ (2007年6月2日). 2007年12月8日閲覧。参照)。
  12. ^ Crocker, D. (May 1997), Mailbox Names for Common Services, Roles and Functions, RFC 2142 


「メールアドレス」の続きの解説一覧

「電子メールアドレス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



電子メールアドレスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

電子メールアドレスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電子メールアドレスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2022 Sekidou Kousuke.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ電子メールアドレスの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメールアドレス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS