.hrとは? わかりやすく解説

エッチ‐アール【HR】


アワー【hour/hr.】

時間の単位の一。時(じ)。時間

他の外来語下に付いて複合語をつくり、…の時間、…の時間帯の意を表す。「ラッシュ—」「ゴールデン—」


エッチ‐アール【HR】

home run野球で、本塁打


エッチ‐アール【HR】


エッチ‐アール【HR】


ヒューマン・リソース

別名:HR
【英】:Human Resources

日本アメリカでは組織体制人事システム異なるため、両者横並び見ることむずかしいが、あえて比較すると、HRは日本企業人事部最も近い機能ミッションを指す。

かつては日本の人事部に当たる組織はPersonnel Departmentという呼称多かったが、今ではほとんどがHRを名乗っている。日本での人事担当役員に当たる方は、Vice President、HR あるいは、Senior Vice President、 HRという肩書使われている。

HRは、個別機能ではなく使命語られることも多く、「人的資源獲得」「人的資源動機づけ」「人的資源育成」「人的資源定着」の4大使命達成するために存在しているという説明をする会社もある。

かつて、Personnel Department呼ばれていた時代は、人事管理労務管理訳されていたPersonnel Managementが、主要な業務であった。現在HRというように呼称変化しているのは、「管理的な部門」から「事業サポート部門」へ、さらには事業と人をつないで、「事業促進していく部門としての役割変化していくべきという考え方に基づいている。

残念ながら日本企業人事部今も管理的な部門」であるのは否めないアメリカ企業組織機能ではなく使命研究していく必要があるだろう。そういう意味では「人事部=HR」とするには抵抗がある日本での人事部使命を超える部門として、人材活性部や人的資源最大活用部、風土革新のような名称のほうが、ふさわしいかもしれない

なお、HRは人間単なるWork Force労働力)という視点ではなく会社が持つ資源であるという視点から言葉であるが、Resource資源」から更に進んでCapital資本)という表現を使う会社もあり、Human Capital Management組織名称にしている企業出てきている。

<hr> 横罫線タグ

属性機能と値   DTD ※
noshade 属性値なし: 罫線立体的でなく平面的に表示する
size ピクセル罫線の太さを指定する
align 位置罫線位置指定する
  left (左揃え: デフォルト値)
  center (中央揃え)
  right (右揃え)
width ピクセルまたは%: 罫線長さ横幅)を指定する
※ DTD表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨

HR

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

.hr

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/01 02:27 UTC 版)

.hrクロアチアクロアチア語: Hrvatska)向けの国別コードトップレベルドメイン






「.hr」の続きの解説一覧

HR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/18 21:56 UTC 版)

HR, Hr, hr


  1. ^ ワンマン専用車であれば「ワHR-123」、ツーマン兼用車であれば「2HR-123」というふうに使われた。


「HR」の続きの解説一覧

hr

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 17:03 UTC 版)

水平線 (horizontal rule) を示す内容空で終了タグ存在しない

※この「hr」の解説は、「HTML要素」の解説の一部です。» 「HTML要素」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「HR」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.hrのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.hrのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
WEB for beginnerWEB for beginner
Copyright (C) 2002~2022 banban@scollabo.com
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.hr (改訂履歴)、HR (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのHTML要素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS