.kmとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 記号 > 記号 > .kmの意味・解説 

ケー‐エム【KM】


ケー‐エム【KM】

読み方:けーえむ

kanamycin》⇒カナマイシン


KM

フルスペル:Knowledge Management
別名:ナレッジマネジメント知識管理

KMとは、企業における業務の改善手法一種で、従業員有する経験知識を、企業全体で共有することによって、業務内容改善効率化図ろうとする方法のことである。

具体的には、企業全体で情報共有できるソフトウェアなどを導入することで、社員スケジュールプロジェクトなどを共有し社員提出する企画書報告書などの文章を、他の社員とともに共有するまた、問題点改善点について話し合う場を設け、現在までの事例検討しつつ今後の方針全員共有できるようなシステムのことである。

ナレッジマネジメント単純な共有システムを指すものではなく企業の中で情報共有することで、より効率的スムーズな経営補完する機能を持つものであるまた、情報の共有過程を通じて問題解決していく行程自体を、ナレッジマネジメントと呼ぶこともある。そのため、ナレッジマネジメント実現するには、社員一人一人知識経験を蓄積し公開できるようなインフラに加えて、それらを検討することで、解決方法探し出せる過程さらにはそのようなこと推奨される企業文化なども必要とされる


カナマイシン

分子式C18H36N4O11
その他の名称カナマイシンA、Kanamycin A、4-O-(6-Amino-6-deoxy-α-D-glucopyranosyl)-6-O-(3-amino-3-deoxy-α-D-glucopyranosyl)-2-deoxy-D-streptamine、カナマイシン、Kanamycin、1-O-[(1R)-2α-Hydroxy-3β-(3-amino-3-deoxy-α-D-glucopyranosyloxy)-4α,6α-diaminocyclohexane-1β-yl]-6-amino-6-deoxy-α-D-glucopyranose、6-O-(3-Amino-3-deoxy-α-D-glucopyranosyl)-4-O-(6-amino-6-deoxy-α-D-glucopyranosyl)-2-deoxy-D-streptamine、KM【カナマイシン】、KM【Kanamycin
体系名:6-O-(3-アミノ-3-デオキシ-α-D-グルコピラノシル)-4-O-(6-アミノ-6-デオキシ-α-D-グルコピラノシル)-2-デオキシ-D-ストレプタミン、4-O-(6-アミノ-6-デオキシ-α-D-グルコピラノシル)-6-O-(3-アミノ-3-デオキシ-α-D-グルコピラノシル)-2-デオキシ-D-ストレプタミン、1-O-[(1R)-2α-ヒドロキシ-3β-(3-アミノ-3-デオキシ-α-D-グルコピラノシルオキシ)-4α,6α-ジアミノシクロヘキサン-1β-イル]-6-アミノ-6-デオキシ-α-D-グルコピラノース


.km

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/21 19:18 UTC 版)

.km国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、コモロに割り当てられている。






「.km」の続きの解説一覧

KM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 14:26 UTC 版)

KM, km, Km




「KM」の続きの解説一覧

キロメートル

(.km から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 04:33 UTC 版)

キロメートルフランス語: kilomètre英語: kilometreアメリカ英語: kilometer、記号:km)は、国際単位系 (SI) の長さの単位で、1000 (103) メートルに等しい。 km の記号は、長さSI基本単位であるメートル m に 103 倍を表すSI接頭語であるキロ k を付けたものである。


  1. ^ 国際文書第8版(2006)国際単位系(SI)日本語版 訳・監修 独立行政法人産業技術総合研究所 計量標準総合センター、p.43、「SI単位あるいは単位全般に関して言えることであるが,正しい単位記号を用いるということは必須(mandatory)である.これにより,量の値についての曖昧さや誤解を排除することができる.」


「キロメートル」の続きの解説一覧

KM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 01:32 UTC 版)

PENTAXの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (KマウントMF機種)」の記事における「KM」の解説

1975年6月発売Kシリーズ普及機に位置する機種である。KXと同様SP機種ベースとなっているものの、Kシリーズ唯一ペンタプリズム従来アルミ蒸着のままであるほか、「フォトスイッチ」までもが継承されており、操作系レイアウト内部構造ともに従来PSマウント機である『アサヒペンタックスSPF』をほぼそのままKマウント化したような機種である。従来ユーザー乗換え配慮した製品であることがうかがえる。こちらも特注品としてモータードライブ対応型が存在する

※この「KM」の解説は、「PENTAXの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (KマウントMF機種)」の解説の一部です。
「KM」を含む「PENTAXの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (KマウントMF機種)」の記事については、「PENTAXの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (KマウントMF機種)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.km」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「Km」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.kmと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.kmのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.kmのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリKMの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.km (改訂履歴)、KM (改訂履歴)、キロメートル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのPENTAXの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (KマウントMF機種) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS