企業文化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 企業 > 企業文化の意味・解説 

きぎょう‐ぶんか〔キゲフブンクワ〕【企業文化】

読み方:きぎょうぶんか

従業員共通してもつ仕事観や行様式。その企業独特の経営理念企業風土同義用いられることもある。


企業文化 corporate culture


企業文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 03:05 UTC 版)

ロータス (ソフトウェア)」の記事における「企業文化」の解説

創業者ミッチ・ケイパー人柄から、ロータスはいつも進歩的な会社評判だった。ロータス最初の従業員 Janet Axelrod人事部門作っただけではなくロータス文化形成することにも寄与した1986年ロータスAIDSウォークサポートした最初の大企業であった1990年ロータス従業員の子供のためのデイケアセンター開設した1992年ロータス同性愛カップルにも完全給付する最初の企業のひとつであった1998年ロータスWorking Mother 誌が選んだ働く母親働き易い会社ベスト10選ばれたロータスは4,000人を超える従業員世界中で働いており、1995年IBM買収したとき従業員たちは「ビッグブルー」の文化に取込まれることを恐れた従業員たちや報道関係者驚いたことにIBMロータス文化に対して無干渉放任する態度取った。 しかし、2000年にはロータスもほとんど完全に同化された。IBM恐れていた従業員大量退職起きていないが、多くの古参従業員IBM文化について不満を漏らしている。 ケンブリッジロータス本部二つ建物から構成されていた。Lotus Development Building (LDB) と Rogers Street building である。2001年事業部長 Al Zoller は LDB の賃貸契約更新しないことを決定したその後引越し際に発生した従業員大規模な退職最後の脱出となったIBM内部へロータス統合今も続いている現在ではロータスIBMソフトウェアグループのブランド名である。ロータス内にはまだ強い一体感がある。ロータス部門からIBM他の部門異動させられ従業員は、今もロータスコミュニティの一員感じている逆にロータス買収以前からIBM社員ロータス部門配属され社員が、ロータスコミュニティの一員としてアイデンティティを持つ現象知られている

※この「企業文化」の解説は、「ロータス (ソフトウェア)」の解説の一部です。
「企業文化」を含む「ロータス (ソフトウェア)」の記事については、「ロータス (ソフトウェア)」の概要を参照ください。


企業文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 08:27 UTC 版)

AVII IMAGEWORKS」の記事における「企業文化」の解説

WINWIN体質感動あるもの創りクライアント喜び制作したものも嬉し感動獲得主義我流体質制作という答えのない業界に対して顧客を第1優先するために型にははまらないAVII IMAGEWORKSでは元々、映像制作の力しか持っておらず、中間業者下請けとして制作経験。これはクライアントから言われるがまま作るだけの製作工場のような態であった。これはAVII IMAGEWORKS考えビジネス本質からは大きく逸れていた。このことから顧客本質的なニーズ満たし顧客の満足を得ることに自社喜びを得るWINWIN体質醸成されていった顧客ニーズ満たすための企画全般的な制作映像デザインWEB)、運用社内完結可能にし、顧客の満足求めるために柔軟に対応した結果従来には収まらない企業文化が醸成されていった

※この「企業文化」の解説は、「AVII IMAGEWORKS」の解説の一部です。
「企業文化」を含む「AVII IMAGEWORKS」の記事については、「AVII IMAGEWORKS」の概要を参照ください。


企業文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 05:35 UTC 版)

スペシャライズド」の記事における「企業文化」の解説

LUNCH RIDE(ランチライド) スタッフランチタイム利用して40分ほどのバイクライドに出かけるユニークなカルチャーのひとつプロトタイプ製品テスト行ったり新しアイデアヒント得たり、単にバイクライドを楽しむだけではない、サイクルカンパニーの根幹をなす大切な時間として行われている。 BIG EASY(ビッグイージー) 週末利用して100マイルほどのロングライドを行う同社名物行事。ビッグイージーとはキツくない「イージー(ゆっくり)」な強度で走ると、いつの間にか「ビッグ長い)」な距離を走り切っていた、という意味言葉イージーとは言うもののレベル別で行われるため、上位レベルグループではかなりのハイペースで走行しているとか。

※この「企業文化」の解説は、「スペシャライズド」の解説の一部です。
「企業文化」を含む「スペシャライズド」の記事については、「スペシャライズド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「企業文化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「企業文化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



企業文化と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「企業文化」の関連用語

企業文化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



企業文化のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのロータス (ソフトウェア) (改訂履歴)、AVII IMAGEWORKS (改訂履歴)、スペシャライズド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS