創業者とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 創業者の意味・解説 

起業家

(創業者 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/13 22:13 UTC 版)

起業家きぎょうかとは、自ら事業を興す(起業)者を言う。「創業」(そうぎょうしゃ)とも言う場合もある。通常、ベンチャー企業を開業する者を指す場合が多い。アントレプレナー: entrepreneur)とも呼ぶ。[注釈 1]ヨーゼフ・シュンペーターはその経済理論において経済革新に繋がるイノベーションの担い手として重視したもの。イノベーションを起こす人の意味からイノベーターとも言う。起業家精神は、アイデアをお金に変える 1 つの方法として挙げられている[1]


注釈

  1. ^ フランス語 entrepreneurアントルプルヌールに由来する。

出典

  1. ^ アントレプレナーシップ”. Coursera. 2022年8月20日閲覧。
  2. ^ Entrepreneurs and strategic decisions - Introduction to Innovation and Entrepreneurship”. Coursera. 2023年8月21日閲覧。


「起業家」の続きの解説一覧

創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/03 02:47 UTC 版)

アジア無線」の記事における「創業者」の解説

創業者の岸豊は福井県出身1955年関西学院大学商学部卒業し同年電設資材商社因幡電機産業株式会社入社薬局有美産業株式会社東京千代田区)に転じた後、1963年アジア無線創業1974年株式会社改組して代表取締役社長就任したアジア無線中堅家電量販店急成長させたものの経営不振招いた要因について、日経流通新聞取材対し岸は、「経営不振最大要因先行投資負担店頭での商売やり方知らぬうちにおかしくなっていた。すべて私の指導力不足のせいだ」と語っている。

※この「創業者」の解説は、「アジア無線」の解説の一部です。
「創業者」を含む「アジア無線」の記事については、「アジア無線」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 08:14 UTC 版)

NOSIGNER」の記事における「創業者」の解説

太刀川英輔たちかわえいすけNOSIGNER代表 / 進化思考提唱者家 / デザインストラテジスト / 公益社団法人日本インダストリアルデザイン協会JIDA理事長 希望ある未来をデザインし創造性教育更新目指すデザインストラテジスト。 産学官様々なセクター中に変革者を育むため、生物進化という自然現象から創造性の本質を学ぶ「進化思考」を提唱し創造的な教育普及させる活動続ける。 プロダクトグラフィック建築などの高いデザイン表現力活かしSDGs次世代エネルギー地域活性などを扱う数々のプロジェクト総合的な戦略を描く。グッドデザイン賞金賞、アジアデザイン賞大賞、ドイツデザイン賞金賞他、国内外問わず100上のデザイン賞を受賞しDFAADesign for Asia Awards)、WAFWorld Architecture Festival)、グッドデザイン賞等の審査委員歴任する主なプロジェクトに、OLIVE東京防災、PANDAID、山本山横浜DeNAベイスターズ、YOXO、2025大阪・関西万博日本館基本構想など。 著書の『進化思考』(海士の風、2021年)は生物学者経済学者らが選ぶ日本代表する学術賞山本七平賞」を受賞。他に『デザイン革新』(パイ インターナショナル2016年)がある。

※この「創業者」の解説は、「NOSIGNER」の解説の一部です。
「創業者」を含む「NOSIGNER」の記事については、「NOSIGNER」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 00:43 UTC 版)

マジェスティ ゴルフ」の記事における「創業者」の解説

創業者の片山豊(1920-1997)は、岡山県出身島根県立隠岐水産高等学校卒業明治大学経営学科卒業後、日本水産入社し半年後に経営方針重役手紙送りつけるなどのエピソードを持つ。三河島工場長務めたのち、1948年独立マルマン前身日本特殊金工業を設立1960年国産第一号のガスライター丸萬製品販売開始し、ライター150円か300円ほどの時代に3300円のライター発売し成功するも、消費財直販事業「動くデパート」で失敗1971年マルマンゴルフ設立金属加工技術強み生かして1981年業界先駆けてメタルウッドダンガン』を発売し爆発的に売れ急成長する。日本初電気金張法の完成(従来剥離しやすかった張りを、素材の上に一旦張りして、その後電気炉用いて金を張り付けることによって、剥離し難く質感を出すことに成功)、ガスライター開発世界初電子ライター開発喫煙関連商品禁煙具、ゴルフ用品時計家電健康食品宝飾品などの技術開発事業拡大により、企業グループ形成した

※この「創業者」の解説は、「マジェスティ ゴルフ」の解説の一部です。
「創業者」を含む「マジェスティ ゴルフ」の記事については、「マジェスティ ゴルフ」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 03:29 UTC 版)

アマンド」の記事における「創業者」の解説

滝原健之(1919-1990)は引揚兵として1946年中国から帰還し同年新橋闇市甘味処「甘人」を開店アマンド洋菓子店に改称し事業拡大した。とくに銀座界隈中心に人気集め滝原水商売経営者らを支援したことから、銀座クラブバーアマンドケーキ喫茶店を客への土産ホステス待ち合わせ場所として積極的に利用しクリスマス時期などには各店から百個単位ケーキ注文を受けるほどとなり、滝原人気芸能人連れて銀座飲み歩いた芸能・文化方面タニマチとしても知られ宝塚歌劇団三島由紀夫浪曼劇場などを支援したまた、戦後ジャズマン集めてアマンド会」を立ち上げパーティ開催するなどして支援し川内康範の詩誌『ぶらい』も支援し自身も詩を投稿した著書に『甘人徒然草』。妻の如月美和子(1937-2005)は宝塚星組娘役だった元タカラジェンヌで、滝原死後アマンド社長として経営あたった

※この「創業者」の解説は、「アマンド」の解説の一部です。
「創業者」を含む「アマンド」の記事については、「アマンド」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/05 21:02 UTC 版)

チョバニ」の記事における「創業者」の解説

創業者でCEOのハムディ・ウルカヤは、本人談によると、1972年トルコ東部アナトリア乳業を営むクルド人家庭生まれアンカラ大学卒業後、1994年に英語を学ぶため渡米しニューヨーク州立大学オールバニ校在校トルコフェタチーズ輸入勧めた父親触発され1997年チーズ製造ユーフラテス社を創業したが、2年後ニューヨーク州北部ヨーグルト工場アメリカ政府系の中小企業支援財団から融資受けて購入し母国食べていたスタイルヨーグルト製造販売し、成功アメリカ生まれイスタンブール大学卒の15歳年上小児科医1999年結婚したが、離婚二人の間に子供はない。2012年に、チョバニ株式53%(10億ドル超)の所有権巡って元妻がハムディに対して訴訟起こしたが、2015年示談和解元妻は、ハムディの起業時にチョバニ前身であるユーフラテス社の株式53%を譲り受ける約束のもとに融資をしたこと、チョバニのヨーグルトレシピは同業ファイェ の元技術者から3ユーロ買ったのであることを主張していた。ユーフラテス社の株式巡って別の人物からも訴訟起こされている。 2015年難民救済目的とする財団Tent」の設立予定していること、寄付啓蒙運動の「ギビング・プレッジ」に参加したことを発表した

※この「創業者」の解説は、「チョバニ」の解説の一部です。
「創業者」を含む「チョバニ」の記事については、「チョバニ」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 14:14 UTC 版)

藤本ビルブローカー銀行」の記事における「創業者」の解説

当行創業者の藤本清兵衛18701949)は、和歌山兵衞の子・為之助として生まれ初代藤本清兵衛(1841-1891)の養女の婿となり、家督継ぎ襲名した初代清兵衛丹波旭村 (京都府)小作農家の子として生まれ大坂曾根崎米穀商住吉屋清兵衛養嗣子となり、清兵衛と名を改め25歳独立大阪市肥後橋南詰で米商営み淀川の水運利用した京都との間の米穀取引成功した人物で、明治維新後藤本姓を名のった。維新後激し相場変動乗り切って財を成し、米の輸出業も始めるなど、大阪屈指の米穀商となり府会議員務めた初代の兄・八木重助京都手広く米穀商をするかたわら相場師としても有名で、明治19年錦小路薩摩藩邸跡に京都米穀取引所設立される副頭取就いた。その息子八木与三郎は堂島屈指の大相場師として知られていた初代清兵衛藤本商店修業し八木商店創業した2代目清兵衛初代のもとで米相場修業後、手腕見込まれ嫡子となり、初代築いた財を引き継ぎ1895年東区横堀一丁目(現・中央区久太郎町)に藤本銀行設立欧米視察後、1902年ビルブローカー手形仲買)を業とする藤本ビルブローカー開業多数企業名を連ね、「第二松本重太郎」と呼ばれるほど関西財界で名を成した日糖事件による破綻後1909年当行会長辞任その後神戸米穀取引所理事長東讃電気軌道社長のほか、浪花土地摂津土地帝国土地大阪土建物臨港土地関西瓦斯大地城東土地、摩郞山ケーブル鉄道明治瓦斯大手銀行大正貯金銀行千日土地建物などの役員務めた2代目清兵衛実弟相場師は、当行2代目会長務めた翌年辞任し平賀敏会長となり、朝吹英二早川千吉郎武藤山治池田成彬野崎広太島徳蔵らの支援得て復興した

※この「創業者」の解説は、「藤本ビルブローカー銀行」の解説の一部です。
「創業者」を含む「藤本ビルブローカー銀行」の記事については、「藤本ビルブローカー銀行」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/12 09:45 UTC 版)

バセット・ローク」の記事における「創業者」の解説

ウェンマン・ジョセフ・バセットロークWenman Joseph Bassett-Lowke (1877年12月27日ノーザンプトン - 1953年10月21日)はノーザンプトンボイラー工であるJoseph Bassett彼の妻の Eliza息子組み立てセット鉄道模型船舶模型等を生産したバセット・ローク創業した人物である。彼はFlorence Jane Jones(1886年5月9日-1973年2月8日)と1917年3月21日結婚した

※この「創業者」の解説は、「バセット・ローク」の解説の一部です。
「創業者」を含む「バセット・ローク」の記事については、「バセット・ローク」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/23 22:38 UTC 版)

BABY SOUND LUCK」の記事における「創業者」の解説

創業者は代表取締役社長高田智彰(たかだ ともあき1974年昭和49年) - )。神奈川県出身で、日本大学文理学部体育学科卒業後、音楽活動始める。 1998年平成10年)には、志田博英師事し株式会社ヴェントゥオノ入社2007年平成19年11月30日株式会社BABY SOUND LUCK設立

※この「創業者」の解説は、「BABY SOUND LUCK」の解説の一部です。
「創業者」を含む「BABY SOUND LUCK」の記事については、「BABY SOUND LUCK」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 01:18 UTC 版)

日学」の記事における「創業者」の解説

創業者の吉田富雄1918年石川県生まれ)は、明治40年創業山代温泉花屋旅館」(のちのホテル百万石創業家吉田太郎ととよの四男として生まれる。1935年石川県立大聖寺中学校卒業後、1939年日本統治下の台湾屏東師範学校演習科を中退し台湾鉄工所入社1942年マニラ支社工員養成所副所長となったが、敗戦帰国京都府舞鶴出張所通訳経て1950年に「吉田教材教具店」を開業1957年に「日本学校用品」を設立して専務となり、1959年社長1974年に「日学」に改称1993年会長就任日学科学技術振興記念財団理事長長男吉田用親(一橋大学商学部卒)は日学社長長女慶子東洋曹連工業会長青木周吉(青木周三長男)の長男の妻。富雄13兄弟で、双子実弟である小黒末男日本硬質陶器社長小黒安雄養子となり、陸軍士官学校出て国際観光ホテル取締役友美堂(帝国ホテル内の画廊社長となった末男の孫に小黒一正がいる。富雄の甥に富士重工副社長吉田信彦、ホテル百万石創業社長吉田豊彦、その弟で同会長吉田博示、加賀市長の矢田松太郎がいる。

※この「創業者」の解説は、「日学」の解説の一部です。
「創業者」を含む「日学」の記事については、「日学」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 18:20 UTC 版)

目黒雅叙園」の記事における「創業者」の解説

創業者の細川(1889~1945)は石川県下甘田村米浜(現・志賀町)の農家の六男として生まれ大阪尋常小学校10歳終え15歳上京し神田風呂屋住み込み働き始めた23歳独立し芝区1丁目で銭湯瓦斯コークス販売始めた中野貫一長男忠太郎知り合い忠太郎芝浦に来るたびに力風呂の三助として指名芝浦土地払い下げがあることを力から聞いた忠太郎1919年16坪を450万円購入、力はその謝礼として忠太郎から大金当地管理任され1920年芝浦商事株式会社設立して不動産業始めた1922年には葉山芝崎海岸洋館和館部屋数50室という宏大別邸建設関東大震災翌年南浜町会(芝浦1丁目会)の会長就任1928年には芝浦自宅中華料理屋にし「芝浦雅叙園」として開業1931年目黒雅叙園始めた芝浦花街三業組合理事長となり、芝浦花柳界見番(現・港区立伝統文化交流館)を建設棟梁には、目黒雅叙園も手がけた酒井五郎当たった後妻敏子子爵東坊城徳長二女庶子)で、その弟妹東坊城恭長入江たか子がいる。長男細川力(1923年生)は42歳早世

※この「創業者」の解説は、「目黒雅叙園」の解説の一部です。
「創業者」を含む「目黒雅叙園」の記事については、「目黒雅叙園」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/08 23:31 UTC 版)

聚芳閣」の記事における「創業者」の解説

足立欽一は1893年明治26年)に東京新宿生まれ1953年昭和28年)に没した。自らも戯曲小説を書く趣味人であり、徳田秋声師事して創作発表するかたわら出版社聚芳閣興した自著に『書画骨董あきめくら』・『外道三昧』・『恋愛遊戯』・『迦留陀夷 』などがある。一時山田順子恋人だったことでも知られ秋声の『仮装人物』にも登場する

※この「創業者」の解説は、「聚芳閣」の解説の一部です。
「創業者」を含む「聚芳閣」の記事については、「聚芳閣」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 09:09 UTC 版)

アンドリュー・ハンディサイド」の記事における「創業者」の解説

創業者はアンドリュー・ハンディサイド(以下アンドリュー称する)である。アンドリュー1805年スコットランドエディンバラ生まれ長じて叔父のチャールズ・ベアード(英語版)がロシアサンクトペテルブルク展開するエンジニアリング事業学んだ1848年ダービーにあるブリタニア・ファウンドリー移り、その業務引き継いだ

※この「創業者」の解説は、「アンドリュー・ハンディサイド」の解説の一部です。
「創業者」を含む「アンドリュー・ハンディサイド」の記事については、「アンドリュー・ハンディサイド」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 05:04 UTC 版)

手島精管」の記事における「創業者」の解説

手島二三男は、1970年4月手島精密細管製作所として創業すると、注射針用ステンレスパイプの製造開始キャッシュフロー確立し事業軌道乗せる1972年9月には有限会社手島精管製作所設立し法人化文具関係のパイプ部品及び医療機器パイプ部品電機部品自動車関係のパイプ部品製造開始1985年資本金2,000万円増資同時に株式会社化手島精管株式会社改名1992年自社パイプ製造開始し、後に特許を取る。1989年株式会社韓国手島設立

※この「創業者」の解説は、「手島精管」の解説の一部です。
「創業者」を含む「手島精管」の記事については、「手島精管」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 10:00 UTC 版)

鈴木商会」の記事における「創業者」の解説

創業者の鈴木一弘は、1917年愛知県生まれ1935年ごろ郷里滝実業学校中退後、鉄鋼商・鉄鋼所の経営などにあたり第二次大戦中軍需省航空兵器総局嘱託として同省に鉄鋼品を納入したりしていた。終戦後名古屋鉄鋼品の製造販売陶器楽器自動車用部品製造など手広く事業営み新興勢力として中京財界台頭しその間無尽会社にも関与し無尽業界(のちの相互銀行業界)とも関係をもった。 1950年上京し合成繊維漁網販売手始め不動産業金融業などを営むなか、白木屋乗っ取り事件横井英樹派として関わりその後1958年妙高高原スキー場開発などを手掛ける房総観光産業株式会社代表取締役社長となったほか、数社の傘下会社役員兼ねた同年から1960年にかけて、大東京火災海上保険東都水産浅野物産愛知トヨタ自動車北陸銀行日本加工製紙野崎産業大阪機工若林酒類食品愛知時計電機大生相互銀行など中堅企業合計21社の株買い占め動き、これを会社側に高値買い戻しを迫るなどした。このときの行為恐喝などにあたるとして1960年11月逮捕され12月起訴1966年8月有罪判決受けたまた、田中角栄関与した1960年代鳥屋野潟疑惑にも関わった。その後スキー場レジャー施設運営する鈴木総本社創業し経営にあたり1995年死去したグリーンメーラー参照)。

※この「創業者」の解説は、「鈴木商会」の解説の一部です。
「創業者」を含む「鈴木商会」の記事については、「鈴木商会」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 05:11 UTC 版)

カミカゼスピリッツ」の記事における「創業者」の解説

M!z(本名非公開愛知県安城市出身1978年9月17日-)血液型AB型1994年3月安城市立東山中学校卒業後、岡崎市転居し1997年2月岡崎城西高等学校卒業1992年田宮模型主催全国放送をしていた、タミヤRCカーグランプリ出場し全国3位一時期、某アイドルグループメンバー交際していたことがある元公財団法人特攻隊戦没者慰霊顕彰会員映画プロデューサー伊藤主税とは同級生であり友人であり、フリーメイソンとの噂もある。

※この「創業者」の解説は、「カミカゼスピリッツ」の解説の一部です。
「創業者」を含む「カミカゼスピリッツ」の記事については、「カミカゼスピリッツ」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 02:43 UTC 版)

共創未来ファーマ」の記事における「創業者」の解説

創業者友田兵衛先祖近江屋兵衛天保年間初代近江屋長兵衛のもとに奉公上がり享和2年1802年)に初代長女ふさと結婚し文化4年1807年)に分家その後4代目近江屋兵衛明治になり友田兵衛改名した大阪出身4代目兵衛武田長兵衛商店入り長崎荷物問屋の洋取引担当1868年神戸港開港する輸入振るわず取引のあった横浜薬品外商英国人ハルトリや貿易商屋喜八から横浜なら薬品貿易機運ありと聞き1871年横浜転居屋に寄寓して薬品輸入業を始める。1878年境町(現・横浜市中区日本大通)に店舗構え友田商店号し合資会社とする。

※この「創業者」の解説は、「共創未来ファーマ」の解説の一部です。
「創業者」を含む「共創未来ファーマ」の記事については、「共創未来ファーマ」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 03:31 UTC 版)

図書印刷同朋舎」の記事における「創業者」の解説

創業者の足利浄圓(1878-1960本名藤沢浄円)は、浄土真宗最高位勧学授けられ高僧足利義山の孫。義山長女サトと俵順亮の二男として生まれたが、2歳で母を亡くし母方実家勝願寺広島県福山市)で育ち高輪仏教大学卒業後、1902年渡米シアトルサクラメントフレズノサンノゼ仏教会に駐在しカリフォルニア各地仏教会を設立1906年、いとこの夫でハワイ開教活動をしていた本願寺派僧侶今村恵猛en:Yemyo Imamura)の招きハワイ移り、若い労働者のための夜間学校仏教青年会を開くなど布教活動をしたが、病のため1908年帰国1918年京都同朋舎設立した1924年雑誌同朋」を創刊1933年真宗学研究所(のちの自照舎)を設立京都女子学園創始者甲斐和里子母方叔母

※この「創業者」の解説は、「図書印刷同朋舎」の解説の一部です。
「創業者」を含む「図書印刷同朋舎」の記事については、「図書印刷同朋舎」の概要を参照ください。


創業者 (森田純一)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 07:37 UTC 版)

モリタ (歯科医療)」の記事における「創業者 (森田純一)」の解説

1883(明治16)年1月滋賀県地方役人の家に生まれる。慶應義塾」に進学するも、純一18歳の頃、後援者実母相次いで亡くなったため、勉学の道を断念し京都大澤商会入社する貿易商大澤商会では、手広く海外取引しており、純一は高級時計自転車蓄音機など多様な輸入販売事業発展に力を尽する。その折外国歯科器械材料輸入販売着目した純一は、大澤商会常務兼務しながら森田歯科商店創業する。

※この「創業者 (森田純一)」の解説は、「モリタ (歯科医療)」の解説の一部です。
「創業者 (森田純一)」を含む「モリタ (歯科医療)」の記事については、「モリタ (歯科医療)」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 06:49 UTC 版)

比亜迪」の記事における「創業者」の解説

創業者で現会長の王伝福は、2009年度版胡潤百富榜の評価では総資産350億元(日本円で約4,556億円)と、中国一の資産家

※この「創業者」の解説は、「比亜迪」の解説の一部です。
「創業者」を含む「比亜迪」の記事については、「比亜迪」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 08:13 UTC 版)

ティラミスヒーロー」の記事における「創業者」の解説

創業者のPeggy Chang(ペギー・チャン)とAileen Koh二人バイセクシュアル公表している女性同士同性カップル2015年カリフォルニア結婚式挙げた。ペギー・チャンはもともとシンガポール才能発掘番組Hey Gorgeous英語版)で優勝した2007年のミス・シンガポール・ユニバース(英語版)でトップ5に残ったりして世間に顔を知られており、ブロガーとして長く活躍している。

※この「創業者」の解説は、「ティラミスヒーロー」の解説の一部です。
「創業者」を含む「ティラミスヒーロー」の記事については、「ティラミスヒーロー」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 07:39 UTC 版)

アイフル」の記事における「創業者」の解説

福田吉孝(1947年10月14日生まれ京都府出身)は、1967年個人営業貸金業松原産業」を起業1976年法人化して株式会社大朝設立し社長となり、1980年株式会社丸高株式会社丸東、株式会社山勝産業の各取締役1981年大朝地所株式会社代表取締役社長就任1982年丸高大朝、丸東、山勝産業吸収合併アイフル株式会社とし、代表取締役社長となる。高利により急成長した消費者金融界の代表企業となり、2005年には総資産56ドル築いて日本有数富豪となった2017年には小倉百人一首文化財団代表理事となり、嵯峨嵐山文華館開館2019年には福田美術館設立した2020年アイフル代表取締会長となり、長男福田光秀1980年6月16日京都市生まれ専修大学卒)が社長に就任した長女川畑光佐は福田美術館館長小倉百人一首文化財団専務理事などを務める。

※この「創業者」の解説は、「アイフル」の解説の一部です。
「創業者」を含む「アイフル」の記事については、「アイフル」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 05:19 UTC 版)

DFSグループ」の記事における「創業者」の解説

創業者のひとり、チャールズ・フィーニー(Charles Feeney)は1931年ニュージャージー州エリザベス生まれアイルランド系移民労働者家庭育ちアメリカ空軍兵士として朝鮮戦争従軍し日本駐屯1956年コーネル大学ホテル学科卒業後、フランス渡り地中海遠征中のアメリカ海兵隊員に免税酒を売る仕事始めた帰国ミラーDFS設立1960年代-1970年代の日本海外旅行ブーム乗じ莫大な利益上げる。億万長者の生活を享受するうち、家庭不和きっかけ金満生活に疑問抱き1982年慈善活動財団バミューダ2つ設立し、ほとんどの資産をこれらの財団に移す(離婚した妻に6000ドル財団一部権利譲渡)。 1996年LVMHDFS売却した際には。売却益から2600ドル長年勤務してくれた従業員2400人に分け与えた。両財団とも現在もDFSグループから配当得ており、篤志家として財団通してアイルランドアメリカ大学研究施設莫大な寄付行なっている。その一方、フィーニー自身質素な暮らしぶり知られており、車も家も持たず借家住み地下鉄タクシー利用する生活をしている。2度結婚し、5人の子供がいる。 もう一人の創業者ロバート・ミラー(Robert Warren Miller)は1933年マサチューセッツ州クィンシー中流家庭生まれコーネル大学卒業後、フィーニーとDFS社を設立DFS売却後31%の所有する主要株主である。フィーニーとは対照的に吝嗇化で強欲として知られ、ロンドン・パリ・ニューヨーク・ホンコンなど世界各地に家を持ちヨット親しむなど、DFSから上納された配当金で贅沢で華美な生活を顕示している。3人の娘たちは「ミラー家三姉妹」と呼ばれるセレブリティで、長女ピア石油王ジャン・ポール・ゲティの孫と、次女マリー・シャンタルギリシャ王室パウロス王太子と、三女アレクサンドラドイツ貴族血を引く父親デザイナーのダイアン・フォン・ファステンバーグの息子それぞれ結婚した。現在ミラーイギリス在住1973年から自らの投資会社経営しており、イギリス屈指の資産家として暮らしている。

※この「創業者」の解説は、「DFSグループ」の解説の一部です。
「創業者」を含む「DFSグループ」の記事については、「DFSグループ」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 06:47 UTC 版)

筑波書林」の記事における「創業者」の解説

創業者は菊田 俊男(きくた としお、1934年8月 - 2010年1月21日)である。菊田俊男は土浦市農家長男生まれ茨城県立土浦第一高等学校千葉大学園芸学部卒業後、農業従事する傍ら演劇サークル桑の実」に参加する。そこで妻のまきと出会い結婚する1967年昭和42年)、株式会社ほるぷに入社し東関事業部次長茨城事業部長歴任した1973年昭和48年)に同社退社し株式会社茨城図書設立した

※この「創業者」の解説は、「筑波書林」の解説の一部です。
「創業者」を含む「筑波書林」の記事については、「筑波書林」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/31 16:03 UTC 版)

キブラ・コーラ」の記事における「創業者」の解説

Qibla Cola Company社の創業には、ダービー出身のザヒダ・パーヴェーンとザファー・イクバル(いとこ同士)の2人が関わった。ザヒダ・パーヴェーンは多く慈善団体抱え込み自社全ての利益10%チャリティー寄付するという社会的な目的によって、当社特徴付ける事を決定した。アビド・フッサーインは当社実質経営者であり、投資者であった

※この「創業者」の解説は、「キブラ・コーラ」の解説の一部です。
「創業者」を含む「キブラ・コーラ」の記事については、「キブラ・コーラ」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/10 21:43 UTC 版)

成甲書房」の記事における「創業者」の解説

甲東は1919年3月11日朝鮮慶尚南道ソウルの南約300kmにある丹渓里(ダンゲリ)で、名門両班地主次男として生まれる。1941年早稲田大学卒業後朝鮮へ帰国し朝鮮独立運動身を投じ抗日パルチザン朝鮮独立同志会」を組織する戦後朝鮮共産党機関紙解放日報記者経て南朝鮮労働党合流1948年朝鮮民主主義人民共和国建国されると、文化宣伝省ヨーロッパ部長になるが、1950年金日成粛清により逮捕監禁される1956年釈放される翌年北朝鮮脱出し日本へと逃れて金日成政権批判続けた。同じ南朝鮮労働党出身朴正煕とも親交があった。朴正煕に、アメリカ秘密に、中ソとの国交回復のために北京モスクワ赴く全権密使になることを依頼されるも、その直後朴正煕KCIA部長金載圭暗殺される1992年1月朝鮮民主統一救国戦線常任議長

※この「創業者」の解説は、「成甲書房」の解説の一部です。
「創業者」を含む「成甲書房」の記事については、「成甲書房」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/15 09:04 UTC 版)

LALs」の記事における「創業者」の解説

現代坂本秀一経済経営興味があり勉強をしていたが高校三年生時に急遽ファッションデザインの道を選び美術大学進学宝塚造形芸術大学在学中NDKファッションショーグランプリほか、数々デザイン賞を受賞する卒業しリステア(RESTIR)に就職。高級ブランド囲まれながらデザインをしてきたことにより、繊細ハイエンド物作りと、色々なテイストデザインミックスしたコーディネート自身デザイン土台となる。その後独立し海外ブランドニナ・リッチNINA RICCHI)や大手アパレル百貨店ファッションビル系、109系と幅広いターゲットマーケット経験するクリエイトしながらも、元々興味のあった経営携わるため会社設立準備をする。そして女性きれいにするのがコンセプト株式会社LALs設立ネイルサロン『factorygirl』をオープンさせ、ネイルコーディネート一部としてネイルでの世界観表現する。 現在もサザビーリーグのESTNATIONのデザイン世界展開するホテルのユニフォームデザインなどを請け負いながらクリエイターとして活動している。。

※この「創業者」の解説は、「LALs」の解説の一部です。
「創業者」を含む「LALs」の記事については、「LALs」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 23:48 UTC 版)

バンホーテン」の記事における「創業者」の解説

カスパルス・ファン・ハウテン(Casparus van Houten, 1770年 - 1858年)は1815年チョコレート工場創業した1828年にはカカオ豆からカカオバター除去してココアパウダー造る製法特許をとった。

※この「創業者」の解説は、「バンホーテン」の解説の一部です。
「創業者」を含む「バンホーテン」の記事については、「バンホーテン」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 09:19 UTC 版)

白鷹 (企業)」の記事における「創業者」の解説

初代辰馬悦蔵天保6年1835年)に西宮浅尾家の長男として生まれ、辰馬家本家辰馬本家酒造)の三女婿養子となる。本家より独立し通称北辰馬家)、当時西宮にあった雀部家(魚崎酒造家・雀市郎右衛門)の「」(井戸宮水仕込む酒蔵)を買い取り酒造開始、「」印と銘うって江戸へ積み出し開始し、のち「白鷹」印を出す。引退後は悦叟と名乗る長男の篤市(1868-1943)は1883年に辰馬家本家養子入り一時東京新川酒問屋山縣源次郎の養嫡子となったが、1896年に辰馬本家呼び戻され家督継いで13当主・辰馬吉左衛門となる。次男の豊一は浅尾市朗助の養子となって浅尾豊一名乗り、その次女富貴子は新川酒問屋山縣商店養女入ったのち、辰馬本家縁戚にあたる本町馬家・辰馬卯一郎三男山縣勝見を婿とした。 2代目辰馬悦蔵初代長女もんの婿。その長男・寛爾が3代辰馬悦蔵3代目京都帝国大学考古学学び、酒業の傍ら研究続け、のちに辰馬考古資料館設立したまた、第一次大戦後大正景気に沸く1916年家業を継ぐ前年)から世界恐慌後の1933年までの間に、悦資産20近く増え灘の酒造界において、大手の辰馬本家白鹿)、嘉納財閥2家(菊正宗白鶴)に次ぐ資産となった。その長男・辰馬寛男が4代目社長となり、その娘婿澤田朗が5代目社長務める(2009年-)。

※この「創業者」の解説は、「白鷹 (企業)」の解説の一部です。
「創業者」を含む「白鷹 (企業)」の記事については、「白鷹 (企業)」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 07:19 UTC 版)

ハリウッド (企業)」の記事における「創業者」の解説

牛山清人(別名・ハリー牛山)は1899年明治32年長野県諏訪市豊田小川士族牛山克躬・さわの夫婦長男として生まれる。生まれてすぐ母親亡くし1917年大正6年)に父をたよって単身渡米ハリウッド早川雪洲弟子として働くも俳優としては出ずメイキャップ転身メイ牛山とともに美容室からはじまった美容業拡大、現在に至る。健康食品発売もはやく昭和30年代後半から、野菜食、発酵食品健康ドリンクをはじめ、美容と健康がセットで重要であることを説き昭和40年代SBM美容理論初期三大排泄美容理論という)を確立Skin Body Mindfulness重要さ美容根幹だと説くロングセラー商品酵素パック、ベルアージュ、グリーングリーンなどがある。日本最初にマスカラはじめたのもハリウッド化粧品で、中小企業ながら常に時代先端つくっている。

※この「創業者」の解説は、「ハリウッド (企業)」の解説の一部です。
「創業者」を含む「ハリウッド (企業)」の記事については、「ハリウッド (企業)」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 02:57 UTC 版)

武田長兵衛」の記事における「創業者」の解説

創業者・武田長兵衛寛延3年1750年)に大和国廣瀬郡薬井(現奈良県北葛城郡河合町薬井)にて竹田徳兵衛次男として生まれた幼名は長三郎宝暦5年1755年6歳時に大坂博労町の綿商で叔父河内屋兵衛養子になった14歳の時、養父河内屋兵衛亡くなくなると、道修町薬種商営んでいた近江屋喜助のもとに丁稚奉公出た勤勉さ買われ24歳別居許され通い番頭となり名を長兵衛改名する主家一族近江屋兵衛亡くなり実子幼少だったので28歳でその代判に選ぱれた。代判とは、当主婦人幼少老衰病弱などのため、代わって事業経営金銭出納任務にあたる責任者である。主家である近江屋が不正唐物事件連座して営業権)を取り上げられてしまうが、長年誠実に勤続した長兵衛報いるために主人奔走して仲間手に入れてくれた。しばらく代判続けた後、天明元年1781年6月12日32歳のとき道修町2丁目堺筋角で薬種中買商として独立を果たす。これが今日における武田薬品工業創立記念日とされている。タケダは昔、近江屋といったので近江商人出身だと思われがちであるが、これは初代長兵衛丁稚奉公した主家近江日野出身屋号近江屋と言い養子のかたちで店舗開いたからで、武田長兵衛自身大和国河合出身である。

※この「創業者」の解説は、「武田長兵衛」の解説の一部です。
「創業者」を含む「武田長兵衛」の記事については、「武田長兵衛」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 22:13 UTC 版)

としまえん」の記事における「創業者」の解説

藤田三郎1881年兵庫県大久保村地主三男として生まれ東京帝国大学法科大学仏法科を卒業後、日本銀行入行したが、学資援助受けた伊藤長次郎経営する三十八銀行請われ移りその後岳父田中八郎の兄・大川平八郎築いた大川財閥幹部として樺太工業など多く企業重役務めた造園普請道楽があったといい、豊島園開園以前の1919-1920年に、文京区千駄木邸宅庭園建設したが、関東大震災後旧安田財閥創始者安田善次郎女婿である安田善四郎 (2代目)売却、その長男安田雄の没後安田家から日本ナショナルトラスト寄贈され、現在「旧安田楠雄邸庭園」として保存・公開されている。

※この「創業者」の解説は、「としまえん」の解説の一部です。
「創業者」を含む「としまえん」の記事については、「としまえん」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 03:03 UTC 版)

イエローハット」の記事における「創業者」の解説

創業者の鍵山秀三郎初め就職した会社での経験から、トイレ掃除自分周囲意識変え会社社会をも変えるとの信念持った経営取り組み、「凡事徹底」を提唱し「物を整理し掃除することは頭を掃除することでもあり、ムダ汚れ気づくうになる」との考えを持つにいたった。その体験談思想多く書籍集積されている。社員掃除活動その後社外にまで広がり見せ会社から半径2.5道路公園ごみ拾い始まり10種類以上もある資源ごみ細かく分類する作業にまで及んだ。さらに、ごみ専用倉庫建設したり、企業収益一部社会還元する動きにまで発展させる1991年平成3年)には、鍵山とその賛同者35名による「日本を美しくする会」が発足掃除実践隊である「掃除に学ぶ会」はその後全国122か所のほか、中国台湾ブラジルニューヨークなど海外にまで広がった

※この「創業者」の解説は、「イエローハット」の解説の一部です。
「創業者」を含む「イエローハット」の記事については、「イエローハット」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/07 23:52 UTC 版)

千代田生命保険」の記事における「創業者」の解説

創業者である門野幾之進安政3年1856年鳥羽藩家老の家に生まれ14歳慶應義塾入塾し福沢諭吉師事入塾2年後には16歳教鞭をとり、以来31年にわたり多く人材世に送り出したその後参加していた交詢社で、師と仰いでいた福沢諭吉紹介した“人の生涯請け負う仕事”というものに興味をひかれ、これこそ世の中有益な事業であると考え千代田生命保険相互会社創立し実業家としても活躍した。他にも共同保険海上海運保険豊国銀行経営携わり貴族院議員として活躍し郷土三重県鳥羽市)の教育振興尽くしたまた、慶應義塾教頭務めるなど、実業家でもありかつ教育者でもあった。1983年昭和58年世界保険関係者にとって最高の栄誉といわれるアメリカオハイオ州の「保険殿堂入りをはたす。

※この「創業者」の解説は、「千代田生命保険」の解説の一部です。
「創業者」を含む「千代田生命保険」の記事については、「千代田生命保険」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/17 08:07 UTC 版)

HUG (企業)」の記事における「創業者」の解説

代表は海老澤稔。通称オッパ呼ばれている。オッパ韓国語お兄さんという意味で頼り甲斐のある優しい性格からきていると思われるクラブDJだった海老澤が、WEB制作会社アルバイトをしたのをきっかけフロントエンジニア勉強をし、スクール得た知識恵比寿にあるwebマーケ会社社員になる。 アフィリエィターとしてもその腕を生かしその後2017年12月フリーランスに転向

※この「創業者」の解説は、「HUG (企業)」の解説の一部です。
「創業者」を含む「HUG (企業)」の記事については、「HUG (企業)」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 09:38 UTC 版)

ひつじ書房」の記事における「創業者」の解説

創業者は松本功国語国文学学術出版おうふうにて、編集・製作営業面での経験積み1990年平成2年)に独立創業したおうふう時代に『ケーススタディ日本文法』、『日本語概説』、『日本語教授法』などを企画担当した。著書に『ルネッサンスパブリッシャー宣言』、『税金を使う図書館から税金作る図書館へ』がある。ビジネス支援図書館発起人メンバー一人であり、1998年平成10年)には投げ銭システムという名称の少額決済システムが必要であるということ提唱した言語学出版社フォーラム発起人一人である。朝日新聞の「ひと」にて取り上げられことがある青空文庫最初バナー広告出稿社であるとともに機器メーカー閲覧端末準拠することが前提となっている「電子書籍」には批判的

※この「創業者」の解説は、「ひつじ書房」の解説の一部です。
「創業者」を含む「ひつじ書房」の記事については、「ひつじ書房」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 10:06 UTC 版)

Nendo」の記事における「創業者」の解説

佐藤オオキ」も参照nendo」の創設者佐藤オオキは、1977年カナダトロント生まれ2002年25歳のときに、早稲田大学大学院建築修士号取得し同年東京で「nendo」を会社設立佐藤はいくつかのインタビューで、 三宅一生との出会いが彼とnendo作品大きな影響与えていることを明らかにしている

※この「創業者」の解説は、「Nendo」の解説の一部です。
「創業者」を含む「Nendo」の記事については、「Nendo」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 06:14 UTC 版)

ポン・デ・ザール」の記事における「創業者」の解説

創業者は、二人の若いフランス人。アルチュール・ド・ヴィルパン (Arthur de Villepin) とティボー・ポンタリエ (Thibault Pontallier)。2010年香港出会った二人若者は、フランスが最も得意とするものを世界発信したいという共通の信念意気投合フランス元首相を父に持ちアート造詣深くワインを好むアルチュールシャトーマルゴー総支配人を父に持ち、自らもシャトー・マルゴーアジア地区アンバサダーとしワイン深く知りアートを好むティボー二人プロジェクトには、彼らのフランスルーツ豊かなカルチャー根差した洗練されたライフスタイル個性、彼らのセンス全て凝縮されている。「ポンデザール」は2010年から限定生産アートワインコレクション制作始め、今では 20ヵ国以上に輸出されている。

※この「創業者」の解説は、「ポン・デ・ザール」の解説の一部です。
「創業者」を含む「ポン・デ・ザール」の記事については、「ポン・デ・ザール」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 20:56 UTC 版)

obniz」の記事における「創業者」の解説

佐藤 雄紀(さとう ゆうき) 代表取締役吉本興行東京NSCお笑いコース12期生。早稲田大学創造理工学部卒(菅野研究室)。卒業論文テーマは、「低輝度集合解析用いた臓器境界判定自動化による内出血貯留検出手法構築」。在学中出会った後述する木戸たちとiPhoneアプリ「papelook」を開発創業し全世界2000ダウンロード達成する2012年株式会社Spotlight参画し、ビーコンデバイスの開発iPhoneアプリ開発エンジニアとして携わりM&A経験2014年電子回路API化を広げるために株式会社CambrianRobotics創業子供の頃から電子工作プログラム親しむ。 木戸 康平(きど こうへい) 共同創業者。小学生時代からプログラム始め高校・大学ロボコン没頭してハードウェア・ソフトウェアの両面を学ぶ。早稲田大学にて佐藤出会い、共に2000ダウンロードiPhoneアプリ制作する1度大手通会社就職したが、よりIoT間近感じ自分の手発展させるためにobnizジョインする。

※この「創業者」の解説は、「obniz」の解説の一部です。
「創業者」を含む「obniz」の記事については、「obniz」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/17 10:43 UTC 版)

ほてい屋」の記事における「創業者」の解説

創業者の西條清兵衛(1881-1930、旧名青木竹次郞)は、富山県上市町出身明治43年西條己之助の娘婿となり、家督相続し四谷伝馬町呉服太物商布袋屋」を営む。関東大震災後急速に栄え山手銀座」と呼ばれるようになった新宿進出しほていやデパート開業本館1400坪、附属建物200坪、地下1階、7階建ての大型店であったが、すぐに手狭となり、1929年500坪を増設地下2階拡張した東京染織取締役四谷区会議員なども務めたが、経営不振を苦に自殺没後は妻の千代経営引き継いだが、伊勢丹買収された。

※この「創業者」の解説は、「ほてい屋」の解説の一部です。
「創業者」を含む「ほてい屋」の記事については、「ほてい屋」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 00:54 UTC 版)

品川無線」の記事における「創業者」の解説

品川無線の創業者朝倉昭Audio Engineering Society英語版) (AES) 日本支部創始者でもあり、業務用フォノカートリッジ並びにトーンアーム開発実用化や、数々規格策定貢献などの業績から2004年AES Fellow Member承認され2005年の The 2005 AES in Barcelona において Fellowship受賞。なお著作については、〔朝倉昭ピックアップ」『日本音響学会誌』第28第8号日本音響学会1972年8月、 438-443頁、 ISSN 03694232、 NAID 110003107939。〕などがある。

※この「創業者」の解説は、「品川無線」の解説の一部です。
「創業者」を含む「品川無線」の記事については、「品川無線」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 02:59 UTC 版)

ヤギ (企業)」の記事における「創業者」の解説

八木与三郎(1865-1935)は京都出水葭屋町にて八木重助の四男・保次郎として生まれ1867年京都三条大宮但馬与兵衛嗣子平三郎養子となり与三郎と改名(のち大叔父八木文之丞の家督を継ぐ)。分家酒屋見習い叔父藤本米穀店での修業経て1893年大阪市東区唐物2丁目綿糸商を開業翌年大阪三品取引所仲買人免許取得1896年、南久太郎町2丁目土地購入し移転1905年朝鮮視察し仁川出張所開設1907年鐘紡など著名紡績会社特約店となり、翌年綿布売買兼営舞子別荘新築1909年京都修学院村山端別荘「騎牛庵」を新築1911年株式会社近松座を設立1912年東成土地建物株式会社帝塚山分譲)、浪速紡織株式会社設立し社長就任天津大倉組提携し綿糸直接輸出開始1914年営業税廃止運動参加し翌年より4年営業税調査委員務める。1915年天王寺南河堀町本宅新築1916年東京支店1917年より大阪商業会議所議員2期8年務める。1918年八木商店株式会社化し、1919年中国満州朝鮮視察視察後、国際労働会議列席した鐘紡社長武藤山治随伴したのち米国漫遊1923年武藤実業同志会創設協力するなど武藤衆議院議員当選協力したが、選挙違反の罪に問われ公職から引退し芦屋邸宅新築して転居1927年紺綬褒章下賜没後娘婿杉道助吉田松陰曾孫)が社長引き継いだ二男八木幸吉武藤娘婿となり政治家になった。三男八木泰吉は八木商店3代目社長で、岳父山田陸槌

※この「創業者」の解説は、「ヤギ (企業)」の解説の一部です。
「創業者」を含む「ヤギ (企業)」の記事については、「ヤギ (企業)」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/24 15:17 UTC 版)

ミカドホテル」の記事における「創業者」の解説

後藤勝造(1848-1915)は、信濃国現在の長野県)に生まれ横浜外国貿易実務経験した後、神戸回漕問屋松尾之助」を経て明治10年1877年)に蒸気船問屋後藤勝造本店」(現・後藤回漕店)を創業し旅館業にも進出して後藤旅館」を開いた明治22年(1889年)に後藤二郎(1868年生。鳥取県士族成瀬金一郎の弟)を養嫡子迎え宿泊客として知り合った後藤新平助言により、自由亭ホテルと名を変え洋食売りにした西洋式ホテルとして営業始めた明治28年1895年)にはやはり後藤新平勧め台湾へ回漕進出果たしホテル食堂などの事業一気拡大して神戸財界名士となった新規事業意欲的で「なんでも屋」の異名を持つ勝造は、台湾から樟脳廃液輸入し、これを薄めてトイレ防臭剤とすることを思いつき後藤新平民政長官務めていた台湾総督府より薬局法による消毒液認定受けてデシン」の名で売り出したところ大当たりし第一次世界大戦中武田長兵衛商店(現・武田薬品工業)に販売権譲渡するまで、家庭常備薬として広く愛用された。 明治32年1899年)に日本初列車食堂(食堂車)が山陽鉄道で始まるとこれに協力し2年後には「自由亭ホテル列車食堂部」を新設してその経営継承した明治39年1906年)に「鉄道国有法」で山陽鉄道国有化されたのちも引き続き経営認可され国有鉄道路線発達とともに「みかどホテル」」(1906年に「自由亭ホテル」から改称)の列車食堂営業もまた拡大していった。 明治41年1908年)には、台湾総督府鉄道部から台北駅台湾鉄道ホテル(のち台北鉄道ホテル)の経営台湾縦貫鉄道基隆高雄間)の列車食堂経営委託された。 大正4年(1915年)に勝造二郎家督譲り2代目となった二郎は、大正5年1916年)に東川崎町の「みかどホテル」の建物鈴木商店売却してホテル業から撤退し大正9年1920年)に列車食堂駅構内食堂専業とする「みかど株式会社」を設立昭和9年1934年)に台南駅に、昭和12年1937年)に高雄駅それぞれ鉄道ホテル開業すると、「みかど」はその経営委託され昭和19年1944年)に委託先東亜交通公社(のち日本交通公社)に変わるまで経営した列車食堂営業昭和13年1938年)に同業6社で設立した日本食堂株式会社」に統合された。

※この「創業者」の解説は、「ミカドホテル」の解説の一部です。
「創業者」を含む「ミカドホテル」の記事については、「ミカドホテル」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 02:26 UTC 版)

多木化学」の記事における「創業者」の解説

初代社長の多木粂次郎は、加古郡別府村代々農業醤油醸造業魚肥商などを家業とする地主の多木勝市郎シカの3男として安政6年1859年)に生まれ20歳家業継いだ当時主要肥料だった粕の高騰により困窮する農家のために明治18年1885年)に獣骨使った日本初蒸製骨粉製造始め明治23年1890年)より骨粉原料とした過燐酸石灰化学肥料製造開始した当初はその臭いが嫌われ就労者が集まらず、近隣からは廃業移転迫られるなど困難を極めたが、農業関係者無料配布したり農業講話を行うなど農家啓蒙活動販路拡大尽力する中、帝国大学農科大学より招聘されオスカル・ケルネルリン酸肥料効用試験成績発表したことにより人工肥料需要高まり事業急成長した。1888年から数年間、前田正名委託により「播州葡萄園」の経営にも携わった明治36年1903年)には、妻うの子との娘ゆき子の夫に、但馬資産家長島家の出身帝国農科大卒三郎(三良)を迎えて嫡子とし、自社副社長とした。 村議明治22年)、県議経て明治41年1908年)には衆議院議員に当選以降当選6回、政友会)。同年欧州旅行帰路満州朝鮮立ち寄り日韓併合以降朝鮮農場鉱山山林経営着手兵庫県農会長なども務め農業界への貢献により大正4年1915年)に藍綬褒章翌年に紫白綬有功章受賞大正7年1918年)には組織株式会社にし、敷地面積5万坪、職工1000名を抱え大企業成長させ、海外にも輸出して肥料王と呼ばれた同年、『外米管理ニ依ル米価調節ニ関シ農商務大ニ与フルノ書』を上梓大正9年1920年)には私立別府中学校設立(その後兵庫県立農業高等学校移転先として寄付)。大正11年1921年)に自社製品輸送用別府軽便鉄道(現・別府鉄道)を敷設し、播陽銀行取締役としてその経営にもあたった昭和14年1939年)、朝鮮予防協会への寄付により紺綬褒章受勲昭和14年1939年9月29日貴族院議員となり、交友倶楽部所属し昭和17年1942年)に84歳死去した日本肥料理事勲三等昭和8年1933年)に迎賓用に建てた西洋館は国の登録有形文化財および、景観形成重要建造物多木浜洋館(同比閣)」として保存されている。

※この「創業者」の解説は、「多木化学」の解説の一部です。
「創業者」を含む「多木化学」の記事については、「多木化学」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 09:56 UTC 版)

マネーツリー」の記事における「創業者」の解説

ポール チャップマン代表取締役・創業者):2000年SaaSスタートアップ「cvMail」を設立後Thomson Reutersバイアウトされる。その後en world JapanでIT部長勤め2009年よりモバイル向けソフトウェア開発着手2012年マネーツリー株式会社設立翌年より資産管理サービスMoneytree」の提供を開始日本母国オーストラリアにおける金融データポータビリティービジョンの展開にも取り組むマーク マクダッド(最高プラットフォーム責任者・創業者):米国の大学在学中金沢工業大学交換留学経験来日後en world Japan経てマネーツリー立ち上げ参画金融データプラットフォーム「Moneytree LINK」の事業部長常務取締役就任2015年一般社団法人Fintech協会の設立参画理事としてAPIセキュリティ分科会立ち上げ担当2018年一般社団 法人電子決済代行事業者協会の設立参画理事就任ロス シャロットチーフ アーキテクト・創業者):米国にてWEB・アプリ開発携わる来日後en world Japan経てマネーツリー立ち上げ参画2015年より最高技術責任者としてプロダクト・テクノロジーチームを統括2018年から2020年までは、オーストラリア市場エグゼクティブディレクター兼任し豪州政府下で消費者データ定めデータ標準化団体のアドバイザリーメンバーを務めた2021年8月よりリサーチ部門率いる。

※この「創業者」の解説は、「マネーツリー」の解説の一部です。
「創業者」を含む「マネーツリー」の記事については、「マネーツリー」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 01:24 UTC 版)

今啓パール」の記事における「創業者」の解説

創業者の今井啓介は、実業のみならず多方面多彩な活動行っており、今出屋左衛門の名でキングレコード東芝レコードなど演歌を数曲録音している。交友関係広く書画では個展開いたこともある。 月刊神戸っ子誌上対談企画今井は、1994年1月号から1998年5月号まで足かけ5年合計12回にわたり、さまざまな業界人との対談インタビュアー務めた第1回 和田一夫ヤオハン代表) 第2回 飛岡健現代人科学研究所第3回 小松益喜(洋画家第4回 岩村昇国際人開発機理事長 第5回 浜田泰介日本画家第6回 藤岡和賀夫プロデューサー第7回田光史朗 第8回 和田一夫ヤオハン代表) 第9回 葉室頼昭春日大社宮司第10回 稲垣美穂子女優・劇目覚め時計代表) 第11回 大和地唄舞大和流家元第12回 東条由布子昭和記念館建設準備会)。 1998年平成10年10月17日毎年10月第3日曜日京都市右京区開催される斎宮行列今井斎王行列実行委員会阿部寛要請右京大夫山城守役で参加野宮神社から嵐山中之島公園までを先導した2012年平成24年)には兵庫竹田研究会 事務局長財団法人竹田研究財団竹田恒泰より任命されつとめる。 出版 2000年5月20日今井啓介結婚いろは歌今啓パールJDC 2000年5月20日出版ISBN 4-89008-267-0 2015年9月10日今井啓介業績伸ばす任せっぱなし経営』(幻冬舎ISBN 4344973151 ISBN 978-4-344-97315-2

※この「創業者」の解説は、「今啓パール」の解説の一部です。
「創業者」を含む「今啓パール」の記事については、「今啓パール」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 15:41 UTC 版)

ケントク」の記事における「創業者」の解説

鈴木清一一燈園信仰しており、ダスキンの創業者でもある。社名の「ケントク」は、鈴木亡き友人戒名謙徳」(けんとく)から由来する。 この項目は、企業関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(ウィキプロジェクト 経済)。

※この「創業者」の解説は、「ケントク」の解説の一部です。
「創業者」を含む「ケントク」の記事については、「ケントク」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 05:43 UTC 版)

殖産住宅」の記事における「創業者」の解説

創業者の東郷民安(1916-2003)は、静岡高等学校 (旧制)東京帝国大学経済学部経て陸軍航空本部主計中尉として建設資材などの調達あたった戦後建材業を始め1950年注文住宅殖産住宅相互創業社長に就任した頭金不要、安い掛け金という積み立て割賦販売方式による住宅分譲会社急成長させ、著書『すまいのパンセ』(実業之日本社1972年)も出した。 だが1973年株式上場を巡る所得税脱税事件殖産住宅事件)で東京地検特捜部逮捕され会長辞任個人脱税としては当時史上最高の約26億円を認定され1984年最高裁懲役2年6ケ月執行猶予3年罰金4億円の罪が確定1985年罰金支払い不能のため労役収監されるが、胃がんの手術のため労役執行停止翌年に『罠―殖産住宅真実』(講談社1986年新版政経情報社、1989年)を出し東京不服審判裁決書に対し行政訴訟申し立てた息子東郷昌和、娘の恵美子高橋幸宏元妻

※この「創業者」の解説は、「殖産住宅」の解説の一部です。
「創業者」を含む「殖産住宅」の記事については、「殖産住宅」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 14:55 UTC 版)

曙ブレーキ工業」の記事における「創業者」の解説

創業者の納三治(おさめ・さんじ)は1873年岡山県裳掛村(現・瀬戸内市)で生まれ同志社大学卒業後、米国コーネル大学学び帰国後、英国保険組合ロイズ代理店業や横浜サミュエル商会紡績機セールスエンジニアとして働いた1917年より高田町 (東京府)雑司ヶ谷毛布帽子用の毛糸製造工場「曙工場」を経営。「曙」は郷里の港から対岸小豆島を望む夜明け美しさから採ったという。自動車国内普及につれ補修品用部品の需要高まりつつあったことから、1929年東京府北豊島郡高田南町現・東京都豊島区高田)に個人営業の「曙石綿工業所」を創業し耐熱繊維など多重織りしたブレーキ摩擦材生産始めた満州事変以降軍用需要増え1936年株式会社改組社章には、事業対す信念天の時、地の利人の和」による発展願い母校同志社大の校章三稜」と同じものを許可得て採用した戦時体制下軍需ブレーキ製造激増したため、大規模工場建設するなど事業拡大したが、1941年統制ルートからの落綿などの購入国家総動員法違反該当するとして逮捕され執行猶予付き有罪判決を受け、1942年に又木周夫(日本内燃機社長)に社長の座を譲った1924年下落合建てた邸宅巨大な西洋館で(1945年焼失)、隣人佐伯祐三吉田博らがいた。

※この「創業者」の解説は、「曙ブレーキ工業」の解説の一部です。
「創業者」を含む「曙ブレーキ工業」の記事については、「曙ブレーキ工業」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 07:52 UTC 版)

読売新聞」の記事における「創業者」の解説

子安峻本野盛亨柴田昌吉創業し子安初代社長(1874-1889)、本野2代目社長(1889-1909)を務めた子安峻(1836-1898)は、大垣藩子安宗茂長男として生まれ江戸出て砲術蘭学舎密学、英語などを学んだのち、1868年外務省高官となり、傍ら1870年横浜毎日新聞創刊関与し横浜日就社創立1873年には、英和辞典附音挿図英和字彙』を柴田昌吉とともに出版翌年読売新聞発刊した。 なお、三代目社長高柳豊三郎(1910-1912)、四代目本野英吉郎(1912-1917)、五代目秋月左都夫(1917-1919)、六代目松山二郎(1919-1924)が務めた

※この「創業者」の解説は、「読売新聞」の解説の一部です。
「創業者」を含む「読売新聞」の記事については、「読売新聞」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 04:47 UTC 版)

ピー・ビーシステムズ」の記事における「創業者」の解説

冨田和久1963年生まれ1986年3月九州大学卒業1986年4月野村総合研究所入社1997年2月ピー・ビーシステムズ創業現代取締役社長座右の銘Nothing Seek,Nothing Find虎穴に入らずんば虎児を得ず創業時から仮想化ビジネス着目し国内でもいち早く製品取り扱い仮想化利用したシステム基盤構築等を手掛ける当時仮想化製品に関する情報乏しかった事から、自ら解説本等を出版し仮想化ビジネス啓蒙努めた著作物: 『メタフレーム革命冨田和久ISBN 4-921204-00-4 『メタフレーム革命stage2冨田和久ISBN 4-921204-01-2 また、同社製造・販売している360度全周スクリーン用いた 3D形式ミニシアター4DOH」における、複数コンテンツについてエグゼクティヴ・プロデューサーとして指揮とっている。プロデューサー別名:「森真」(敬愛するザ・スミスボーカリストであったモリッシー日本語化したと言われている。) 主なプロデュース作品: 「マルスの赤いスカーフ2013年リッキー黒き炎」2013年臨時体育教師ジョン2013年臨時体育教師ジョンpart2美女ヅラお好き2014年

※この「創業者」の解説は、「ピー・ビーシステムズ」の解説の一部です。
「創業者」を含む「ピー・ビーシステムズ」の記事については、「ピー・ビーシステムズ」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 14:59 UTC 版)

中央シャッター」の記事における「創業者」の解説

創業者の市川文胤(ふみたね)は、シャッター修理一代で4グループ築き上げた職人肌のアイデアマン100件を超える特許申請行った群馬県甘楽郡生まれの父・文太郎丁稚奉公東京来て始めた鉄工所三男として生まれる。三男である事や兄弟仲良くない事などで、独立決意タクシー運転手として働き3年300万円事業資金貯蓄当時から"何時にどこに見込み客多く来る"といったことを察知するような、独自の感覚持っていた。1970年集めた資金元に素人でもシャッター塗装修理業ならできるのではないか考え創業色々な仕事が『中央に集まる様に』との思いから社名中央シャッター」 にした。シャッター塗装始まり、客から『シャッター修理出来ないか?』と言われ見よう見まね始めたその後、客から『良いテント屋はいないか』と聞かれたが、自分スーツ仕立てていた仕立て屋辞めて田舎帰る事を知りスカウトをしてテント業も始め、『良い看板屋居れば紹介してもらいたいと言われ看板業を始めたさらには下請けプラスチック成型機業者廃業する事を知り社長機械全部引き取り自社製品プラスチック成型始める。シャッターでは、緊急工事の対応などに注力するなど地道な営業活動で礎を築く。 1970年創業当時市川文胤は、既に市場にあった横引きシャッター修理主な業務としていたが、当時横引きシャッター上下シャッターを単に横向きにし、下にタイヤをつけてレール上を走らせる構造主流だった。この構造では、レール上にゴミがたまりやすく、動き悪くなったりして故障多く大手メーカー販売中止。文胤は、カーテンのようにレール上部につけた「上吊式横引きシャッター」を開発その後、特殊シャッターメーカーとして「横引シャッター」を創業する。「上吊式横引きシャッター」は特許取得し1999年大型商業施設での受注きっかけ大ヒット商品となり、日本国内でトップシェアを獲得しKIOSK地下鉄売店などで広く採用されるに至る。

※この「創業者」の解説は、「中央シャッター」の解説の一部です。
「創業者」を含む「中央シャッター」の記事については、「中央シャッター」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 03:33 UTC 版)

秀和 (がま口)」の記事における「創業者」の解説

創業者の奥敏郎は市民ランナーとして知られる35歳走り始めサロマ湖100キロウルトラマラソンでは何度も完走している。また秀和2回目京都マラソンからオフィシャルスポンサーになっている

※この「創業者」の解説は、「秀和 (がま口)」の解説の一部です。
「創業者」を含む「秀和 (がま口)」の記事については、「秀和 (がま口)」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 17:13 UTC 版)

Micro Instrumentation and Telemetry Systems」の記事における「創業者」の解説

エド・ロバーツことヘンリー・エドワード・ロバーツは、マイアミ大学電気工学専攻していたが、学費払えずに中退し1962年アメリカ空軍予備士官訓練隊入隊した。彼は、テキサス州サンアントニオのラックランド空軍基地英語版)にある暗号装置整備学校講師となった入隊兵の給料だけでは生活できないため、非番のときにも仕事をし、1人でリライアンス・エンジニアリングという会社設立した。そこで、サンアントニオデパートウィンドウディスプレイキャラクターアニメーション化する電子機器製作した1965年空軍士官になり、大学学位取得制度対象選ばれた。1968年オクラホマ州立大学電気工学学位取得しニューメキシコ州アルバカーキカートランド空軍基地にある兵器研究所配属された。 フォレスト・ミムズ少年時代科学電子工学興味持ち高校時代にはアナログ計算機作ったこともある。ミムズ1966年テキサスA&M大学卒業専攻政府学、副専攻は英語と歴史)した後、アメリカ空軍士官となったベトナム情報将校として従軍している間、ミムズモデルロケット趣味続けた。敵からのロケット攻撃頻繁に行われた地域モデルロケット打ち上げたことで騷ぎとなり、軍の新聞星条旗新聞』で報じられたこともあった。また、大学在学中開発した赤外線障害物感知装置実験サイゴン盲学校行った。それを知った空軍大佐が、ミムズ工学学位持っていなかったにかかわらずカートランド空軍基地兵器研究所配属されるように手配した1968年ロバーツミムズは共に兵器研究所レーザー部門配属された。ロバーツアルバカーキでリライアンス・エンジニアリングを再始動し、フロリダにある叔父養魚場のために赤外線侵入警報器作っていた。その後ロバーツ同僚のスタン・キャグルと共に販売するための電源装置の製作を始めたミムズはアルバカーキ・モデルロケット・クラブの顧問となり、1969年7月に『モデル・ロケットリー』誌の出版者会ったミムズベトナムでのロケット夜間発射使用したトランジスタ使用追跡灯について彼に話した。これがきっかけとなり、ミムズは『モデル・ロケットリー1969年9月号に「夜に打ち上げるモデルロケット搭載するトランジスタ化され追跡照明」という記事寄稿したミムズは『モデル・ロケットリー』誌の常連寄稿者となった

※この「創業者」の解説は、「Micro Instrumentation and Telemetry Systems」の解説の一部です。
「創業者」を含む「Micro Instrumentation and Telemetry Systems」の記事については、「Micro Instrumentation and Telemetry Systems」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 21:43 UTC 版)

ダイケンビルサービス」の記事における「創業者」の解説

丸橋博行は一燈園信仰し全国ビルメンテナンス協会第二会長第四光友会当番なども務め2010年1月11日87歳亡くなった

※この「創業者」の解説は、「ダイケンビルサービス」の解説の一部です。
「創業者」を含む「ダイケンビルサービス」の記事については、「ダイケンビルサービス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「創業者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「創業者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「創業者」の関連用語

創業者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



創業者のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの起業家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアジア無線 (改訂履歴)、NOSIGNER (改訂履歴)、マジェスティ ゴルフ (改訂履歴)、アマンド (改訂履歴)、チョバニ (改訂履歴)、藤本ビルブローカー銀行 (改訂履歴)、バセット・ローク (改訂履歴)、BABY SOUND LUCK (改訂履歴)、日学 (改訂履歴)、目黒雅叙園 (改訂履歴)、聚芳閣 (改訂履歴)、アンドリュー・ハンディサイド (改訂履歴)、手島精管 (改訂履歴)、鈴木商会 (改訂履歴)、カミカゼスピリッツ (改訂履歴)、共創未来ファーマ (改訂履歴)、図書印刷同朋舎 (改訂履歴)、モリタ (歯科医療) (改訂履歴)、比亜迪 (改訂履歴)、ティラミスヒーロー (改訂履歴)、アイフル (改訂履歴)、DFSグループ (改訂履歴)、筑波書林 (改訂履歴)、キブラ・コーラ (改訂履歴)、成甲書房 (改訂履歴)、LALs (改訂履歴)、バンホーテン (改訂履歴)、白鷹 (企業) (改訂履歴)、ハリウッド (企業) (改訂履歴)、武田長兵衛 (改訂履歴)、としまえん (改訂履歴)、イエローハット (改訂履歴)、千代田生命保険 (改訂履歴)、HUG (企業) (改訂履歴)、ひつじ書房 (改訂履歴)、Nendo (改訂履歴)、ポン・デ・ザール (改訂履歴)、obniz (改訂履歴)、ほてい屋 (改訂履歴)、品川無線 (改訂履歴)、ヤギ (企業) (改訂履歴)、ミカドホテル (改訂履歴)、多木化学 (改訂履歴)、マネーツリー (改訂履歴)、今啓パール (改訂履歴)、ケントク (改訂履歴)、殖産住宅 (改訂履歴)、曙ブレーキ工業 (改訂履歴)、読売新聞 (改訂履歴)、ピー・ビーシステムズ (改訂履歴)、中央シャッター (改訂履歴)、秀和 (がま口) (改訂履歴)、Micro Instrumentation and Telemetry Systems (改訂履歴)、ダイケンビルサービス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS