創業者とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 創業者の意味・解説 

起業家

(創業者 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 02:11 UTC 版)

起業家きぎょうかとは、自ら事業を興す(起業)者をいう。「創業」(そうぎょうしゃ)とも言う場合もある。通常、ベンチャー企業を開業する者を指す場合が多い。アントレプレナー: entrepreneur)とも言う[1]ヨーゼフ・シュンペーターはその経済理論において経済革新に繋がるイノベーションの担い手として重視した。イノベーションを起こす人の意味からイノベーターとも言う。


  1. ^ フランス語 entrepreneurアントルプルヌールに由来する。


「起業家」の続きの解説一覧

創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/03 02:47 UTC 版)

アジア無線」の記事における「創業者」の解説

創業者の岸豊は福井県出身1955年関西学院大学商学部卒業し同年電設資材商社因幡電機産業株式会社入社薬局有美産業株式会社東京千代田区)に転じた後、1963年アジア無線創業1974年株式会社改組して代表取締役社長に就任したアジア無線中堅家電量販店急成長させたものの経営不振招いた要因について、日経流通新聞取材に対し岸は、「経営不振最大要因先行投資負担店頭での商売のやり方知らぬうちにおかしくなっていた。すべて私の指導力不足のせいだ」と語っている。

※この「創業者」の解説は、「アジア無線」の解説の一部です。
「創業者」を含む「アジア無線」の記事については、「アジア無線」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 09:09 UTC 版)

アンドリュー・ハンディサイド」の記事における「創業者」の解説

創業者はアンドリュー・ハンディサイド(以下アンドリュー称する)である。アンドリュー1805年スコットランドエディンバラ生まれ長じて叔父のチャールズ・ベアード(英語版)がロシアサンクトペテルブルク展開するエンジニアリング事業学んだ1848年ダービーにあるブリタニア・ファウンドリー移り、その業務引き継いだ

※この「創業者」の解説は、「アンドリュー・ハンディサイド」の解説の一部です。
「創業者」を含む「アンドリュー・ハンディサイド」の記事については、「アンドリュー・ハンディサイド」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 06:47 UTC 版)

筑波書林」の記事における「創業者」の解説

創業者は菊田 俊男(きくた としお、1934年8月 - 2010年1月21日)である。菊田俊男は土浦市農家長男生まれ茨城県立土浦第一高等学校千葉大学園芸学部卒業後農業に従事する傍ら演劇サークル桑の実」に参加する。そこで妻のまきと出会い結婚する1967年昭和42年)、株式会社ほるぷに入社し東関事業部次長茨城事業部長歴任した1973年昭和48年)に同社退社し株式会社茨城図書設立した

※この「創業者」の解説は、「筑波書林」の解説の一部です。
「創業者」を含む「筑波書林」の記事については、「筑波書林」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/17 08:07 UTC 版)

HUG (企業)」の記事における「創業者」の解説

代表は海老澤稔。通称オッパ呼ばれている。オッパ韓国語お兄さんという意味頼り甲斐のある優し性格からきていると思われるクラブDJだった海老澤が、WEB制作会社アルバイトをしたのをきっかけにフロントエンジニア勉強をし、スクール得た知識恵比寿にあるwebマーケ会社社員になる。 アフィリエィターとしてもその腕を生かしその後2017年12月フリーランスに転向

※この「創業者」の解説は、「HUG (企業)」の解説の一部です。
「創業者」を含む「HUG (企業)」の記事については、「HUG (企業)」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 01:24 UTC 版)

今啓パール」の記事における「創業者」の解説

創業者の今井啓介は、実業のみならず多方面多彩な活動行っており、今出屋左衛門の名でキングレコード東芝レコードなど演歌を数曲録音している。交友関係広く書画では個展開いたこともある。 月刊神戸っ子誌上対談企画今井は、1994年1月号か1998年5月号まで足かけ5年合計12にわたりさまざまな業界人との対談インタビュアー務めた第1回 和田一夫ヤオハン代表) 第2回 飛岡健現代人科学研究所第3回 小松益喜(洋画家第4回 岩村昇国際人開発機理事長 第5回 浜田泰介日本画家第6回 藤岡和賀夫プロデューサー第7回田光史朗 第8回 和田一夫ヤオハン代表) 第9回 葉室頼昭春日大社宮司第10回 稲垣美穂子女優・劇目覚め時計代表) 第11回 大和地唄舞大和流家元第12回 東条由布子昭和記念館建設準備会)。 1998年平成10年10月17日毎年10月第3日曜日京都市右京区開催される斎宮行列今井斎王行列実行委員会阿部寛要請右京大夫山城守役で参加野宮神社から嵐山中之島公園までを先導した2012年平成24年)には兵庫竹田研究会 事務局長財団法人竹田研究財団竹田恒泰より任命されつとめる。 出版 2000年5月20日今井啓介結婚いろは歌今啓パールJDC 2000年5月20日出版ISBN 4-89008-267-0 2015年9月10日今井啓介業績伸ばす任せっぱなし経営』(幻冬舎ISBN 4344973151 ISBN 978-4-344-97315-2

※この「創業者」の解説は、「今啓パール」の解説の一部です。
「創業者」を含む「今啓パール」の記事については、「今啓パール」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 14:59 UTC 版)

中央シャッター」の記事における「創業者」の解説

創業者の市川文胤(ふみたね)は、シャッター修理一代で4グループ築き上げた職人肌アイデアマン100を超える特許申請行った群馬県甘楽郡生まれの父・文太郎丁稚奉公東京来て始めた鉄工所三男として生まれる。三男である事や兄弟仲良くない事などで、独立決意タクシー運転手として働き3年300万円事業資金貯蓄当時から"何時にどこに見込み客多く来る"といったことを察知するような、独自の感覚を持っていた。1970年集めた資金を元に素人でもシャッター塗装修理業ならできるのではないか考え創業色々な仕事が『中央に集ま様に』との思いから社名中央シャッター」 にした。シャッター塗装始まり、客から『シャッター修理出来ないか?』と言われ見よう見まねで始めたその後、客から『良いテント屋はいないか』と聞かれたが、自分のスーツ仕立てていた仕立て屋辞めて田舎帰る事を知りスカウトをしてテント業も始め、『良い看板屋居れば紹介してもらいたいと言われ看板業を始めたさらには下請けプラスチック成型機業者廃業する事を知り社長機械全部引き取り自社製品プラスチック成型を始める。シャッターでは、緊急工事の対応などに注力するなど地道な営業活動礎を築く1970年創業当時市川文胤は、既に市場にあった横引きシャッター修理主な業務としていたが、当時横引きシャッター上下シャッターを単に横向きにし、下にタイヤをつけてレール上を走らせる構造主流だった。この構造では、レール上にゴミがたまりやすく、動き悪くなったりして故障多く大手メーカー販売中止。文胤は、カーテンのようにレール上部につけた「上吊式横引きシャッター」を開発その後、特殊シャッターメーカーとして「横引シャッター」を創業する。「上吊式横引きシャッター」は特許取得し1999年大型商業施設での受注をきっかけに大ヒット商品となり、日本国内でトップシェアを獲得しKIOSK地下鉄売店などで広く採用されるに至る。

※この「創業者」の解説は、「中央シャッター」の解説の一部です。
「創業者」を含む「中央シャッター」の記事については、「中央シャッター」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 03:33 UTC 版)

秀和 (がま口)」の記事における「創業者」の解説

創業者の奥敏郎は市民ランナーとして知られる35歳走り始めサロマ湖100キロウルトラマラソンでは何度も完走している。また秀和2回目京都マラソンからオフィシャルスポンサーになっている

※この「創業者」の解説は、「秀和 (がま口)」の解説の一部です。
「創業者」を含む「秀和 (がま口)」の記事については、「秀和 (がま口)」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 17:13 UTC 版)

Micro Instrumentation and Telemetry Systems」の記事における「創業者」の解説

エド・ロバーツことヘンリー・エドワード・ロバーツは、マイアミ大学電気工学専攻していたが、学費払えずに中退し1962年アメリカ空軍予備士官訓練隊入隊した彼はテキサス州サンアントニオラックランド空軍基地英語版)にある暗号装置整備学校講師となった入隊兵の給料だけでは生活できないため、非番のときにも仕事をし、1人でリライアンス・エンジニアリングという会社設立した。そこで、サンアントニオデパートウィンドウディスプレイキャラクターアニメーション化する電子機器製作した1965年空軍士官になり、大学学位取得制度対象選ばれた1968年オクラホマ州立大学電気工学学位取得しニューメキシコ州アルバカーキカートランド空軍基地にある兵器研究所配属された。 フォレスト・ミムズ少年時代科学電子工学興味持ち高校時代にはアナログ計算機作ったこともある。ミムズ1966年テキサスA&M大学卒業専攻政府学、副専攻は英語と歴史)した後、アメリカ空軍士官となったベトナム情報将校として従軍している間、ミムズモデルロケット趣味続けた。敵からのロケット攻撃頻繁に行われた地域モデルロケット打ち上げたことで騷ぎとなり、軍の新聞星条旗新聞』で報じられたこともあった。また、大学在学中開発した赤外線障害物感知装置実験サイゴン盲学校行った。それを知った空軍大佐が、ミムズ工学学位を持っていなかったにかかわらずカートランド空軍基地兵器研究所配属されるように手配した1968年ロバーツミムズは共に兵器研究所レーザー部門配属された。ロバーツアルバカーキでリライアンス・エンジニアリングを再始動し、フロリダにある叔父養魚場のために赤外線侵入警報器作っていた。その後ロバーツ同僚のスタン・キャグルと共に販売するための電源装置の製作を始めたミムズはアルバカーキ・モデルロケット・クラブの顧問となり、1969年7月に『モデル・ロケットリー』誌の出版者会ったミムズベトナムでのロケット夜間発射使用したトランジスタ使用追跡灯について彼に話した。これがきっかけとなり、ミムズは『モデル・ロケットリー1969年9月号に「夜に打ち上げるモデルロケット搭載するトランジスタ化され追跡照明」という記事寄稿したミムズは『モデル・ロケットリー』誌の常連寄稿者となった

※この「創業者」の解説は、「Micro Instrumentation and Telemetry Systems」の解説の一部です。
「創業者」を含む「Micro Instrumentation and Telemetry Systems」の記事については、「Micro Instrumentation and Telemetry Systems」の概要を参照ください。


創業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 21:43 UTC 版)

ダイケンビルサービス」の記事における「創業者」の解説

丸橋博行一燈園信仰し全国ビルメンテナンス協会第二会長第四光友会当番なども務め2010年1月11日87歳亡くなった

※この「創業者」の解説は、「ダイケンビルサービス」の解説の一部です。
「創業者」を含む「ダイケンビルサービス」の記事については、「ダイケンビルサービス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「創業者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「創業者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

創業者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



創業者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの起業家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアジア無線 (改訂履歴)、アンドリュー・ハンディサイド (改訂履歴)、筑波書林 (改訂履歴)、HUG (企業) (改訂履歴)、今啓パール (改訂履歴)、中央シャッター (改訂履歴)、秀和 (がま口) (改訂履歴)、Micro Instrumentation and Telemetry Systems (改訂履歴)、ダイケンビルサービス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS