引揚とは?

ひき‐あげ【引(き)上げ/引(き)揚げ】

引き上げること。「沈没船引き上げ」「税率引き上げ

引き揚げ外国から本国帰ること。特に、第二次大戦後外地で生活していた人が内地に帰ったことを指す。博多浦賀舞鶴などが引き揚げ港として指定され、昭和21年(1946)末までに500万人上の人々が引き揚げた。


引き揚げ

(引揚 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/15 00:35 UTC 版)

引き揚げ(ひきあげ)とは、1945年(昭和20年)8月15日日本第二次世界大戦連合国に降伏したことを受け、日本の外地[注釈 1]占領地[注釈 2]または内地ソ連軍被占領地[注釈 3]に生活基盤を有する一般(民間)日本人が日本の本土内地)へ戻されたことをいう[1][注釈 4]。引き揚げの対象となった者は引き揚げ者と呼ばれ、引揚者給付金等支給法や引揚者等に対する特別交付金の支給に関する法律よって給付行政の対象とされた。


注釈

  1. ^ 台湾朝鮮関東州及び南洋諸島
  2. ^ 満州国(法律上は外国)及びその他日本軍の占領地。
  3. ^ 南樺太及び千島列島
  4. ^ 軍人や軍属を召集解除または解雇し、軍籍から外すことを「復員」という。軍人軍属が日本本土以外にいる場合は、日本への帰還が完了することで最終手続きとなるため、所定の「復員手続」を済ませて、帰郷旅費を支給するまでの面倒を見ることまでが「復員業務」とされた。本項では、一般日本人の「引き揚げ」に加え、軍人軍属の「復員業務」を併せて扱う。(以上河原後掲書による)

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 河原(2011年)12ページ
  2. ^ a b c d e f g h 河原(2011年)3ページ
  3. ^ a b 井出(2008年)82ページ
  4. ^ a b c 井出(2008年)83ページ
  5. ^ a b 井出(2008年)86ページ
  6. ^ 井出(2008年)87ページ
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 河原(2011年)4ページ
  8. ^ a b c d e 若槻(1991年)50ページ
  9. ^ a b c d 若槻(1991年)51ページ)
  10. ^ 若槻(1991年)255ページ
  11. ^ 若槻(1991年)251ページ
  12. ^ 若槻(1991年)260ページ
  13. ^ a b c d e f 若槻(1991年)261ページ
  14. ^ a b c 若槻(1991年)262ページ
  15. ^ a b c d 伊藤(1993年)134ページ
  16. ^ a b c d e 加藤(2009年)183ページ
  17. ^ a b c d e f g h i j k l 朝日新聞(2015年8月15日夕刊)3ページ
  18. ^ a b c d e f g h 加藤(2009年)214ページ
  19. ^ a b c d 加藤(2009年)215ページ
  20. ^ 加藤(2009年)81ページ
  21. ^ a b c d e f g 加藤(2009年)82ページ
  22. ^ a b c d e 加藤(2009年)196ページ
  23. ^ a b c d e f g h i j k 厚生省援護局(1978年)145ページ
  24. ^ a b c 若槻 1991, p. 284
  25. ^ a b c d e f g h i 厚生省援護局(1978年)147ページ
  26. ^ a b 朝日新聞(2015年10月10日夕刊)1ページ
  27. ^ a b c 朝日新聞(2015年10月11日)34ページ「守った遺産 世界へ未来へ」
  28. ^ a b c 朝日新聞(2015年10月10日夕刊)9ページ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「引揚」の関連用語

引揚のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



引揚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの引き揚げ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS