日ソ国交回復とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日ソ国交回復の意味・解説 

日ソ共同宣言

(日ソ国交回復 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/26 07:22 UTC 版)

日ソ共同宣言(にっソきょうどうせんげん; Советско-японская совместная декларация)は、1956年(昭和31年)10月19日日本国ソビエト連邦がモスクワで署名し、同年12月12日に発効[2]した外交文書(条約)である。


  1. ^ 本共同宣言において「ひとしく正文である日本語及びロシア語」と明記されている。
  2. ^ 1956年(昭和31年)12月12日外務省告示第131号「日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との共同宣言の効力の発生」
  3. ^ 豊田穣『英才の家系 鳩山一郎と鳩山家の人々』 講談社文庫 1996年10月
  4. ^ 鳩山薫、鳩山一郎『鳩山一郎・薫日記 下巻 鳩山薫篇 』 中央公論新社 2005年3月
  5. ^ 外務省:日ソ・日露間の平和条約締結交渉”. 2010年11月3日閲覧。


「日ソ共同宣言」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日ソ国交回復」の関連用語

日ソ国交回復のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

野外手術システム

キヌハダウミウシ属の1種10

デサグリアス

ペレメタ

フェースギヤ

森永貞一郎

仙腸関節

おれんじ8





日ソ国交回復のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日ソ共同宣言 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS