農業基本法とは?

農業基本法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/03 14:22 UTC 版)

農業基本法(のうぎょうきほんほう、昭和36年6月12日法律127号)は、農業に関する政策の目標を示すために制定された日本法律である。1999年食料・農業・農村基本法の施行によって廃止された。「農業界の憲法」という別名を持った。




「農業基本法」の続きの解説一覧





農業基本法と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「農業基本法」の関連用語

農業基本法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

容器識別マーク

フラメンコ

傷病見舞

ThinkPad Twist

87式対戦車誘導弾

ログキャビンキルト

竹越与三郎

十和田八幡平国立公園





農業基本法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの農業基本法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS