日独伊三国同盟とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 法令・規則 > 条約 > 軍事同盟 > 日独伊三国同盟の意味・解説 

日独伊三国同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/27 00:27 UTC 版)

日独伊三国同盟(にちどくい さんごく どうめい、: Dreimächtepakt: Patto tripartito)は、1940年昭和15年)9月27日に日本ドイツイタリアの間で締結された日独伊三国間条約(にちどくい さんごくかん じょうやく、旧字体:日獨伊三國閒條約)に基づく日独伊三国の同盟関係。第二次世界大戦における枢軸国の原型となり、その後複数の枢軸側に与した国や友好国も加盟した。




  1. ^ ニコラ・ラバンカ, p. 99-100.
  2. ^ 1939年5月のヒトラー発言による(ニコラ・ラバンカ, p. 101)
  3. ^ a b c ニコラ・ラバンカ, p. 101.
  4. ^ 児島、3巻、297-299p
  5. ^ 児島、3巻、313-314p
  6. ^ 児島、4巻、122-124p
  7. ^ 三宅正樹 2010, pp. 20-21.
  8. ^ 三宅正樹 2010, pp. 21-22.
  9. ^ 『大本営海軍部・聯合艦隊〈2〉』朝雲新聞社1975年
  10. ^ 児島、4巻、125-127p
  11. ^ 柴田紳一『昭和期の皇室と政治外交』原書房1995年
  12. ^ 三宅正樹 2010, pp. 21.
  13. ^ このころは、原因不明の事件・事故を利用したり、謀略を駆使して、自国が攻撃されたと称し、事変・戦争を起こす事例がよくあった。たとえば、1898年(明治31年)2月15日にハバナ湾でアメリカ海軍の戦艦メインが爆発、沈没し266名の乗員を失う事故が発生し、アメリカのメディアがそれをスペイン人による卑劣なサボタージュによるものとし、それも一因となって、アメリカが米西戦争を起こした事例、1931年(昭和6年)9月18日に柳条湖付近で、関東軍の部隊が南満州鉄道株式会社の線路を爆破し、関東軍がそれを中国軍の犯行とし、満州事変を起こした事例、1939年(昭和14年)8月31日、グライヴィッツ市のラジオ放送局にアルフレート・ナウヨックス親衛隊少佐率いる特殊工作部隊がやってきて、ドイツ領シレジア地方のポーランド系住民に向けて、ストライキを決行するようポーランド語で呼びかけ、前日ゲシュタポに逮捕されていたフランチシェック・ホニオックを現場に連行し、ポーランドの反乱兵の服装をさせ、彼に致死量の毒物を注射して銃で撃ち、放置し、ドイツはそれを、ポーランドの反乱兵がポーランドによるラジオ局を襲撃し、その際の攻防でポーランドの反乱兵が殺害されたとし(ほかにも放火事件など20件でこのような偽装をした)、ポーランド侵攻をした事例、1939年11月26日、カレリア地峡付近の国境線でソ連軍が自国の陣地を砲撃して赤軍将兵13名を死傷させ、ソ連がそれをフィンランド軍の攻撃として、冬戦争を起こした事例などがある。 日独伊三国同盟の第三条の自動参戦条項によれば、ドイツまたはイタリアがアメリカから攻撃を受けた場合に日本が自動的に参戦することになるが、アメリカにドイツまたはイタリアを攻撃する意図がないのに、自動参戦条項が骨抜きになっていることを知らないアメリカが対日警戒感をいっそう強めたのは、ドイツまたはイタリアが、原因不明の事件・事故を利用したり、謀略を駆使して、アメリカによって自国が攻撃されたと称してアメリカとの戦争を起こし、日独伊三国同盟の第三条の自動参戦条項によって、日本がアメリカと戦争することを警戒したからという理由もある。
  14. ^ 児島、4巻、143-144p
  15. ^ 三宅正樹 2010, pp. 22.
  16. ^ a b ワレンチン・M・ベレズホフ『私は、スターリンの通訳だった』、66頁 (栗山洋児訳、同朋舎出版、1995年)。著者はモロトフの通訳。
  17. ^ ベレズホフ『私は、スターリンの通訳だった』72頁
  18. ^ 『東郷茂徳外交手記』より。
  19. ^ 平間洋一『第二次世界大戦と日独伊三国同盟』
  20. ^ 『杉山メモ 上』pp.85
  21. ^ 平間洋一『第二次世界大戦と日独伊三国同盟』
  22. ^ 平間洋一『第二次世界大戦と日独伊三国同盟』
  23. ^ Rosselli, p. 20.


「日独伊三国同盟」の続きの解説一覧



日独伊三国同盟と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日独伊三国同盟」の関連用語

日独伊三国同盟のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日独伊三国同盟のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日独伊三国同盟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS