アドミラルティ諸島の戦いとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > 事件・事故 > 戦争・紛争 > 太平洋戦争の作戦と戦い > アドミラルティ諸島の戦いの意味・解説 

アドミラルティ諸島の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/26 09:35 UTC 版)

アドミラルティ諸島の戦い(あどみらるてぃしょとうのたたかい)とは、太平洋戦争中の1944年2月末から5月を中心にアドミラルティ諸島で行われた、連合国軍日本軍の戦いである。ニューギニア戦線における飛び石作戦の一環としてアメリカ軍オーストラリア軍が侵攻し、日本軍守備隊は全滅した。




  1. ^ John Miller, Jr., p.316
  2. ^ John Miller, Jr., p.317
  3. ^ 第2大隊(自動車大隊)欠で兵力850名。
  4. ^ コロンバンガラ島から撤退してきた呉鎮守府第6特別陸戦隊を改編。後に第31衛所隊を吸収して兵力約700名。
  5. ^ 防衛庁防衛研修所戦史室『南太平洋陸軍作戦(4)』、416頁。
  6. ^ 防衛庁防衛研修所戦史室『南東方面海軍作戦(3)ガ島撤収後』朝雲新聞社〈戦史叢書〉、1976年、489頁。
  7. ^ 防衛庁防衛研修所戦史室『南太平洋陸軍作戦(4)』、425頁。
  8. ^ 防衛庁防衛研修所戦史室『南太平洋陸軍作戦(4)』、428-429頁。
  9. ^ John Miller, Jr., pp.321-323
  10. ^ John Miller, Jr., pp.328-329
  11. ^ John Miller, Jr., p.335
  12. ^ 防衛庁防衛研修所戦史室『南太平洋陸軍作戦(4)』、434-435頁。
  13. ^ 防衛庁防衛研修所戦史室『南太平洋陸軍作戦(4)』、440-441頁。
  14. ^ John Miller, Jr., pp.340-342
  15. ^ United States. War Dept., pp.78-82
  16. ^ 防衛庁防衛研修所戦史室『南太平洋陸軍作戦(4)』、442頁。
  17. ^ この最後の通信に対する日本側上級司令部の返信の内容は不明である。戦史叢書は、通信の最後の字句に、戦闘継続に意義を見いだせない第一線部隊指揮官の苦悩がにじんでいると評している。防衛庁防衛研修所戦史室『南太平洋陸軍作戦(4)』、443頁。
  18. ^ a b John Miller, Jr., p.348
  19. ^ 防衛庁防衛研修所戦史室『南太平洋陸軍作戦(4)』、445頁。
  20. ^ 1945年4月28日夜にラバウルから出撃した九七式艦上攻撃機2機が、浮ドック「ABSD-2」と「ABSD-4」を航空母艦と誤認して雷撃した例がある。なお、アメリカ軍側ではチューク諸島から飛来したと推定していた[1]
  21. ^ 参考文献の著者である橋本秀夫(旧姓:佐藤)軍曹ら2名。同年11月に日本へ帰国。


「アドミラルティ諸島の戦い」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アドミラルティ諸島の戦い」の関連用語

アドミラルティ諸島の戦いのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アドミラルティ諸島の戦いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアドミラルティ諸島の戦い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS