飢餓作戦とは?

飢餓作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 11:49 UTC 版)

飢餓作戦(きがさくせん、Operation Starvation)または餓死作戦[1]は、太平洋戦争末期にアメリカ軍が行った日本周辺の機雷封鎖作戦作戦名である。この作戦はアメリカ海軍が立案し、主にアメリカ陸軍航空軍航空機によって実行された。日本の内海航路朝鮮半島航路に壊滅的打撃を与え、戦後海上自衛隊戦術思想や日本の海運に影響を残した。




注釈

  1. ^ パラオ大空襲では磁気感応機雷78個が投下され、港湾機能が麻痺した。この戦訓もふまえて日本海軍は磁気掃海具の開発を行っていた[3]
  2. ^ これらによる複合機雷原は、アメリカ軍自身も完璧な掃海手段を有しなかった。やむなく戦後には試航船と称する船を機雷原に突入させての処理も行われた[5]
  3. ^ 未確認機雷の多くは腐食により無力化していると推定される。なお、海鱗丸の事故は処理が終わった安全海域とされる場所で発生した[25]

出典

  1. ^ a b c d 大谷内一夫 『ジャパニーズ・エア・パワー-米国戦略爆撃調査団報告/日本空軍の興亡』 光人社、1996年、226-227頁。
  2. ^ 大井(2002年)、392頁。
  3. ^ a b 光岡(1983年)、311頁。
  4. ^ 光岡(1983年)、302頁。
  5. ^ 海上幕僚監部防衛部(2009年)、32頁。
  6. ^ a b 光岡(1983年)、312頁。
  7. ^ a b c d e f g h Chilstrom, John S., Mines Away! - The significance of U.S.Army Air Forces minelaying in World War II, Maxwell Airbase: Arabama, Air University USAF, 1993.
  8. ^ 大井(2002年)、391頁。
  9. ^ a b c 光岡(1983年)、313頁。
  10. ^ 大井(2002年)、388頁。
  11. ^ 大井(2002年)、403頁。
  12. ^ a b 大井(2002年)、400頁。
  13. ^ a b 大井(2002年)、430-431頁。
  14. ^ a b c 姫野修 『航路啓開業務について』 海上自衛隊、2002年。
  15. ^ 光岡(1983年)、314頁。
  16. ^ 大井(2002年)、419頁。
  17. ^ 大井(2002年)、401頁。
  18. ^ US Strategic Bombing Survey(米国戦略爆撃調査団), SUMMARY REPORT (Pacific War), US Government Printing Office, 1946
  19. ^ 大井(2002年)、422頁。
  20. ^ 海上幕僚監部防衛部(2009年)、83頁。
  21. ^ 海上幕僚監部防衛部(2009年)、11頁。
  22. ^ 海上幕僚監部防衛部(2009年)、93頁。
  23. ^ 海上幕僚監部防衛部(2009年)、31、94-96頁。
  24. ^ 海上幕僚監部防衛部(2009年)、55頁。
  25. ^ 第68回国会 参議院災害対策特別委員会 第6号(1972年6月9日)
  26. ^ 統合幕僚監部平成20年度自衛隊の災害派遣及び不発弾等処理状況について」、2009年。
  27. ^ 神戸沖で機雷爆破神戸新聞 2010年5月29日。
  28. ^ 防衛庁市民生活の中での活動―不発弾などの処理」『平成18年版 防衛白書』 ぎょうせい、2006年。


「飢餓作戦」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「飢餓作戦」の関連用語

飢餓作戦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



飢餓作戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの飢餓作戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS