ブーゲンビル島沖海戦とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > 事件・事故 > 戦争・紛争 > 太平洋戦争の海戦 > ブーゲンビル島沖海戦の意味・解説 

ブーゲンビル島沖海戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/10 14:19 UTC 版)

ブーゲンビル島沖海戦(ブーゲンビルとうおきかいせん)は、1943年(昭和18年)11月2日太平洋戦争中にブーゲンビル島の攻防で生起した海戦である[4]ブーゲンビル島エンプレス・オーガスタ湾において、大森仙太郎少将(第五戦隊司令官)指揮の日本海軍連合襲撃部隊とアーロン・S・メリル少将指揮のアメリカ海軍第39任務部隊が交戦した。アメリカ軍側の呼称はエンプレス・オーガスタ湾海戦(Battle of Empress Augusta Bay)[4]またはガゼル湾海戦(Battle of Gazelle Bay)[要出典]




  1. ^ Military Times, Hall of Valor "Bernard Lige Austin"” (英語). Military Times. 2011年7月30日閲覧。
  2. ^ #木俣水雷p.378
  3. ^ #ニミッツ、ポッターp.180
  4. ^ a b c d e f g h i j k 戦史叢書58巻、182-183頁「ブーゲンビル島沖海戦」
  5. ^ a b #戦史96p.374
  6. ^ #ポッターp.403
  7. ^ 戦史叢書58巻、165-167頁「連合軍の北部ソロモン攻略計画」
  8. ^ a b 戦史叢書58巻、168-170頁「前哨戦―チョイセル島、モノ島」
  9. ^ a b c d #ポッターp.404
  10. ^ a b c #戦史96p.375
  11. ^ #ポッターp.404、p.405
  12. ^ a b c #ポッターp.405
  13. ^ a b #ポッターp.410
  14. ^ 戦史叢書58巻、173-174頁「連合軍の上陸とタロキナ守備隊の戦闘」
  15. ^ #戦史96p.382
  16. ^ a b c d e 戦史叢書58巻、179-181頁「海軍航空部隊の反撃」
  17. ^ a b #戦史96p.386
  18. ^ #五戦1810pp.17
  19. ^ a b c d e #戦史96p.387
  20. ^ #五戦1810pp.18
  21. ^ #五戦1810pp.36
  22. ^ #S1807三水戦日誌(4)p.67『(ニ)卯月(10月31日敵大巡ノ砲撃ニヨル)左舷前部ニ小破孔3(何レモ長サ10糎幅5糎以下)』
  23. ^ #戦史叢書96ガ島撤収後379-380頁『船団発見に伴う航空攻撃と「敵ブカ上陸」の誤報-十月三十一日』
  24. ^ #五戦1810pp.36,37
  25. ^ a b c d #フェーイーp.69
  26. ^ #戦史96p.388
  27. ^ a b c 戦史叢書58巻、175-178頁「方面軍の逆上陸部隊準備と中止」
  28. ^ #二水戦1811pp.22,23
  29. ^ #戦史96p.389
  30. ^ a b c #戦史96p.390
  31. ^ a b #南東詳報(2)pp.15
  32. ^ #二水戦1811pp.11,22
  33. ^ #二水戦1811pp.12
  34. ^ a b c d #南東詳報(2)pp.23
  35. ^ a b c d e f #戦史96p.391
  36. ^ #南東詳報(2)pp.10
  37. ^ #南東詳報(2)pp.16
  38. ^ a b c #南東詳報(2)pp.17
  39. ^ a b c d #戦史96p.392
  40. ^ #フェーイーp.67,70
  41. ^ a b c d e #ポッターp.411
  42. ^ #南東詳報(2)pp.18
  43. ^ a b c d e #南東詳報(2)pp.19
  44. ^ a b c d #戦史96p.393
  45. ^ #図説太平洋海戦史第3巻p.66
  46. ^ #原2011p.137
  47. ^ a b c #ニミッツ、ポッターp.181
  48. ^ a b #南東詳報(2)pp.20
  49. ^ #南東詳報(2)pp.44
  50. ^ a b c d #ニミッツ、ポッターp.182
  51. ^ a b #南東詳報(2)pp.21
  52. ^ a b c d #戦史96p.394
  53. ^ #南東詳報(2)pp.20,21
  54. ^ a b c d e f #ニミッツ、ポッターp.183
  55. ^ #ニミッツ、ポッターp.183,184
  56. ^ a b c d e f #ニミッツ、ポッターp.184
  57. ^ #南東詳報(2)pp.42
  58. ^ #戦史96p.394,395
  59. ^ #南東詳報(2)pp.31
  60. ^ a b #重巡洋艦戦記(2010)157-159頁『ぶざまな僚艦妙高の姿』
  61. ^ #原2011p.140
  62. ^ #五戦1811pp.23
  63. ^ a b c #戦史96p.395
  64. ^ a b #フェーイーp.75
  65. ^ a b #フェーイーp.73
  66. ^ #フェーイーp.76
  67. ^ #ニミッツ、ポッターp.179
  68. ^ #南東詳報(2)pp.43,44,45
  69. ^ a b c d e #図説太平洋海戦史第3巻p.67
  70. ^ #南東詳報(2)pp.43
  71. ^ #原2011p.138
  72. ^ #五戦1811pp.28
  73. ^ ジェームズ・J・フェーイー(著)/三方洋子(訳)『太平洋戦争アメリカ水兵日記』76ページ
  74. ^ #フェーイーp.72
  75. ^ #ニミッツ、ポッターp.180
  76. ^ #フェーイーp.128
  77. ^ #ニミッツ、ポッターp.185
  78. ^ #ポッターp.412
  79. ^ #戦史叢書96ガ島撤収後397-398頁『ラバウル進出と逆上陸計画との絡み合い』
  80. ^ 戦史叢書58巻、194-196頁「第二劍部隊の再度出撃」
  81. ^ 戦史叢書58巻、196-198頁「逆上陸戦闘の実相」


「ブーゲンビル島沖海戦」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブーゲンビル島沖海戦」の関連用語

ブーゲンビル島沖海戦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブーゲンビル島沖海戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブーゲンビル島沖海戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS