第一次ベララベラ海戦とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > 事件・事故 > 戦争・紛争 > 太平洋戦争の海戦 > 第一次ベララベラ海戦の意味・解説 

第一次ベララベラ海戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/30 17:41 UTC 版)

第一次ベララベラ海戦(だいいちじベララベラかいせん、英語: Battle of Horaniu)は、太平洋戦争中の1943年(昭和18年)8月17日ソロモン諸島ベラ湾で発生した海戦である[1]。アメリカ軍側の呼称は、ウィキペディア英文版では前記のようにホラニウ海戦としているが、特に記していない資料もある[2]




  1. ^ 駆逐艦入門 2006, p. 371ソロモン駆逐艦戦
  2. ^ The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II
  3. ^ 戦史叢書40巻 1970, p. 465a第一次ベララベラ海戦
  4. ^ a b c d 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 150〔第一次ベラ・ラベラ海戦〕
  5. ^ a b 駆逐艦入門 2006, pp. 379-380第一次ヴェラ・ラベラ海戦
  6. ^ 奥宮、ラバウル 2001, p. 301.
  7. ^ 原為一 2011, pp. 104-105電探におののくヴェラ湾の血闘
  8. ^ 写真太平洋戦争6巻 1995, p. 89a第一次ベララベラ海戦(夜戦部隊、輸送部隊行動図)
  9. ^ 磯風、特年兵 2011, p. 84.
  10. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 149〈表4〉昭和18年、中・北部ソロモンの駆逐艦の海戦
  11. ^ a b c 戦史叢書96巻 1976, p. 263.
  12. ^ a b 戦史叢書39巻 1970, pp. 403-409陸海軍中央協定の発令
  13. ^ 戦史叢書40巻 1970, pp. 474-477陸海軍中央協定と現地協定
  14. ^ a b c d 戦史叢書96巻 1976, p. 264.
  15. ^ 戦史叢書96巻 1976, pp. 267b-269外南洋部隊の作戦
  16. ^ ニミッツ、ポッター、167ページ
  17. ^ a b ニミッツ、ポッター、168ページ
  18. ^ a b ポッター, 363ページ
  19. ^ ポッター, 365ページ
  20. ^ 戦史叢書40巻 1970, pp. 383a-385ベララベラ攻略計画
  21. ^ a b c 戦史叢書40巻 1970, p. 384.
  22. ^ ポッター, 366ページ
  23. ^ ポッター, 366、367、368ページ
  24. ^ a b c ニミッツ、ポッター、169ページ
  25. ^ 『第三水雷戦隊戦時日誌』C08030105900, pp.21
  26. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 353a-355第一次ベラ・ラベラ沖海戦(八月十七日)
  27. ^ a b c d e f g h 戦史叢書96巻 1976, p. 267a.
  28. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 353b.
  29. ^ 奥宮、ラバウル 2001, p. 300a同著では延べ機数として、零戦140機、艦爆36、陸攻23、水上機20として四次攻撃を実施とする。
  30. ^ 戦史叢書96巻 1976, pp. 265-267基地航空部隊の作戦
  31. ^ 奥宮、ラバウル 2001, p. 522a付録、昭和18年8月15日
  32. ^ 写真太平洋戦争6巻 1995, p. 89b.
  33. ^ ポッター, 368ページ
  34. ^ 戦史叢書40巻 1970, p. 460.
  35. ^ ソロモン諸島 ショワズール島” (日本語). 東北大学外邦図デジタルアーカイブ. 2011年7月24日閲覧。
  36. ^ 戦史叢書40巻 1970, p. 463a-464ベララベラ島をめぐる諸問題
  37. ^ a b c 戦史叢書40巻 1970, p. 463b.
  38. ^ a b c 戦史叢書96巻 1976, p. 262.
  39. ^ a b 戦史叢書40巻 1970, p. 464.
  40. ^ a b c d e 戦史叢書40巻 1970, p. 465b.
  41. ^ 『第三水雷戦隊戦時日誌』C08030105900, pp.22
  42. ^ 戦史叢書96巻 1976, p. 267c脚注なき限り、兵力部署表より引用。
  43. ^ a b c d e f g h i j 戦史叢書96巻 1976, p. 268a.
  44. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 353c-354▽第一次ベラ・ラベラ海戦、日本側兵力表
  45. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 354b▽第一次ベラ・ラベラ海戦、米側兵力表
  46. ^ a b c 日本水雷戦史 1986, p. 354a.
  47. ^ a b c 日本水雷戦史 1986, p. 356.
  48. ^ a b c d e 『第三水雷戦隊戦時日誌』C08030105900, pp.22
  49. ^ a b c 戦史叢書96巻 1976, p. 268b夜戦部隊、輸送部隊行動図
  50. ^ a b 原為一 2011, p. 106.
  51. ^ a b 写真太平洋戦争6巻 1995, p. 90.
  52. ^ a b 写真太平洋戦争6巻 1995, p. 89c第一次ベララベラ海戦合戦図
  53. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 355.
  54. ^ 原為一 2011, p. 108.
  55. ^ 原為一 2011, p. 109.
  56. ^ 『海軍水雷史』544ページ
  57. ^ a b c d 『第三水雷戦隊戦時日誌』C08030105900, pp.23
  58. ^ 原為一 2011, p. 110.
  59. ^ 磯風、特年兵 2011, pp. 86-87.
  60. ^ a b c 戦史叢書39巻 1970, pp. 427-428.
  61. ^ a b セ号作戦 2003, p. 140.
  62. ^ 戦史叢書39巻 1970, pp. 406-407.426.
  63. ^ a b c 戦史叢書96巻 1976, p. 304.
  64. ^ 奥宮、ラバウル 2001, p. 118.
  65. ^ 奥宮、ラバウル 2001, p. 302.
  66. ^ 奥宮、ラバウル 2001, p. 477付録、昭和18年8月29日
  67. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 357b-358E撤退作戦(八月)
  68. ^ 戦史叢書39巻 1970, pp. 354-356陸上配備兵力
  69. ^ 戦史叢書62巻 1973, p. 287a呉七特の新編とラバウルへの進出
  70. ^ 奥宮、ラバウル 2001, pp. 300b-301遂にコロンバンガラ島からの撤退
  71. ^ 戦史叢書96巻 1976, p. 268c脚注なき限り、兵力部署表による。
  72. ^ 原為一 2011, p. 91b原は出撃艦を「浜風、水無月、時雨」とするが、水無月は8月10日呉着、修理中。
  73. ^ 奥宮、ラバウル 2001, p. 522b付録、昭和18年8月22日
  74. ^ 原為一 2011, p. 90b原は出撃艦を「浜風、水無月、時雨」とするが、水無月は8月10日呉着、修理中。
  75. ^ a b 原為一 2011, p. 90a.
  76. ^ a b 原為一 2011, p. 91a.
  77. ^ a b c d e f g h 戦史叢書96巻 1976, p. 269a.
  78. ^ 『第三水雷戦隊戦時日誌』C08030105900, p.17「(2)経過 松風二十五日一七三〇陽動隊(松風欠)ト分離一九三〇「ブイン」着揚搭四驅司令以下遭難駆逐艦乗員ヲ収容二一一〇泊地發先行二十六日一二〇〇「ラバウル」皈着」
  79. ^ 奥宮、ラバウル 2001, p. 522c付録、昭和18年8月26日
  80. ^ a b c 原為一 2011, p. 92.
  81. ^ a b 日本水雷戦史 1986, p. 357a.
  82. ^ 『第三水雷戦隊戦時日誌』C08030105900, p.28「(ヘ)損害」
  83. ^ 戦史叢書62巻 1973, p. 287b.
  84. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 358.


「第一次ベララベラ海戦」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第一次ベララベラ海戦」の関連用語

第一次ベララベラ海戦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



第一次ベララベラ海戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第一次ベララベラ海戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS