セント・ジョージ岬沖海戦とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > 事件・事故 > 戦争・紛争 > 太平洋戦争の海戦 > セント・ジョージ岬沖海戦の意味・解説 

セント・ジョージ岬沖海戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/30 17:36 UTC 版)

セント・ジョージ岬沖海戦は、1943年11月24日から25日にかけて行われた太平洋戦争大東亜戦争)中の海戦日本軍ブカ島への輸送部隊(駆逐艦5隻、司令香川清登大佐)とアメリカ艦隊(駆逐艦5隻、アーレイ・バーク大佐)がブカ島西方、ニューアイルランド島セント・ジョージ岬東方海上で交戦し、日本側の駆逐艦3隻が沈没した。セント・ジョージ岬沖海戦はアメリカ側の呼称であり、この海戦の日本側名称は存在しない[4]、若しくはブカ島沖夜戦ブカ輸送における夜戦[5]とされる。




  1. ^ Military Times, Hall of Valor "Bernard Lige Austin"” (英語). Military Times. 2011年8月10日閲覧。
  2. ^ #木俣水雷p.378
  3. ^ #ニミッツ、ポッターp.188
  4. ^ 戦史叢書96 南東方面海軍作戦(3)ガ島撤収後、431ページ
  5. ^ #海軍水雷史p.545
  6. ^ #三水戦1811(1)pp.6
  7. ^ #三水戦1811(1)pp.9
  8. ^ #三水戦1811(1)pp.12
  9. ^ a b c d e f #戦史96p.429
  10. ^ Dictionary of American Naval Fighting Ships "Dyson"” (英語). NAVAL HISTORICAL CENTER. 2011年8月10日閲覧。
  11. ^ #木俣水雷p.401 では第23駆逐部隊全力で砲撃したかのように書いているが、例えば部隊旗艦のチャールズ・オースバーンが砲撃を行ったという記述はない(Dictionary of American Naval Fighting Ships "Charles Ausburn(e)"” (英語). NAVAL HISTORICAL CENTER. 2011年8月10日閲覧。
  12. ^ a b #ニミッツ、ポッターp.187
  13. ^ #三水戦1811(2)pp.34,35
  14. ^ #三水戦1811(1)pp.35
  15. ^ a b c #木俣水雷p.401
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r #戦史96p.430
  17. ^ a b c d #三水戦1811(2)pp.35
  18. ^ a b c d e f g #田村(2)p.94
  19. ^ #ポッターp.415
  20. ^ #ニミッツ、ポッターp.172,173
  21. ^ #ニミッツ、ポッターp.173
  22. ^ #木俣水雷p.403
  23. ^ a b c d #ニミッツ、ポッターp.188
  24. ^ a b c d e f g #戦史96p.431
  25. ^ #木俣水雷p.405
  26. ^ #田村(1)p.139
  27. ^ #三水戦1811(2)pp.39
  28. ^ #戦史96p.487
  29. ^ a b #戦史96p.488
  30. ^ a b c d #戦史96p.489
  31. ^ a b #木俣水雷p.409
  32. ^ Chapter VI: 1944” (英語). HyperWar. 2011年8月10日閲覧。


「セント・ジョージ岬沖海戦」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セント・ジョージ岬沖海戦」の関連用語

セント・ジョージ岬沖海戦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



セント・ジョージ岬沖海戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセント・ジョージ岬沖海戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS