スタンリーとは?

スタンリー【Henry Morton Stanley】


スタンリー【Stanley】


スタンリー【Wendell Meredith Stanley】


スタンリー (Stanley, William)

スタンリーという人は

ウィリアム・スタンリー ウィリアム・スタンリー

父親からは法律家期待されてエール大学入学するが、機械科学への道を志したスタンリーは数ヶ月大学をやめニューヨークへ行く。ハイラム・マキシムのもとでアーク灯白熱電球発明製造をすることになる。 1882年ボストンスワン電気会社勤めるが一年独立し、ニュージャージー自分研究所を持つ。 1884年ウェスチングハウスに招かれ、ウェスチングハウス資金発明ができるようになる。

スタンリーの主な経歴

1886年交流システム開発する。 当時変圧器といったらゴーラールギッブス変圧器であったが、これには改良余地があった。 イギリスではフェランティが、ここアメリカではスタンリーが変圧器改良していく。 スタンリーは変圧器交流システム開発をしたかったのだが、雇われ発明家のスタンリーにとってウェスチングハウス説得は困難を極めた。 ウェスチングハウス社の電気企業総支配人助けがあり、 1885年12月24日ウェスチングハウスとの新たな契約によってマサチューセッツのグレート・バーリントンに経費ウェスチングハウス持ち研究所を持 てるようになる。

1886年3月6日、グレート・バーリントンは電化されてしまった。 スタンリーが来て数ヶ月である。助手一人である。 街路樹絶縁体導線支持し、発電所ある研究所から中心までの4000フィート送電し、 需要家として13の店、2つの医院1つ床屋電話交換局郵便局接続されスタンリーの電球が灯った。 発電機出力電圧は500Vであり、これを3000Vに昇圧し中心で500Vに降圧し需要家配電した。

この交流変圧器交流発電送電配電システム疑いようがなくアメリカ最初のもので、これはウェスチングハウス報告された。 この変圧器ウェスチングハウス変圧器として特許をとり、その販売めざましく、交流システム発展原動力となった。


スタンリー

名前 StanleyStanleeStanly

スタンリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/25 16:10 UTC 版)

スタンリーまたはスタンレー(Stanley [ˈstænli])は、英語圏の男性名、姓、地名など。中期英語の"Stan Leigh"が約縮したもの。




「スタンリー」の続きの解説一覧

スタン・リー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/30 04:26 UTC 版)

スタン・リーStan Lee1922年12月28日 - 2018年11月12日)は、アメリカ合衆国漫画原作者。本名はスタンリー・マーティン・リーバーStanley Martin Lieber)。マーベル・コミック編集委員、マーベル・メディア名誉会長


注釈

  1. ^ 英語での意味は、名詞としては梱包用の木屑のことを指すが、スタンが用いるような間投詞形容詞としては「向上せよ!」や「より高く!」などを意味する。ニューヨーク市の公式標語でもある。
  2. ^ 同部にはウィリアム・サローヤンフランク・キャプラもいた。
  3. ^ 例えばバットマンは、その正体は大企業の御曹司であり、舞台はニューヨークを元にしているが架空都市のゴッサムシティである。
  4. ^ 例えば、シルバー・サーファーは宇宙人であるため、その英語は完璧ではない。雷神であるソーは、ウィリアム・シェイクスピア神話を組み合わせた威厳のある口調で喋るなど。
  5. ^ 数冊で完結する短編のこと。今回の場合は1年間の連載、全12巻で完結するものが多かった。
  6. ^ CBSのテレビ番組「60ミニッツ」に出演したスタンは「何千万ドルも転がりこんでくる」と話している。
  7. ^ 『スパイダーマン』に登場する新聞社デイリービューグルの編集長。悪人ではないが、正体を明かさないスパイダーマンを怪しみ、社をあげてバッシングを続ける厄介な人物。

出典

  1. ^ 映画の出演料を最も稼いだ俳優は…意外な人物だった:総収入TOP10 - ライブドアニュース
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t DVD『スパイダーマン 誕生の秘密 -スタン・リーの世界』(2002年、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)。
  3. ^ a b 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)154頁。
  4. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)171頁。
  5. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)178頁。
  6. ^ a b 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)161頁。
  7. ^ a b c d e f g BBCニュース【訃報】スタン・リーさん多くのスーパーヒーローを創造した天才2018年11月13日。
  8. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)158、159頁。
  9. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)157、158頁。
  10. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)160、178頁。
  11. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)160、178頁。
  12. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)229、230頁。
  13. ^ AFPBBニュース「ジュール・ヴェルヌ映画祭」アメコミの巨匠スタン・リーが生涯功労賞受賞2007年12月16日。
  14. ^ サンスポ.com - 「スパイダーマン」の原作者が殿堂入り!2011年1月5日。
  15. ^ アメーバニュース - アメコミ・ヒーローの父 スタン・リー氏、ウォーク・オブ・フェイム入り!2011年1月12日。
  16. ^ “スタン・リーの精神は「東京コミコン2018」に ─ マーベル・コミックス編集長やトム・ヒドルストンもステージで追悼”. THE RIVER (株式会社riverch). (2018年12月3日). https://theriver.jp/tcc2018-stan-lee/ 2019年5月12日閲覧。 
  17. ^ “STAN LEE DEAD AT 95”. TMZ. (2018年11月12日). http://www.tmz.com/2018/11/12/stan-lee-dead-dies-marvel-comics/ 2018年11月12日閲覧。 
  18. ^ “「スパイダーマン」らアメコミ原作者 スタン・リー氏死去”. NHK. (2018年11月12日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181113/k10011708451000.html 2018年11月12日閲覧。 
  19. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)165、166頁。
  20. ^ 『ギネス世界記録2018(日本語版)』クレイグ・グレンディ(編)、角川アスキー総合研究所、2017年、93頁。ISBN 978-4-04-899609-9
  21. ^ 『ギネス世界記録2015(日本語版)』クレイグ・グレンディ(編)、角川アスキー総合研究所、2014年、165頁。ISBN 978-4-04-899601-3
  22. ^ 『ギネス世界記録2018(日本語版)』クレイグ・グレンディ(編)、角川アスキー総合研究所、2017年、172頁。ISBN 978-4-04-899609-9
  23. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)192頁。
  24. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)162、168頁。
  25. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)186頁。
  26. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)162、187頁。
  27. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)187頁。
  28. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)188頁。
  29. ^ Abraham Riesman (2016年). “It’s Stan Lee’s Universe”. Vulture. 2019年5月21日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g h i j k Jethro Nededog (2014年2月4日). “Stan Lee Reveals More Details on ‘Agents of SHIELD’ Cameo”. The Wrap. 2014年3月26日閲覧。
  31. ^ a b c Andrea Towers (2014年2月4日). “Stan Lee previews his 'Agents of SHIELD' guest stint”. EW.com. 2014年3月26日閲覧。
  32. ^ a b c d e f g h i j Terri Schwartz (2014年2月4日). “Stan Lee appears on 'Agents of SHIELD': 'It's a big moment for me'”. Zap2it. 2014年3月26日閲覧。
  33. ^ 倉本拓弥 (2018年7月27日). “マーベル巨匠スタン・リー、DC映画に念願のカメオ出演!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0102521 2020年3月29日閲覧。 
  34. ^ 『Marvel's Agents of S.H.I.E.L.D.』にスタン・リー御大が特別出演!”. 海外ドラマNAVI (2014年1月9日). 2014年3月26日閲覧。
  35. ^ Agents of S.H.I.E.L.D. (TV Series) - T.R.A.C.K.S. (2014) - Full Cast & Crew”. IMDb. 2014年3月26日閲覧。
  36. ^ ‘Agent Carter’: Stan Lee Sets Cameo”. Variety (2015年1月12日). 2018年8月20日閲覧。


「スタン・リー」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スタンリー」の関連用語

スタンリーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スタンリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2020 電気史偉人典 All rights reserved
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスタンリー (改訂履歴)、スタン・リー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS