ギネス世界記録とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ギネス世界記録の意味・解説 

ギネス世界記録

読み方:ぎねすせかいきろく

ギネス・ワールド・レコード社が刊行している、世界中から集め世界一記録収集した本。以前は「ギネスブック」と呼ばれていた。

ギネス世界記録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/30 00:43 UTC 版)

ギネス世界記録(ギネスせかいきろく、: Guinness World Records)は、「世界一」を収集する書籍であり、世界一の記録を「ガイドライン」と呼ばれる基準に従い認定し続ける組織でもある。


  1. ^ http://www.guinnessworldrecords.com/corporate/about_us_5.aspx
  2. ^ http://www.guinnessworldrecords.com/corporate/contact_us.aspx
  3. ^ 日本版『ギネスブック 79年度版』429頁。
  4. ^ 1988年・日本版(講談社)より
  5. ^ 日本版『ギネス世界記録2015』173頁。
  6. ^ a b 探偵!ナイトスクープ 年忘れファン感謝祭2016 - gooテレビ番組(関西版),2016年12月31日
  7. ^ 先述の『探偵!ナイトスクープ 年忘れファン感謝祭2016』では、日本人女性が公式認定員として登場した。
  8. ^ Knight, Sam (2009年4月10日). “Is a high IQ a burden as much as a blessing?”. Financial Times (Financial Times Ltd). http://www.ft.com/intl/cms/s/0/4add9230-23d5-11de-996a-00144feabdc0.html#axzz2h4SGOygh 2018年3月1日閲覧。 
  9. ^ 1988年・日本版(講談社)の「日本版編集部より」(序章相当)の注意書きによると、講談社発行の時代でも、日本では余りなじみがないマイナースポーツについては日本版への収録を省略しているものがあった
  10. ^ “ギネス世界記録の資料展示/東京タワーに新名所”. 四国新聞社. (2005年8月3日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/life_topic/20050803000184 2012年8月31日閲覧。 
  11. ^ “ギネス記録博物館名誉館長に故石ノ森章太郎氏が就任”. 東京ウォーカー. (2008年10月4日). http://news.walkerplus.com/2008/1004/3/ 2012年8月31日閲覧。 
  12. ^ ※大切なお知らせです※”. ギネス世界記録博物館オフィシャルブログ (2010年8月31日). 2012年8月31日閲覧。
  13. ^ “漫画「あさりちゃん」がギネス記録に認定”. NHK. (2014年9月10日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140910/k10014500641000.html 2014年9月11日閲覧。 
  14. ^ NHK広報局 2010年11月18日19:00のツイート 2014年9月12日閲覧。


「ギネス世界記録」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ギネス世界記録」の関連用語

ギネス世界記録のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ギネス世界記録のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのギネス世界記録 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS