クレジットとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > クレジット > クレジットの意味・解説 

クレジット【credit】

信用の意》

国際金融で、短期または中期借款

信用貸しによる販売または金融信販月販消費者金融など。→販売信用

新聞書物写真などに明記する著作権者原作者などの名前。

クレジットタイトル」の略。

地球温暖化対策取り組みで、政府間や企業間で取引される、温室効果ガス排出権カーボンクレジット炭素クレジット。「オフセットクレジット」


クレジット 【credit】


クレジット

くれじっと - タクシー料金

クレジット会社利用者アンケート調査では、カードタクシー代の支払いをしたいというのが常に一位占めていました。
そこで競争激し関西で、オフラインタイプのシステム開発され、利用可能になりました。しかし、この方式は無効カードチェック問題があり、不正使用続出してカード会社から断られてしまいました。

そこで登場したのが オンラインタイプ です。 
無効カードチェックパケット通信行なう為、特に偽造カード多発地域においては信頼性が高く、決済時間スピーディです。

クレジット

(1)クレジット装置の略。また、そこに貯められたコイン
(2)タイアップ機における、著作権者などを表記したもの

〜おち
【クレジット落ち
パチスロ俗語で「クレジットからコイン落ちてくる」の意。クレジットがほぼ満タン状態で小役が揃うケースビッグ終了後にオートリセットがかからずにコイン払い出されるケースがある。前者3号機リノ(もちろん裏モノヤツ)を言い表す際に「ビッグ終了後のクレジット落ち連チャン」と使われ、後者高設定確定イベントなどにおいて現在もよく使用される。なお、後者限りクレジットオフ(省略してクレオフ)とも言われる

〜そうち
【クレジット装置
パチスロで、コイン内部的に貯めておく装置。クレジット0の状態からコインを5投入すれば、3枚がけとなりつつクレジットに2貯まる。役が揃って払い出しがあった際も、基本的に自動的にクレジットに貯まる最大50まで)。2号機から認められた装置であり、4号機になってもクレジットに関する規定は変わっていない

クレジット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/19 06:07 UTC 版)

クレジット(Credit)とは、ラテン語の「貸し付け」の意味。




「クレジット」の続きの解説一覧

クレジット

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 21:02 UTC 版)

語源

英語 credit音写

名詞

クレジット

  1. 借款
  2. 信用取引
  3. 信用販売
  4. 新聞雑誌などの著作者表示
  5. 映画などの製作者出演者協力者などのリスト

発音

く↗れ↘じっと

関連語




クレジットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「クレジット」に関係したコラム

  • CFDの口座開設時における契約内容は

    CFDの口座を開設する時には、CFD業者の提示する契約書に同意しなければなりません。契約書には、銀行に口座を作る時や商品を分割で支払う際のクレジット契約の時などと同様に細かく取引時のルールが明記されて...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クレジット」の関連用語

クレジットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クレジットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2021 Japan Video Software Association
タクシーサイトタクシーサイト
Copyright(c) 2000-2021 taxisite Inc. All Rights Reserved.
タクシー業界用語辞典
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクレジット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのクレジット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS