クレジットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > クレジット > クレジットの意味・解説 

credit

別表記:クレジット

「credit」とは、信用名声・名誉のことを意味する英語表現である。

「credit」とは・「credit」の意味の意味を詳しく解説

「credit」は、主に称讃承認、名誉という意味用いられるが、多義語あるため使うシーンにおいて意味が異なる。真実とは思えないことを信用することや、功績など帰すること、後で商品サービス代金を支払う掛け売りのことも「credit」と表現する。「credit」は名詞動詞として用いられている。「credit」は他動詞あるため動詞として用い場合目的語一緒に使わなければならない

「credit」の発音・読み方

「credit」はカタカナ語では「クレジット」と表記されるが、発音記号イギリス英語でもアメリカ英語でも「krédit」であり、カタカナ表記にすると「クレェディット」となる。

「credit」の複数形

「credit」の複数形は「credits」である。

「credit」の活用変化一覧

現在形:credit
過去形:credited
過去分詞:credited
現在分詞:crediting

「credit」の語源・由来

「credit」の語源は、信用するという意味ラテン語の「credo」である。ラテン語credo」が、信用して貸したという意味ラテン語「creditus」に変化し貸付金という意味ラテン語「creditum」に変化した後、「credit」になった

「credit」の対義語

・dishonor:不名誉不面目屈辱
He is afraid that his confession will bring dishonor on the family.(彼は自分の告白家族不名誉もたらすことを恐れている。)
The bank dishonored my check.(銀行私の小切手不渡りにした。)

defect欠点欠陥弱点
They examine their products for defects.(彼らは製品欠陥がないか調べる。)
Vanity and pride were his two worst character defects.(虚栄心プライドは、彼の性格の欠点最悪の2つであった。)

・disgrace:不名誉不面目恥辱
He felt he had disgraced himself by failing at school.(彼は学校で失敗して恥をかいたと感じた。)
Many feel that the mayor has brought disgrace upon the town.(多くの人は、市長が町不名誉もたらした感じている。)

「credit」を含む熟語・言い回し

「extra credit」とは


extra credit」とは、学校の成績加算されるボーナスポイントのことである。課題行ったりイベント出席したりすることで得ることができるポイントで、強制ではなく任意で獲得するものである

「give credit」とは


give credit」とは、信用貸しのことである。

「take credit」とは


take credit」とは、称讃または特別な注意値する何かをしたと人々信じさせることである。主に、人が行った素晴らしい行為を、自分の手柄だと信じさせる場合用いられる表現である。

「credit」を含む様々な用語の解説

「credit score」とは


credit score」とは、財政面信用度という意味である。通常300850までの3桁の数字で、信用リスクのほか、予定どおりに請求書支払えるかがわかるように設計されている。新しアカウント承認するかどうか決定する際には、クレジットスコア1つ要素してみなされる。

「credit card」とは


credit card」とは、クレジットカード意味する銀行または金融サービス会社発行する薄い長方形のプラスチックまたは金属片で、カード所有者は、カード加盟店商品サービス支払い使用する資金借りることができる。カード所有者借りたお金に加えて適用される利息、および合意され追加料金を、請求日までに全額または時間をかけて返済することを条件としている。

「Credit Suisse」とは


Credit Suisse」とは、スイス本社を置く金融コングロマリットである。日本においては法人向けインベストメント・バンキングのほか、富裕層向けのプライベートバンキングなどのサービス行っている

「credit note」とは


「credit note」とは、貸し方票のことを指す。請求書間違い破損した商品、または購入キャンセル発生した場合に、支払必要がある金額を示すために企業発行する財務文書である。「credit note」を発行する際には、売り手買い手にいくらかの金額返さなければならない契約条件に応じて返金される金額異なる。

「credit」の使い方・例文

・You need to have a strong credit history and a good job in order to get a mortgage.(住宅ローン借りるには、信用履歴しっかりしていて、良い仕事をしている必要がある。)
She's finally getting the credit she deserves.(彼女はついに彼女に値する称賛を手に入れた。)
・They credited the rescue to his quick thinking.(彼らは、彼の素早思考のおかげで救出されたと信じている。)2314

クレジット【credit】


クレジット

(1)クレジット装置の略。また、そこに貯められたコイン
(2)タイアップ機における、著作権者などを表記したもの

〜おち
【クレジット落ち
パチスロ俗語で「クレジットからコイン落ちてくる」の意。クレジットがほぼ満タン態で小役が揃うケースビッグ終了後オートリセットかからずコイン払い出されるケースがある。前者3号機リノ(もちろん裏モノヤツ)を言い表す際にビッグ終了後のクレジット落ち連チャン」と使われ後者高設定確定イベントなどにおいて現在もよく使用される。なお、後者限りクレジットオフ省略してクレオフ)とも言われる

〜そうち
【クレジット装置
パチスロで、コイン内部的に貯めておく装置。クレジット0の状態からコインを5投入すれば3枚がけとなりつつクレジットに2枚貯まる。役が揃って払い出しがあった際も、基本的に自動的にクレジットに貯まる最大50まで)。2号機から認められた装置であり、4号機になってもクレジットに関する規定は変わっていない

クレジット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/19 06:07 UTC 版)

クレジット(Credit)とは、ラテン語の「貸し付け」の意味。




「クレジット」の続きの解説一覧

クレジット(Staff Credits)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 00:40 UTC 版)

ソニックマニア」の記事における「クレジット(Staff Credits)」の解説

スタッフクレジット観ることができる。

※この「クレジット(Staff Credits)」の解説は、「ソニックマニア」の解説の一部です。
「クレジット(Staff Credits)」を含む「ソニックマニア」の記事については、「ソニックマニア」の概要を参照ください。


クレジット(ビートルズ版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 03:15 UTC 版)

恋を抱きしめよう」の記事における「クレジット(ビートルズ版)」の解説

以下、音楽学者のウォルター・エヴェレット(英語版)の著書The Beatles as Musicians: The Quarry Men through Rubber Soul』に掲載されている本作のクレジット。 ポール・マッカートニー - ダブルトラックリード・ボーカルベース ジョン・レノン - ハーモニー・ボーカル、アコースティック・ギターハーモニウム ジョージ・ハリスン - タンバリン リンゴ・スター - ドラム 音楽評論家イアン・マクドナルド英語版)は、ハリスンタンバリン演奏したとする資料複数見られるが、スター演奏した可能性が高いという考え示しているエヴェレットは、ベーシック・トラック音像をもとにタンバリン演奏者ハリスンとしている。ゲドンとマーゴティンもタンバリン演奏者としてハリスン挙げている。

※この「クレジット(ビートルズ版)」の解説は、「恋を抱きしめよう」の解説の一部です。
「クレジット(ビートルズ版)」を含む「恋を抱きしめよう」の記事については、「恋を抱きしめよう」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「クレジット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

クレジット

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:32 UTC 版)

語源

英語 credit音写

名詞

クレジット

  1. 借款
  2. 信用取引
  3. 信用販売
  4. 新聞雑誌などの著作者表示
  5. 映画などの製作者出演者協力者などのリスト

発音(?)

く↗れ↘じっと

関連語


「クレジット」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



クレジットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「クレジット」に関係したコラム

  • CFDの口座開設時における契約内容は

    CFDの口座を開設する時には、CFD業者の提示する契約書に同意しなければなりません。契約書には、銀行に口座を作る時や商品を分割で支払う際のクレジット契約の時などと同様に細かく取引時のルールが明記されて...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クレジット」の関連用語

クレジットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クレジットのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2023 Japan Video Software Association
タクシーサイトタクシーサイト
Copyright(c) 2000-2023 taxisite Inc. All Rights Reserved.
タクシー業界用語辞典
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクレジット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのソニックマニア (改訂履歴)、恋を抱きしめよう (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのクレジット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS